明治維新の遺産 (講談社学術文庫)

  • 講談社
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062921862

作品紹介・あらすじ

幕末、明治、昭和、そして……。近代以降の日本の歴史はひとつの対立軸を中心にかたちづくられてきた。本書は徳川官僚制とそのイデオロギー的基盤から説き起こし、明治維新、昭和維新、そして敗戦後まで「官僚的合理主義」と「維新主義」の相剋として描き出す。現れては消える〈維新〉はわれわれに何をもたらすのか? 歴史解釈は未来を見据える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 徳川時代から続く官僚制を日本独特の政治体制であるとの論点で幕末、明治維新、昭和維新を考察している。

    以下引用~
    ・(徳川の時代)土地か武士身分かの選択をつきつけられた武士はその大部分が官僚としての地位と都市生活を選んだ。
    ・中国は分権的な支配から中央集権的帝国体制へと発展したが、日本はその逆に、中央集権的な政府から分権的な支配へという道を進んできたのであり、徳川幕府はその頂点を画すものである。
    ・明治維新直後の政治的結着は、強力な国家の建設についての相異なる方法を強く確信する集団間の抗争から生じた、強度の緊張と混乱によって特徴づけられている。しかしその歴史は、徳川末期の「維新主義」自身のなかで培われてきた現実主義的思想と行動の勝利を明白に指し示している。大久保利通、木戸孝允、伊藤博文、山県有朋らが、この寡頭制確立の中心的指導者である。
    彼らにとって明治維新とは、官僚的手段によって、強力で豊かで自律的国家日本を創出せよという至上命令にほかならなかったのである。
    (⇔西郷に代表される理想主義的価値観)

  • 官僚組織を縦糸に、非官僚の思想を横糸に
    近世から近代を通読していく。
    あまりない議論だと思う。どうしてだろう。

    たとえば、
    官僚組織は現実的な思想を持っている
    非官僚は創造的な思想を持っている
    という類型を立てることができるとする。
    これは官僚は改革に抵抗するというレッテルであり
    非官僚は現状打破の勢力であるといレッテルから派生する。

    では、日本を破滅的な大戦へと向かわせたのは官僚か非官僚か
    と問われたときに不思議な感覚になる。
    どちらかというと、現実的だと言われる官僚組織が道筋を付けた
    ように見える。
    国家社会主義や国家総動員体制を研究する革新官僚がいる。
    非官僚的な皇道派を粛清している、陸軍の官僚派閥たる統制派がいる。
    そして官僚組織は現実的にも関わらず、なぜ敗戦に至らしめたのか。
    ここでつまずく。

    敗戦までの道のりは狂気の過ちであり、
    現実主義には当時の開戦も敗戦もありえなかったという考えを抱くとき
    官僚制度VS非官僚の構図から上手に近代を説明し得ない。
    もしかしたら
    合理性が戦争を生んだ可能性を考える必要があるのかもしれない。
    もしくは帰納的に当初のレッテルが間違っているのだろうか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1936年、ハワイ生まれ。ハーバード大学大学院でPh.D取得。シカゴ大学歴史学部教授を経て、シカゴ大学座名誉教授。
【主著】
Hara Kei in the Politics of Compromise, 1905-1915, (Harvard University Press, 1967); 佐藤誠三郎監修・安田志郎訳『原敬――政治技術の巨匠』(読売新聞社 1974)。
Visions of Virtue in Tokugawa Japan: the Kaitokudo Merchant Academy of Osaka, (University of Chicago Press, 1987); 子安宣邦訳『懐徳堂――18世紀日本の「徳」の諸相』(岩波書店 1992)、平野克弥他編訳『Doing思想史』(みすず書房 2008)。
Ordinary Economies in Japan: a Historical Perspective, 1750-1950, (University of California Press, 2009).

「2013年 『明治維新の遺産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

テツオ・ナジタの作品

ツイートする
×