イザベラ・バードの旅 『日本奥地紀行』を読む (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.97
  • (8)
  • (15)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 132
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062922265

作品紹介・あらすじ

日本観光文化研究所所長時代に毎月行われた講義のうち、昭和51年9月から52年3月まで全7回の『日本奥地紀行』の講義録。講義は幕末・明治期の紀行文を通して民衆社会や世相史を読むというもの。一英国人女性旅行家が目をとめた不思議な国「日本」の事象をきっかけに、その資料的価値、バードの視点の出色さを指摘するにとどまらず、著者自身の比類ない観察眼と聞き取り調査に裏打ちされた該博な見識も、圧倒的説得力を持って縦横無尽に紡ぎ出され、宮本民俗学の入門書ともなっている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バードさんの旅の記録を、日本の民俗学者さんの視点で。
    なかなか興味深い内容。
    講演の記述のらしく、お話を聴いている感じでとても読みやすかった。
    『日本奥地紀行』を「はーん、ほーん、ふーん」(鼻ほじほじ)で読み流してしまった(失礼な)私には、とてもよい解説書だったと思う。

  • イザベラバードも歩いたが、宮本常一も歩いた。
    日本人の衛生観念は、割りと最近になって発達したことがよくわかる。

  • まだ「江戸」が生きる東北・北海道へのイザベラ・バードの旅である『日本奥地紀行』を解説する本だった。バードの著した部分は必要最小限に引用され、本著者である宮本博士の民俗学的な所見が講義録に良くまとめられている。関西地方の旅先で本書のほとんどを読めたことは、当時と現代の交通を比較する面白さを味わわせてくれた。旅先の大型書店で『日本奥地紀行』を入手できたというオマケ付き!

  • 本書は、宮本常一が所長をつとめた日本観光文化研究所で行った、イザベラ・バード著『日本奥地紀行』講読の講義録をもとに編まれた。明治期のイギリス人女性旅行家の目で見たなにげない記述の中から当時の人々の暮らしや慣習のありようを読み取り、関連する、自身のフィールドワークから得た膨大な知見を、圧倒的説得力を持って紡ぎ出してゆく。

  • イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を、民俗学者の宮本常一氏が解説する作品。宮本氏が実際に行った講読会が、この作品のベースとなっている。

    本作を読む前は、イザベラ・バードと宮本常一と聞いて、チョット意外な組み合わせだなと思ってしまった。でも、何の先入観も偏見も無い外国人が描いた、開国直後の素の日本という背景を考えれば、実は民俗学的要素が満載なのである。

    昔の日本にはノミがたくさんいて、ノミによる寝不足解消を祈願したのが、ねぶた祭りの起源であった事。そして日本の警察官は元々士族階級だったため、一般の人々に対する態度がデカい事などなど、バードの描写に対する宮本氏の説明がとても面白い。

    バードの旅の途中によく登場する、好奇心旺盛でデリカシーの無い日本人の態度が印象に残っていたが、実はこの好奇心の強さこそが維新後の日本発展の一因であった、という考察には妙に納得してしまった。

  • 宮本常一がイザベラ・バードの「日本奥地紀行」を解説している。
    「日本奥地紀行」は明治11年にイザベラが横浜~北海道を旅した話であり、宮本が全国を調査した経験を元に、イザベラが話す明治の地方の暮らしを補足していくスタイルとなっている。

    ●彼らはめったに着物を洗濯することはなく・・・夜となく昼となく同じものをいつも着ている。(奥地紀行)
    一年に一枚くらいの割合で着破ったと考えられるのです・・・着物一人分の一反を織るのにだいたい一ヶ月かかるとみなければならない・・・働いている上にそれだけのことをしなければならないのです。(宮本)
    ●日本人に病気が多い・・・その大部分の病気は、着物と身体を清潔にしていたら発生しなかったであろう・・・(奥地紀行)
    日本人はきれい好きである、風呂好きであると言いますが・・・村へ入ってみると風呂のないところが非常に多かったのです・・・戦前はすごく垢を溜めた子が多かったし、特に洟をたらし、それを袖で拭くものですから袖口のぴかぴか光った服を着ている子が多かったのです。(宮本)
    ●昔アイヌ人は弓矢・槍・ナイフで戦ったが、彼らの英雄神である義経が戦争を永久に禁止したので、それ以来は両刃の槍は熊狩りに使われるだけになった・・・(奥地紀行)
    「義経記」がアイヌの世界に入っていって、ここでユーカラと同じように語り継がれたのです。源義経は北海道へ行きアイヌの世界に入り、そこで英雄として祀られた。
    アイヌはかつて北海道で一つの統一体をなしていたことがあった。北方民族と戦って、その時の様子をうたったのがユーカラなのだ。少数民族の場合、琉球王国は形成され、アイヌは国家的要素をかえって解体させていった。(宮本)

  • 次に、イザベラ・バードの旅 『日本奥地紀行』を読もう。

  • 宮本常一『イザベラ・バードの旅』講談社学術文庫、読了。本書は副題「『日本奥地紀行』を読む」の通り碩学の手による購読講義録。英国人女性旅行者の眼差しの記録の中から、当時の人々の暮らしの有り様を読みとり、自身の膨大な知見とすり会わせていく。伝統は明治に創造というが襞に分け入る好著。

    解説(「差別とは何か、という問い」)は赤坂憲雄さん。バードも差別感覚とは無縁ではない。しかしその文明的記述は素直すぎる。より問題なのは、日本人社会内における(特にアイヌに対して。同行通訳者の伊藤は「犬」と呼ぶ)構造の方が錯綜している。

    バードの本文に寄り添いながら、現代の日本、そして近代化以前の日本を対比する宮本の視線は、日本という世界の貧しさ、そして多様さ、そして庶民の知恵を浮き上がらせる。昔は良くもあり悪い。江戸しぐさ的イデオロギー的歪曲の懐古趣味を退ける一冊。

  • 解説はちょっと不満。

  • 宮本の講演から起こされた本なので、とても読みやすいが、「日本奥地紀行」そのものを読むのと内容は変わらない。ただ、宮本が日本奥地紀行の「どこに着目したか」がわかる。
    バードが訪れた東北の盆地、港町、山中の集落の風俗で、特に当時の日本人の衣服、居住まい、大人しいさま、臭い、蚤の多さ、通訳である伊藤の蕃なとことと責任感、車夫、馬子、子供をいつくしむ様子、リベートの習慣など。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

民俗学者

「2019年 『宮本常一 伝書鳩のように』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イザベラ・バードの旅 『日本奥地紀行』を読む (講談社学術文庫)のその他の作品

宮本常一の作品

イザベラ・バードの旅 『日本奥地紀行』を読む (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする