経済学再入門 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062922302

作品紹介・あらすじ

本書は、経済思想史を俯瞰したうえで、経済学でよく使われるキーワード(「市場」「競争」「均衡」「独占」「失業」「制度」「希少性」など)を再検討します。すると、経済学タームはかなりの多義性をもっていることが判明します。
経済学の現在から距離をとって、歴史的視野を持つことによって、さまざまな問題が存在したし、依然として存在することが見えてきます。
そういったなかで、最近過小評価されていると思われる「ケインズ革命」の意義や、市場至上主義を掲げるシカゴ学派の祖フランク・ナイトは、単純な市場主義者ではなかったりしたことに光をあて、経済思想の歴史を大きく振り返ります。
経済学の分野でも「多様性」は絶滅に瀕していますが、複雑な現実は、多様な思想なくしては理解できません。
経済学を学ぶ意義を改めて問い直します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容が希薄。これまで根井先生が書いたものとほとんど同じです。根井先生の著作ならこれよりも断然経済学の歴史をお勧めします。

  • 2008年 中央公論社の単行本で出版された「経済学とは何か」の講談社学術文庫版。以前に前著を読んでいたが、同じ内容だった。

    以下は、中央公論社の自分の感想の転記です。

    経済思想史の著作が多い根井氏の著作。

    内容は、4章に分かれているが経済史の流れの中で、振り子のように行っては戻るような歴史の流れを概観しながら、学説の本質的な違いや派閥的な動きを繰り返多様な経済学史の一面を感じる本だったと思う。

    1.市場メカニズムについて
    2.社会主義崩壊の衝撃
    3.一般理論は革命だったのか
    4.ケイジアンの分裂の帰結
    とあとがきの中で、経済学派を相違点を比較することも大切だろうが、大きな営みの中での類似点を見出すことも大切な気がした。

    時間が経ってから再読したい本である。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九六二年宮崎県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)。現在、京都大学大学院経済学研究科教授。著書に『経済学の歴史』『シュンペーター』(講談社学術文庫)、『経済学はこう考える』(ちくまプリマー新書)、『経済学とは何か』(中央公論新社)、『物語 現代経済学』『市場主義のたそがれ』(中公新書)、『ケインズを読み直す:入門 現代経済思想』(白水社)、『アダム・スミスの影』(日本経済評論社)など多数。

「2018年 『サムエルソン 「経済学」と新古典派総合』 で使われていた紹介文から引用しています。」

経済学再入門 (講談社学術文庫)のその他の作品

根井雅弘の作品

ツイートする