グノーシスの神話 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :84
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062922326

作品紹介・あらすじ

1世紀から3世紀ころの地中海世界に誕生し、「古代キリスト教最大の異端思想」ともいわれる「グノーシス主義」が生み出した神話の主要なものを編成・紹介する。
グノーシス主義は、古代末期から近代にいたるまで、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教といった世界宗教や、神学、哲学、神秘主義思想、科学史といった領域において、「裏の文化」として連綿と影響を及ぼし続けた。また、近現代の世界文学、深層心理学、現代哲学や表象文化のなかにも、その影響は見て取ることができる。
にもかかわらず、日本では、グノーシス主義が生み出した本文そのものをまとまった形で紹介した書物は少ない。本書は、1945年にエジプトで発見されて宗教界にセンセーションを起こしたグノーシス主義の基本文献「ナグ・ハマディ文書」のエッセンスとともに、その影響の強いマンダ教、マニ教の教典の主要な断章を抜粋し、人間と世界の起源と運命を解き明かそうとする神話的思考の全貌に迫る。
1999年および2011年に岩波書店より刊行された同名書籍の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グノーシスといわれる一連の宗教(主義)を、手に入る数少ない文献を断章の形で並べて、底に共通しているもの(神話)を提示しようという意欲的な著作です。それぞれの断章はやはり難解なところも多く、解説も手を貸していただけているのですが、読みこなすのは大変でした。それでも全体としてのグノーシス主義とは何なのかを読みながら、頭でなく体に覚えさせることが出来ました。それが分かったのは最後の章になって、現代にグノーシスの考え方が残っていること、ただグノーシスらしい考え方ですがそれとは対極にあった考えであること、それをグノーシス(認識)し、本来の場所に導くこと、これらを読んだときでした。この最後を肌感覚で分かるために、グノーシスの感覚を本書の大半を通して読む価値はあったと思います。

  • グノーシス主義の考え方を自分のなかで噛み砕くための資料。

  • 単行本で読んだけれど、文庫になっていたのでつい購入。

  • ナグ・ハマディ文書やマンダ教、マニ教などの文献の断章を比較しグノーシス主義を紹介する、というもの。
    断章のあつまりで全貌が良くわからない・・・てか神だとか擬人化された単語とか色々出てきて何が何だか・・・
    しかし頑張って読み終えるとグノーシスの考え方に触れることができたことによって若干視野が開けた感じがする。

全5件中 1 - 5件を表示

グノーシスの神話 (講談社学術文庫)のその他の作品

大貫隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エティエンヌ・ド...
J.L. ボルヘ...
ジェイムズ・P・...
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

グノーシスの神話 (講談社学術文庫)はこんな本です

グノーシスの神話 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする