東北学/もうひとつの東北 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062922685

作品紹介・あらすじ

「東北学」―東北から「もうひとつの日本」へ歴史的景観を開く―を提唱する著者が、初期、その試みを世に問うた作。柳田国男の「一国民俗学」思想の可能性と限界を問い、柳田がその枠組の北辺とした東北を、南/北の方位に向けての多数性を豊かに孕んだ最前線(フロンテイア)と位置付ける。ブナの森に抱かれ狩猟・採集・焼畑などの畑作が四季を通じて複合的・総合的に営まれる山の暮らしを、数年に及ぶ聞き書きに拠って掬い上げ、縄文以来、東北に堆積してきた稲作以前の種族=文化の重層的なありようを「腑分け」。をめぐる知の見取り図を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  東北の村々を歩いて見えたもう一つの東北。

     民俗学の巨星、柳田国男は稲作文化の一つの日本をイメージした。しかし、実際の日本はそうでなはく、東北などは稲作以外の作物を中心とした文化があった。
     筆者は昭和中期に村々の老人から話を聞き、その姿をまとめていく。高度経済成長でそういった姿はその頃にはなくなっていた。再発見するということはそれがなくなって見えなくなるからできることなのだ。
     この本で書かれている”もう一つの東北”の姿は単なる過去の記録ではなく、現在の東北の地方が市町村、集落を潰さず継続させていくヒントが多く隠されているように思えた。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1953年、東京生まれ。専攻は民俗学・日本文化論。学習院大学教授。福島県立博物館館長。東京大学文学部卒業。2007年『岡本太郎の見た日本』(岩波書店)でドゥマゴ文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞。
『異人論序説』『排除の現象学』(ちくま学芸文庫)、『境界の発生』『東北学/忘れられた東北』『東北学/もうひとつの東北』(いずれも講談社学術文庫)、『北のはやり歌』(筑摩選書)、『岡本太郎という思想』(講談社文庫)、『ゴジラとナウシカ』(イースト・プレス)、『司馬遼太郎 東北をゆく』(人文書院)、『性食考』(岩波書店)など著書多数。

東北学/もうひとつの東北 (講談社学術文庫)のその他の作品

赤坂憲雄の作品

ツイートする