民主主義の源流 古代アテネの実験 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
4.88
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062923453

作品紹介・あらすじ

現在の「民主主義」の源流の一つが、古代ギリシア、なかでもアテネの民主政に求められることは、だれしも否定できないだろう。支配者と被支配者の区別を消滅させるほどに徹底した民主政治のしくみを、2500年も以前のギリシア人はどのように創り上げたのか。そして、200年近くもの間、市民たちはどんな思いでそれを担い、守っていこうとしたのか。
ペルシア戦争の英雄でありながら、被告人として民会に引きずり出され、苛酷な罰を受けて悲惨な最期を迎えた将軍、ミルティアデス。アテネ民主政の最大の指導者、ペリクレスの計数能力と家政術と公共事業。ソクラテス、プラトンの民衆裁判への敵意と侮蔑……。民会・評議会・弾劾裁判・陶片追放など、「参加と責任のシステム」のしくみを詳細に検討しながら、試行錯誤を重ねてきた人々の歩みをたどり、時に無邪気に理想視され、あるいは衆愚政として否定されるアテネ民主政の実態を平易に描く。
ペリクレスが理想とした民主政とは、たんなる国家制度ではなく、ひとつの生活様式だった。そこではどの市民も民主政への参加を期待され、政治生活に参加しない者は無能な市民と見なされたという。「民主主義」とは何か、「政治」にいかに参加するかが問われる現在、その源流へさかのぼって考える恰好の書。
朝日新聞「論壇時評」(2015年6月25日付)で取り上げた高橋源一郎氏が推薦。
[原本:「丘のうえの民主政」1997年、東京大学出版会刊]

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 古代アテネの直接民主制について、方法・規則・運用について、歴史書を引用しながら解説・考察した本。世界史の教科書の解釈「衆愚政治によりペロポネソス戦争で敗退したことでアテネ民主制は滅びた」とは異なる解釈をしている。

  • 第1章 マラトンの英雄とその死
    第2章 指導者の栄光と苦悩
    第3章 参加と責任のシステム
    第4章 迷走するアテネ
    第5章 民主政の再生
    第6章 たそがれ

    著者:橋場弦(1961-、西洋史学者)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1961年、札幌市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院人文科学研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授。主な著書に『アテナイ公職者弾劾制度の研究』『賄賂とアテナイ民主政』『西洋古代史研究入門』(共著)ほかがある。

「2016年 『民主主義の源流 古代アテネの実験』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋場弦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オルテガ・イ ガ...
マルクスアウレー...
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

民主主義の源流 古代アテネの実験 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×