興亡の世界史 ロシア・ロマノフ王朝の大地 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
4.07
  • (5)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 105
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062923866

作品紹介・あらすじ

講談社創業100周年記念企画として刊行された全集「興亡の世界史」の学術文庫版。大好評につき第2期スタート!
「ロシア」は初めから現在のような「大国」だったわけではない。しかし、チェチェン紛争をはじめとする民族問題や、シベリアの資源開発など、現在のロシアが抱える問題の多くは、帝政ロシア時代にすでに始まっていた。本書は、ロマノフ王朝の300年を中心に、その継承国家であるソ連邦の74年間をも通観する、広大無辺を誇る多民族国家の通史である。
大改革を強行したピョートル大帝、女帝エカテリーナ2世と寵臣ポチョムキン、ナポレオンを敗走させたアレクサンドル1世、革命の中で銃殺されたニコライ2世一家……。「よきツァーリ」「強いツァーリ」たらんと奮闘を続けたロマノフ家の群像と、暗殺・謀略に満ちた権力のドラマ。
また、騎馬遊牧民との長い敵対、シベリア・中央アジアへの移住と植民。こうしたロシア特有の地理的条件は、歴史に何をおよぼしたのか。そして「第三のローマ」モスクワを中心に社会に根をおろし、ソヴィエト崩壊後に復活をした「キリスト教」は? ヨーロッパとアジアの間に生きた民衆と社会を、社会史の観点から描いて高評を得た、新しい「ロシア史」を試み。
原本:『興亡の世界史 第14巻 ロシア・ロマノフ王朝の大地』講談社 2007年刊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 先日ほかの本で、ロシアの歴史がウクライナから始まったことに驚きました。
    この本でさらに驚いたのは、ウクライナも、イギリス、フランスのノルマンディー公国、シチリア王国と同様
    ノルマン人の移動から始まった、ということです。
    人数が多くはなかったので、スラヴ人との通婚により同化していったということですが。

    上に書いたように、この本は、ロマノフ王朝だけでなく、その前後も一章ずつ書かれているので、ロシア通史といっていいと思います。
    ロシアがいろいろ大変だったのは、広すぎたということが大きい理由でしょうね。
    ピョートル大帝の時代からの200年間で、ロシアの領土は平均すると一日400k?の割合で増加しました。
    6日で東京の広さ増加したということです!

    日本みたいに狭かったらその中でなんとかしようと思うけど、
    広いものだから逃亡農民とか出てきてしまうわけです。
    だからずーっと農業の問題をかかえ続けているのですね。

    そして、いろいろまとまらないのです。
    日露戦争で苦戦しているとき、プレハーノフ(ロシア最初のマルクス主義者と公認されている)は
    「日本は圧迫された諸民族に代わって復讐しているのだ」と演説しました。
    しかも日露戦争の理由の一つが
    「治安を回復するために残された最後の手段が、極東での戦争であった」とのこと。

    けっきょくロシア革命のあとのソ連も大変な国だったということがわかっていますが、
    今のロシアはどうなんでしょう?

  • ・ロシアとモンゴルの深いつながりが理解できた。
    ・広大な土地という地理的条件が歴史を作ってきたのだと感じた。日本の歴史とは全く違う足取りに驚いた。
    ・人口が何度も激減するさまが凄まじかった。
    ・ツァーリという専制的な君主が統治し、彼らによってロシアの命運が左右されていたのが面白い。日本の歴史にはそのような圧倒的な権力が存在しなかったのではないか。
    ・ロシアが多民族国家であるという認識が深まった。

    【全体的な感想】
    歴代の専制君主の人物像や思想へも記述が豊富で、統治者の視点で(当事者意識を持って)歴史を見ることができる優れた本だと感じました。

  • 新しく知ったこと
    ・シベリア移民には陸路の他に、オデッサ→スエズ→極東の海洋ルートがあった。(281ページ)
    シベリアにウクライナ系が多い理由の一つではあると思う。
    ・ゴスプランにはゼムストヴォの統計官がシフト。(324ページ)
    地方の司祭層から統計局や歴史家になる例が多かった。(227ページ)
    ということは、ゴスプランで計画経済作っていたのは元々は司祭とか地方の読み書きできた広義のインテリだったのか。

  • [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    ロシアのロマノフ王朝の誕生から滅亡までを解説した一冊
    誕生前と滅亡後の時代も解説されているため、非常にわかり易い内容となっていた。ロシアがツァーリの元で中央集権的でることを望まれるのは、やはり環境が厳しくリーダシップが求められるからだろうか。
    また、この本を読むとロシアも立憲君主国となる道もあったように思うが近代までツァーリが権力を持っていたことで、諦めざる負えなくなったという感じだ。
    しかし、現在の東ヨーロッパからアジアまでの広大な地域を領有するロシアはロマノフ王朝によって生まれたと言って良いと思う。

  • 2016-9-25

  • ヨーロッパとアジアの間で、皇帝たちは揺れ続けた。民衆の期待に応えて「よきツァーリ」たらんと奮闘したロマノフ家の群像と、その継承国家・ソ連邦の七四年間を含む、広大無辺を誇る多民族国家の通史。
    ロシア旅行の予習本。タイトル通り、通史とは言いつつもロマノフ王朝にかなり重点が置かれた構成ですが、面白かった!各ツァーリたちの特色や性格が分かって、歴史の流れをざっとつかむにはいい本です。途中長くて心折れそうになりましたが、、。近代史ももっと勉強したいな!観光しながらあの皇帝か~とか色々思い出して楽しめたので良かった。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1947年北海道生まれ。小樽商科大学卒、一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。一橋大学大学院社会学研究科教授を経て、一橋大学名誉教授。社会学博士。専門はロシア社会史、史学史。おもな著書に『ステンカ・ラージン』『ロシア近世農村社会史』『岐路に立つ歴史家たち』『ピョートル大帝とその時代』『よみがえるロマノフ家』『図説帝政ロシア』『西洋史学の先駆者たち』ほか。

「2016年 『興亡の世界史 ロシア・ロマノフ王朝の大地』 で使われていた紹介文から引用しています。」

土肥恒之の作品

興亡の世界史 ロシア・ロマノフ王朝の大地 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×