犬と鬼 知られざる日本の肖像 (講談社学術文庫)

  • 講談社
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062924054

作品紹介・あらすじ

美しい自然、練磨された芸術と文化遺産、高度な技術国、優秀な教育制度……。世界をリードするような新しい文明を築こうとした日本は、なぜか1990年代に失速しました。
バブル崩壊はその引き金でしかありませんでした。明治維新、敗戦を超え、「近代化」を推進してきた日本は、本質的に「近代化」で失敗したのです。
「有能な官僚制度」に誘導された土建国家は、伝統日本を破壊し、ついには金融界までも崩してしまいました。日本の魂が傷つけられたのです。この国が抱える問題は、慢性的・長期的なもので、まさに日本人は「ゆでガエル」状態になっていることを、日本をこよなく愛する著者が怒りと悲しみを込めて警告します。
日本の景観破壊をいち早く告発し、現在のインバウンド旅行者についても発言を続ける著者の渾身の書です。
タイトルの「犬と鬼」は、『韓非子』のエピソードに拠っています。皇帝が宮廷画家に「描きやすいもの、描きにくいものは何か」と問うと、画家は「犬は描きにくく、鬼は描きやすい」と答えます。身近で控えめな犬のようなもの(伝統的な日本の景観)は、正確に捉えるのが難しいが、派手な想像の産物(不要で奇抜なモニュメント)にお金を出すことは易しいということを暗示しています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長年日本に住んできた米国人による、これはなかなか面白い日本社会論である。
    本書のスポットは特に日本の行政(官僚)を中心とした社会・経済・環境破壊の動きに向けられており、ここでは「ビューティフル」と日本文化を褒め讃えるのではなく、ひたすら「異常さ」を追究している。
    明治以降、とりわけ戦後において日本式「官僚制」がすべてをコントロールする強大な権力の中心となってきたことを指摘する。この「官僚制」はマックス・ウェーバーも詳細に議論したように、どこの国にも見られる腐敗・硬直化する構造物なのであるが、とりわけ日本のそれは甚だ強烈で、政治家の力を持ってしても歯止めをかけることは難しい。
    戦後の日本はとにかく建設業を推進するべく、国の財源をひたすらそこにつぎ込んで、「成長」を目指した。それはある程度成功し、経済成長の著しさによって各国を驚かせたが、しかしそこには「病」と呼ぶべき異常な構造があった。そのしわよせは必ずやって来る。そして、バブルが崩壊し、その後も決して立ち直ることなく現在にまで至る。
    日本の官僚については、国民はこれを監視できない。だから選挙によって選ばれた(ということになっている)内閣が行政をコントロールするはずなのだが、長年官僚と癒着してきた自民党に、行政を本当に改革するつもりはさらさらない。この点は完全に制度の不備であり、憲法を改正するというなら、ここだろう。
    行政組織はトップダウンで、いったん方針が上の方のどこかで決められたら、黙って延々とそれをやり続けるのである。その事業自体の善悪も、現実世界における有効無効もまったく判断されない。これがお役所仕事だ。
    しかし、日本人(というか、日本文化によって育成された人間)は、官僚制と極めて親和性が高く、一般の企業ですら官僚制のシステムに従っている。
    日本の労働者は、役人も一般サラリーマンも、ただひたすら沈黙して「組織」に隷従するようしつけられている(そのはじまりは学校教育にある)ため、たとえ組織において明らかな「悪」があっても、それを告発する従業員はほとんどいないのだ。だからかつての三菱自動車の商品の欠陥隠蔽のような、「組織的隠蔽」がはびこるわけだ。
    本書のタイトル「犬と鬼」は、韓非子に載っているエピソードで、皇帝に尋ねられた画家が
    「犬は描くのが難しいが、鬼は想像しながらただ派手に描けば良いので、簡単だ」
    と答えという話に因っている。
    つまり官僚組織がかかげる「大義」は、現実から遊離した「建て前」すなわち虚構にすぎず、その虚構をエネルギーとして国内のすべてをコントロールしようとしているのである。
    意味のないところにもひたすら舗装道路や無用な橋を作り続け、海岸線をすべてコンクリートで固めてテトラポッドを並べ、あらゆる山林を破壊する。つかうわけでもない巨大な建造物を「モニュメント」として各地にうちたてて景観を壊し、そういうくだらない、シュールなまでに無意味な公共事業を繰り返す割には、民衆が本当に必要とすることには全く目もくれない。
    戦後の無意味で無残な環境破壊・文化破壊を本書は大量に列記しており、なかなかに切実である。
    それと、もう一つ重要なのは、官僚システムが多用する「建て前」という嘘による、「情報の隠蔽」である。
    「情報の隠蔽」というと、3.11後、特に安倍自民党によるあくどいやり口が目立っているが、それはもっとずっと昔からの、日本社会の得意技であったようだ。
    官僚たちは作文することによって、黒も白と言ってのける。数値のデータでさえ、かなりのごまかしが混入しているから、一般の国民はまんまとだまされてしまう。
    つまり、アメリカが今ごろになって「ポスト・トゥルース」などと言って騒いでいるのはアホらしい、日本社会にはそもそもトゥルースの時代はなかったのである。いわば、永遠に「プレ・トゥルース」のままなのだ。
    やはり日本社会は幼稚な三流社会であり、近代社会にさえなりきれなかったようだ。
    そんな幼稚な国の幼稚な国民は、最近では「かわいい」という子どもっぽい価値観に席巻されており、本書はこのへんの滑稽な動向も指摘している。
    要するに非常に面白い読み物だった。一読をおすすめする。

  • 『日本の金融界は、暴力団が借金を取り立て、法外な利息が許され、インサイダー取引が横行し、帳簿が改竄され、高齢者が銀行や保険会社にだまされ、官僚に袖の下を渡し、証券界では役人や政治家を特別口座扱いする、何でもありの弱肉強食の無法地帯だ。』

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1952年米国メリーランド生まれ。1964年に初来日し、1966年まで父の仕事の関係で横浜の米軍基地に住む。1974年エール大学日本学部卒業。日本学を専攻、学士号(最優秀)取得。1972~73年まで慶應義塾大学国際センターでロータリー奨学生として日本語研修。1974~77年、英国オックスフォード大学ベイリオル・カレッジでローズ奨学生として中国学を専攻。学士号、修士号を取得。著書に、『美しき日本の残像』(新潮社学芸賞)、『ニッポン景観論』などがある。日本の魅力を広く知らしめる活動を展開中。

「2017年 『犬と鬼 知られざる日本の肖像』 で使われていた紹介文から引用しています。」

犬と鬼 知られざる日本の肖像 (講談社学術文庫)のその他の作品

アレックス・カーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

犬と鬼 知られざる日本の肖像 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする