美都で恋めぐり (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (2)
  • (9)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062930734

作品紹介・あらすじ

彼氏と同じ大学を目指しながらも、受験に失敗し、従叔父(いとこおじ)のいる大阪の大学に入ることとなった友恵。挨拶へ赴くと、従叔父は「黒衣」と呼ばれ、大学教授の「殿下」、女装の大学生「サカイ」と、たこ焼きパーティをしていた。その3人らと大阪ミナミ、京都・東寺の弘法市などを巡った友恵は、美男子で頭脳明晰だが、やけに無愛想なサカイのことが気になっていく……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 理系女子と関西三都という帯を見て読んでみたものの、どちらもストーリー展開に絶対必要とは言い難い表面的な登場のしかたでした。まあ、たまにはこんなのんびりしたラブストーリーもいいか。

  • 大阪、京都、奈良を舞台に、理系の女子大生友恵が 恋に傷つき、また恋をして、悩んで 一生懸命さがいい
    登場人物が個性的だがみなそれぞれ優しさが伝わってくるのがわかる
    大阪の千日前道具屋筋、京都では弘法市、奈良では春日大社のおん祭りとかいろいろな場所が出てくるのも面白い
    サカイの女装の理由が後半なってわかって笑えるし二人の間が微妙に近づいてくるのが胸キュンな感じになった

  • 鬘をかぶっている理由が軽いかなと思うものの、とても可愛らしい恋物語で楽しく読みました。
    京都の風景も色々描かれていて良かったです。

  • 大阪、京都、奈良を舞台にした恋物語。恋の展開は在り来たりだけど微笑ましい。しかし場所の説明が知っていないとわからない感じだったのが残念。

  • 奈良と京都に今度行くので、気分が西に向いてて手に取った1冊。
    かなりライトで一瞬で読み終わってしまいましたが中々好きな感じ。随所で関西の観光名所が出てくるのが良い感じ。ロケ地巡りならぬ作品巡りしたい。

    http://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E9%83%BD%E3%81%A7%E6%81%8B%E3%82%81%E3%81%90%E3%82%8A-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8C%97-%E5%A4%8F%E8%BC%9D/dp/4062930730%3FSubscriptionId%3D0AVSM5SVKRWTFMG7ZR82%26tag%3Dbooklog.jp-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4062930730

  • 久しぶりの王道甘甘恋愛小説だったな。
    レオ先輩や姫先輩から出されるクイズは面白かったな。

  • 2015年5月16日読み終わる

  • 大学受験に失敗して関西の大学に進むことになった理系女子。頼りの親戚は黒ずくめの風変わりな書道家で、弟子はなぜか女装で理系の大学生。一行がめぐる大阪・京都・奈良の小旅行は珍事件が頻発、奥手の理系女子と秘密含みのイケメン理系男子の淡い恋の行方ももどかしい。好評・関西ゆるカワ恋話シリーズ。

全9件中 1 - 9件を表示

美都で恋めぐり (講談社文庫)のその他の作品

美都で恋めぐり 単行本(ソフトカバー) 美都で恋めぐり 北夏輝

北夏輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする