嶽神伝 孤猿(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.18
  • (11)
  • (11)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062931113

作品紹介・あらすじ

攫われた息子・太郎の行方を探す武田信虎、太郎の命を狙う晴信、義にかられる長尾景虎。透波、軒猿、山の者たちが三つ巴の死闘に!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 無坂の周りに集まる人は強いし、里者と言われる権力のある人も無坂の人柄なのか集まってくる。
    下巻が楽しみ

  • 無坂と二ツ、月草と真木備が。武田信玄、信虎、山本勘助。雪斎、風魔小太郎、長尾景虎、軒猿。
    過去の物語がすべて融合し、まさにオールスターキャスト。
    今後の展開から目が離せない。

  • ブクログの献本企画で貰った本。
    山の者の生き様が滲み出る。
    シリーズ最高の期待を抱いて下巻へ行きます!

  • 武田信玄の父信虎は今川健追放され隠居中。その子たろうがさらわれた。山のもの無坂らは救出を頼まれる。晴信側の忍者集団すっぱやさらに先鋭の「かまきり」。強いはずのこれら武田の忍者集団がめっぽう弱い。軒猿ややまのものにバタバタやられる。もう少し考えてほしい。

  • 山のものシリーズの最新刊。ひとつ前の作品を読んでいないので、この作品だけでは人物関係がわからないものの、読んでいるうちにそんなことはどうでもよくなる。それにしても山のもの、こんなに強くて、ほいほいと忍びを倒してしまっては面白味がかける。最初の作品は確かに強いのだが、工夫をして何とか辛勝するという戦いの部分がメインを占めていたと思うのだが、戦いそのものよりも、時代関係とか人物関係を描くという方向にシフトしすぎたのは少々、寂しい。

  • 人情物になるなよ!

  • 91

  • 寝るの忘れるほどのめり込んだ。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1949年、小田原市生まれ。80年、群像新人文学賞を受賞。81年「百舌が啼いてから」が芥川賞候補となる。2000年には『血路―南稜七ツ家秘録』で角川春樹小説賞を受賞。本書は、一介の部屋住みの身から将軍に上り詰めた吉宗の裏の顔を描いた歴史時代小説の復刊である。著書に「嶽神伝」(講談社文庫)、「戻り舟同心」、「北町奉行所捕物控」、「高積見廻り同心御用控」(すべて祥伝社文庫)シリーズなど。2020年11月、逝去。

「2023年 『運を引き寄せた男 小説・徳川吉宗』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長谷川卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ピエール ルメー...
冲方 丁
司馬遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×