探偵の探偵4 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (31)
  • (102)
  • (108)
  • (17)
  • (2)
  • 本棚登録 :723
  • レビュー :90
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062931458

作品紹介・あらすじ

7月9日よる10時よりフジテレビ系で連続ドラマ放映開始!主演・北川景子。
読書メーター週間おすすめランキング1位!(vol.118)。
Bookwalker文芸週間ランキング1位!(3/19付)

闘いの動機は世界に対する憤怒。しかし戦術は極めて理知的。そのギャップが紗崎玲奈のたまらない魅力だ。―杉江松恋(ミステリ評論家)

類い希な身体能力と頭脳、そして鋼の意志。復讐のためだけに生きて来た玲奈の、あまりにも繊細なその心。砕け散った心はもう元には戻らないのか。もういいから、お願いやめて、そう何度も叫びたくなる。おもしろいのに眉間にしわが寄る。この痛々しさは癖になる。―久田かおり(精文館書店 中島新町店)

(あらすじ)
完全警護の東京拘置所で殺傷事件被告人の連続死亡事件が勃発。監視カメラが捉えたのは、紗崎玲奈にとって唯一無二の存在だった。真実はどこで決着をみるのか。死神への復讐は果たしたものの、琴葉に裏切られ虚ろな日々を送っていた玲奈が覚醒する。「探偵の探偵」四部作、壮絶なフィナーレ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フジテレビでテレビドラマ化された原作で4部作の「探偵の探偵 (講談社文庫) 」


    私は最初テレビから入って面白い!と思ったので原作も読む事にしました。
    悪徳探偵の悪事を暴く為に設立された対探偵課。

    業界の健全化を図る事を目的とされてはいるが、目的の為には手段を択ばず殆んどが法律に反する行動。
    それも主人公の過去が大きく影響、というかその目的、恨みをはらす為に探偵となっている。

    その探偵を探偵するスキルは相当なもので、並みの探偵など足元にも及ばない。
    警察もそのスキルには手をこまねいているだけで、証拠も掴めずただただ翻弄される。

    内容はテレビや本書も殆んど変わらない。
    しいて言えば、探偵社の社長とその部下の過去が明かされる程度。

    描写についてはテレビは少し表現が和らげている為、小説は少々きつい部分があるのでそこだけがあまり合わない方もいるかもしれない。


    テレビも見たかたも見ていないかたも楽しめると思います。

  • 四部作の最終章。一気に読んでしまった。
    が、最終巻こそひとりで敵に挑んで欲しかった。他の探偵の協力を得ながら戦っていくなんてちょっと残念な展開。
    謎解きも淡白な感じだしラスボスとの一騎打ちもあっさり決着。
    このあたりは毎度か、、、
    琴葉は玲奈の信頼を取り戻せたのか。
    3巻で終わるかもう少し続くかしても良かったのではと思った。

  • 読書録「探偵の探偵4」3

    著者 松岡圭祐
    出版 講談社文庫

    p142より引用
    “「家族はいずれ失われ、孤独になる日がく
    る。それまでに正しく通いあう心を知ればこ
    そ、本当に求めあえる他人を見つけだせ
    る」”

     探偵を調査する女性探偵を主人公とした、
    長編アクションミステリ。シリーズ一旦終了
    編。
     家族を不幸に追いやった元凶との因縁に、
    決着をつけた主人公・紗崎玲奈。しかし信頼
    を寄せた人物との関係が壊れ、会社も移り、
    無気力な時間を過ごしていた…。

     上記の引用は、主人公の以前の雇い主・須
    磨の言葉。
    一時、分かり合えたと思って一緒に過ごして
    も、死ぬまで同じ時を生きられる人というも
    のは、なかなか出会えないものなのかも知れ
    ません。
     主人公の過去の因縁の、元凶の元凶に決着
    が着きます。隠しボスみたいなものでしょう
    か。
     巻末に新章に来たいと書かれていますが、
    今後書かれたとしても、盛り上がりに欠ける
    のではないかと思われます。

    ーーーーー

  • いよいよ決着な感じでしたが
    目的が結構真面目な悪だったので
    もうちょっと猟奇色でてると盛り上がったかも
    続くんですねまだまだ(*´∇`*)

  • 〇 評価
     サプライズ ★★★☆☆
     熱中度   ★★★☆☆
     インパクト ★★★☆☆
     キャラクター★★★☆☆
     読後感   ★★☆☆☆
     希少価値  ★☆☆☆☆
     総合評価  ★★★☆☆

     「探偵の探偵」としてはシリーズ最終作。市村凜の師である姥妙悠児と対峙する。
     東京拘置所内に峰森琴葉が侵入し,密室殺人を含む4件の不審死が発生する。まるで,本格ミステリかと思わせる不可思議な謎である。
     この謎の真相は,姥妙の協力者である精神科医である樫山睦紀がそそのかした自殺だったというもの。偽の新聞記事を用意し,東京拘置所から脱出する方法として,自傷行為の方法を伝え,そそのかして自傷行為をさせる。その自傷行為により,死んでいくというもの
     そもそも樫山を姥妙だと思わせる構成になっている。しかし,松岡圭佑らしいというか,こういうサプライズ要素を驚かすために使わない。物語の中でさらっとばらしてしまう。
     全体的にこじんまりとまとまっている。探偵の探偵の3までにあったようなバイオレンスな描写はあまりない。
     ラスボス的存在だった姥妙も,最後はあっさり玲奈に敗れる。
     面白くない訳ではないが,傑作と言えるほどでもない。松岡祐介としては標準程度の作品か。
     琴葉については,樫山の手から逃げ出して,独自に捜査をしていたというオチ。これなら探偵と警察の手で見つかっていたとも思うのだが…。
     トータルでみると評価は★3かな。
     
    〇 メモ
     株式会社シーカーは,る盗聴器発見業にともなう恐喝行為を違法行為として行っていた。紗崎玲奈が所属する竹内調査事務所は,この違法行為を追い詰めようとする。しかし,紗崎玲奈の勇み足などがあり,失敗する。玲奈は,今後はデスクワークをするように言われる。
     峰森琴葉は,PIスクールで探偵業を学ぶ。琴葉は須磨康臣から特別授業を学びたいという。
     市川凜に探偵業を教えたのは,姥妙悠児という精神科医兼探偵。姥妙は探偵,弁護士,精神科医を一体とするトリニティ構想という構想を持っていた。現在は所在不明
     18歳の少年(堺加図雄)による通り魔事件が起こる。琴葉は,東京拘置所に忍び込み,少年に会って話を聞きたいと言う。
     後日,堺が拘置所内で殺害される。警察がスマ・リサーチを訪れる。東京拘置所に峰森琴葉が侵入していたという。
     逢坂結翔というリポーターが,警察がスマ・リサーチを訪れたことに目を付ける。
     警察による東京拘置所の実況見分。警備室のコンピューターをいじることができたのは,東京拘置所視察委員会のメンバー7人だった。
     東京拘置所で縞賀隆平が死ぬ。東京拘置所での2件の不審死が,玲奈と関連付けて報道される。玲奈は逢坂に取材されるが,映像記録をひとコマたりとも残させず対応する。
     玲奈は渋谷109のバックヤードで桐嶋と会い,琴葉のこと,姥妙悠児のことを聞く。
     東京拘置所では,入江要人が死ぬ。玲奈はマスコミの影響を受けた警察に追われるが,撒く。竹内調査事務所が用意した隠れ場所で須磨と電話で会話し,姥妙の行方を捜すように説得される。竹内調査事務所の同僚である桑原希帆が警察に玲奈の居場所を通報。警察の目の前に玲奈がいる状態で,東京拘置所で,栗田洋大が死ぬ。玲奈は琴葉が指名手配されるのを防ぐため,警察の捜査に協力するという。警察は,玲奈に,36時間の猶予を与える。
     玲奈は東京拘置所で調査を開始する。逢坂が玲奈を取材。東京拘置所視察委員会の樫山睦紀が,姥妙ではないかと疑い,調査をする。
     玲奈と逢坂は,樫山に尾行を悟られ,妄想性人格障害と思われる何者かに襲われる。撃退し,スマホから情報を盗み出す。
     襲撃者から盗んだ情報をもとに,大塚喜代司という大手出版社に勤める男の妻と接触する。玲奈は大塚の家に忍び込み,東京拘置所内での不審死についての奇妙な新聞記事を見付ける。
     玲奈は遭坂から樫山についての情報を得る。大塚の家で見つけた記事は偽造されたもの。玲奈は,樫山が偽の新聞記事を利用し,堺をそそのかして,自傷行為をさせたと推理する。ほかの死者も,拘置所から出るために,他殺ともとれる自傷行為をそそのかされていた。
     玲奈は樫山の家を訪れる。玲奈は樫山から話を聞く。樫山は琴葉を東京拘置所に忍び込ませたことなどを話す。玲奈は樫山の家を出るが,樫山の家の仕掛けにより録音した音声は失ってしまう。
     玲奈は逢坂に助けられる。しかし,逢坂に妻と子どもがいることを知り,逢坂を眠らせ,事件から遠ざける。
     樫山は姥妙ではなかった。樫山は自殺する。そして,東京拘置所での一連の不審死が自殺だったという遺言を残す。
     本物の姥妙は,樫山の死と一連の事件を利用し,自らのトリニティ構想を生かすための改正法案の原案を通す。玲奈は,樫山の弟子から奪った不正コピーを防止しているティンプルキーをもとに,姥妙の隠れ家を見つけ出す。
     姥妙は隠れ家に向かう。隠れ家には琴葉がいた。琴葉樫山の手から逃げ出していたのだ。隠れ家に玲奈も到着する。
     姥妙と玲奈の対決。玲奈はチタンが電磁波を通さないう性質を利用し,証拠の録音を持ち出そうとする。姥妙玲奈の対決は玲奈の勝利。姥妙は「佐々木」という言葉を残して昏睡状態に。
     エピローグ。玲奈と琴葉は,スマ・リサーチの対探偵課に戻る。玲奈が,探偵の探偵の仕事をしているシーンで終わる。

  • シリーズ四部作の最終巻。 それなりに楽しめた。 前半はどう展開していくのか気になるしとても良かったと思うけど、後半になると展開が急すぎるし各場面が淡泊になり残念。

  • 壮絶なフィナーレ。
    というわりにはいつも通り
    なんかよくわからないうちに
    バタバタ終結した印象。
    でも4作中で1番好きかも。

    ダイナミックさはだいぶ薄れている分
    ☆3かなぁ。

  • 琴葉が玲奈の影響受けて無茶しないことを祈りつつ、いろんな人が玲奈を認めて支えてくれることで、玲奈がこれからも探偵を正しい道へ導き続ける姿勢を貫くのが見えるから、一番納得できる終わり方でした。

  • 一巻から最後まで一気に読んだけれど、一巻から徐々にインパクトが減って盛り返せずに終わった感じ。娯楽としてはありなので、続編が出れば読むけれど。

  • 4まで読んで、初めて「4部作」だと知って、話が続いていることにようやく納得。前作で、妹を死に追いやった「死神」に復讐を果たした玲奈。しかし、玲奈はスマ・リサーチを去り、裏切られたと思った琴葉とは疎遠に・・・その琴葉は玲奈を目指すべく、PIスクールに入学するが、何故か、拘置所で起きた連続不審死の容疑者にされてしまう。「死神」との対決で完結かと思いきや、その「死神」の育ての親とされる謎の探偵が今回の本命。今までが衝撃的な展開だったためか、ラストはそこまでやられた感がなく、全てが丸く収まってしまったのが、残念・・・

全90件中 1 - 10件を表示

探偵の探偵4 (講談社文庫)のその他の作品

探偵の探偵IV (講談社文庫) Kindle版 探偵の探偵IV (講談社文庫) 松岡圭祐

松岡圭祐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵の探偵4 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする