幻想探偵社 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.52
  • (5)
  • (27)
  • (28)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 233
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062931496

作品紹介・あらすじ

「自分」を見つけたいときは、この探偵社へ。ただし、幽霊限定ですーー。野球部を休部中の中学二年生、海彦は落とし物をした同級生のユカリを追いかけて「たそがれ探偵社」にたどりつく。そこは幽霊専門の探偵社で、海彦とユカリは、ヤンキー姿の幽霊、大島の頼みを解決することに。ふたりの通う中学校のある伝説も気になりはじめーー。やんわり恐怖&癒しファンタジー、待望の4作目。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本屋さんで発見。
    続きがでていたと知り、読み始める。

    幽霊専門の依頼のみを受ける、たそがれ探偵社。
    そこを訪れるのは、野球に打ち込むことを親に否定されて野球ができなくなってしまった少年、海彦。
    そして、扉を開けた探偵社には同じ中学に通う女子がなぜかホラー映画をビデオで観ている。
    奇妙な出会いをした二人は、たまたまやって来た依頼人、大島ちゃん(幽霊)の心残りを晴らすべく奮闘するが、いろんな事件に巻き込まれる。

    テーマは、微ホラーと、自分の進路は自分で決めろ?
    模範的な家庭に見える海彦の家も、グレた大島ちゃんの家庭も何かしら問題はある。見えないだけ。特に親は子供の事を認めるのが難しいらしい(自分が育てているから自分より上でいてほしくない心理ではないか、とか)。
    親の心子知らず。子の心親は気付かず。
    家族でも気が合う合わないはあると思うけど、自分の気持ちを父に話せるようになった海彦は、きっと成長したと思う。


    海彦とユカリの二人の視点がたまに入れ替わり、主人公がどっちか判別つけられない。
    ただ、深刻なスランプに陥っていて、かつ女性の前であがりやすい海彦を上手にリードしつつ隣の座をゲットするぜ!と中学生のあざとかわいい面をちょいちょい出すユカリのコンビは物語が進みやすくてサラッと読める。
    ユカリがホラー好きだからか、ホラー映画の話や殺人シーンも多いけど全く怖くないので、京極さんや綾辻さんの本は苦手…という人でも大丈夫だと思う。

  • 中学生の二人が、ヤンキー幽霊の頼みで見つかっていない彼の身体を探すとともに、死んだ理由を突き止めるという話。 
     
     キャラ、台詞、展開など全てにおいて90年代ライトノベルの香りがする・・・。主人公たちがとても今時の中学生とは思えないし、犯人もひと昔前の昼ドラに出てきそうな感じ。あとの登場人物もオネエの所長や天然系女子高生などかなり濃ゆい。しかも全体的にテンション高めなので、ちょっと置いていかれ気味でした;
     
     ただ、キャラは立ってるし、良くも悪くもセオリーに乗っとった展開なので、うまく漫画かドラマ化したらおもしろいかもしれません。脇役の幽霊たちの方がおもしろくて好きです。古本屋のおじいちゃんの幽霊がすっとぼけててかわいかった。

  • 2018/2/7~2/9

    野球部を休部中の中学二年生、海彦は落とし物をした同級生のユカリを追いかけて「たそがれ探偵社」にたどりつく。そこは幽霊専門の探偵社で、海彦とユカリは、ヤンキー姿の幽霊、大島の頼みを解決することに。ふたりの通う中学校に伝わる不思議な話も気になりはじめ―。大人気「幻想シリーズ」4作目。

  • 今までのシリーズの中で一番好きだった。
    次点が映画館だろうか。
    登場人物も(青木さん2回目だけど)腹が立たない、憎めないやつキャラでイライラせず、最後の事件大詰めもスピード感あってよかった。

    相変わらずこのほのぼのとしたファンタジーの話に、ネグレクト(っぽい)や猟奇殺人事件、家族問題などを突然織り交ぜてくるところが色んな意味で凄いと思う。
    郵便局のレイプ未遂シーンも唖然としたけれど、なぜこんなにあっさりと出てくるんだろうなとも。
    せっかく生死を描いてる小説なのだから、もっと大事にして欲しいような気もする。
    とはいえこれで真面目にやったら重たいのだろうか。

    スミレと有働さんも出てきたけれど、スミレってこんな頓珍漢だったろうか……。
    既に知っていた子だから許容出来たけど身近にはいてほしくないタイプだと思う笑
    有働さんは相変わらず有働さんで安心した。
    毎度出てくるタマエお祖母様(伯母様)も、騒々しくてイラッとする時もあれど慣れてきた感じがある。

  • 幻想シリーズ第4弾

    幽霊専門の探偵社の手伝いをするハメになった
    中学生男女。
    ちょっとおまぬけな幽霊たちも憎めない

    「郵便局」の青井さん
    「映画館」のスミレと有働
    「日記店」の「大奥様」

    過去のシリーズの人たちもからんで、ニヤッとなります

  • 今度は中学生が探偵社でアルバイト
    幽霊が依頼人の探偵です。

    幽霊が通り過ぎるとぞくっと冷たい感じがするらしいですが、ここの幽霊は、食事もするし、あつい感情もある。そして今度は、探偵に依頼するほどの悩みもある。よほど、現世に生きている人たちの方が冷たいような。。。

    過去の事件の真相を知った中学生の二人は、これからも、幽霊に関わって生きていくのでしょうか?

  • 今回は成仏お手伝いがコンセプトの探偵社。
    相変わらず死者より人間が怖い事件だけどゲルマ電気館と登天郵便局も出てきてなかなかのハッピーエンドさ。
    大島ちゃんが着任で良かった。

  • ほんわか、のほほん、、のファンタジー・ミステリー・ホラー・バラエティ・ラヴコメ…第四弾。スミレちゃんが懐かしい!、大島ちゃんは過去作の真理子さんを彷彿させるなぁ♪。

  • 幻想シリーズなんですが、このシリーズの「シリーズなのかな?あぁ、シリーズなんだね」という緩いつながり方がとても好ましい。登場人物がそれぞれ素敵なキャラクターで、個性を発揮してるんだけれども、シリーズであることを強く主張しない。その分、「うん、そうだよね、そうそう」とにんまりさせられる感じが、これもまた、好ましいのです。
    さすがに、探偵社。今までで、最も事件らしい事件となりました。ご都合主義かと思えるくらい、すべてのことが事件に集約されていくのは、幽霊が中心人物なのだから、仕方がないことで、それが文章にスピード感を与えているんですね。
    一番意外だと驚いたのは、探偵社の新所長、へえ、あんたが所長になるのかい!とウキウキしました。
    そういえば、探偵社なのに、所長なんですね。

  • 相変わらずの不思議な世界観。あの世とこの世の境界線が不確かで、時々不安になる。それがクセになる。
    今回の主役は中学生で、甘酸っぱい恋愛模様も展開される。ちょっと都合の良い展開なのは少女マンガのよう。ただ、明確に殺人が出てくるのにちょっと軽く流されてしまって、こんなもので良いの?という感じもした。そういう空気もこの作品ならではかな…
    サラフィアとロザリア・ロンバルドの名前が出てきたのが、リアルと交わってちょっとした違和感。(主人公の容姿について言及されてしまったからかな…名前だけでその後の展開のネタバレ要素があったからかも)
    これまでのシリーズの登場人物もバンバン登場するので、懐かしさや嬉しさもあり。おばあちゃんの強いキャラクター、好きだなあ。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

堀川 アサコ(ほりかわ あさこ)
1964年生まれ、青森県出身の小説家。
2002年、『芳一――鎮西呪方絵巻』が第15回小説すばる新人賞の最終候補。2006年、『闇鏡』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、デビュー。
文庫化されている『幻想郵便局』が書店員たちの後押しもあって大ヒットし、「幻想」シリーズとして人気を誇る代表作となった。

幻想探偵社 (講談社文庫)のその他の作品

幻想探偵社 (講談社文庫) Kindle版 幻想探偵社 (講談社文庫) 堀川アサコ
幻想探偵社 単行本 幻想探偵社 堀川アサコ

堀川アサコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

幻想探偵社 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする