負ける技術 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.72
  • (19)
  • (26)
  • (31)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 380
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062931885

作品紹介・あらすじ

世知辛い現代において、勝利は敗北の始まりだ。勝者を慕い集まるのはせいぜい一割、残りは転落の瞬間を待つ殺   し屋ばかりと言えよう。ならば目指すべきは、”いかに負けるか”。リストラ→派遣切り→ハローワーク通いに泣き、今は漫画家兼OLとして自転車操業中の著者が説く、敗北からの必笑! 幸福指南。古市憲寿氏、絶賛!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前、確かアンソロジーで読んで
    面白いなと思ったカレー沢薫さん。
    やっとエッセイを読むことができました。

    少し読んで…
    お、面白い!!!!!!
    となり、思わず次のエッセイをその場でポチり。

    とにかく、比喩とか表現力が抜群に面白い。
    そこでその例えかー!と私のツボを
    ピンポイントで刺激してくる。
    中毒性のある人にまた出会ってしまった。

    • やまさん
      各位

      昨年ブクロクに登録した本の中からベスト7を選びました。
      なお、平成31(2019)年3月27日に読み終わった本からブクロクで管...
      各位

      昨年ブクロクに登録した本の中からベスト7を選びました。
      なお、平成31(2019)年3月27日に読み終わった本からブクロクで管理するようにしています。
      ① なんとなく・青空 / 工藤直子 / 詩 / 本 /読了日: 2019-12-11
      ② 螢草 / 葉室麟 / 本 / 読了日: 2019-12-16
      ③ あなたのためなら 藍千堂菓子噺 / 田牧大和 / 本 /読了日: 2019-04-10
      ④ 甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺 / 田牧大和 / 本 / 読了日: 2019-05-04
      ⑤ あきない世傳 金と銀(七) 碧流篇 / 田郁 / 本 /読了日: 2019-09-14
      ⑥ てらこや青義堂 師匠、走る / 今村翔吾 / 本 / 読了日: 2019-08-27
      ⑦ ひかる風: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし(四)  / 中島久枝 / 本 / 読了日: 2019-07-23
      ※もしよろしければ、皆様の昨年感想を書かれたものの中からベストの順位を教えて頂けたら嬉しいです。

      やま
      2020/02/07
  • 何一つ役に立たない名著!(最大級の誉め言葉)

  • twitterでお見かけしていたカレー沢氏のエッセイ集。北大路公子さんのエッセイのように、ダメをするどく客観視しつつゆるい。勝手ながら、このひとにはずっときちんとしてほしくないなあと思う。

  • 寝る前にチビチビ読んでいました。電車で読むのは危険な予感がしていたのですが正解でした。この人のコラムは永遠に読んでいられます。

  • タイトルと中身が一致してないぞ⁉︎
    自己啓発ノウハウ本みたいなタイトルにして
    ただカレー沢薫のショートエッセイ。
    ダメ人間が世の中の悪口を言ってるだけのようでいてなぜか面白く読めるのが不思議。

  • 悪評価を付けるほどではないが、特に感銘を受けるようなコラムではなかった。途中で読むのをやめた。
    サンプルを読んでから気に入れば買う、とするべきだろう。

  • ちょっとずつ摂取しないとなんでか凄く疲れる。

  • 絶妙な毒舌表現力。すごく好き。
    マンガ読んでみたくなったし、この続編のエッセイも読みたくなった!

  • うんうん、そうそうとのめり込んでしまった。「おかしくなってきた。病院に行きたい」と相談した時の親の反応。笑っちゃいけないけどクスッと。 そして一人カラオケ行ける私でも一人BBQは行けない。天晴れ。

  • あまりにネガティブな視点で物事を捉えているからなんだか読んでいて自分の人生もまぁなんとかなるだろ!的あっけらかんとした気持ちになってくる。
    ネガティブ過ぎるからこっちまで暗くなると言うより一周回って突き抜ける感じが面白かった。

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

モーニング(講談社)主催の漫画新人賞「MANGAOPEN」に本名・無題で応募し落選した作品が、カレー沢薫『クレムリン』(ともに本人命名 講談社)に変容を遂げ、月刊モーニング・ツー(講談社)でほぼ即連載となり、作家デビューを果たす。ほどなくコラム『負ける技術』(講談社)も連載となり、コラムニストとしてもデビューを果たす。以来、雑誌やウェブに連載超多数、本数未詳の大車輪で体力を使い果たす。最長不倒連載作品は開始以来すでに10年を超えた東京都写真美術館広報誌別冊「ニァイズ」(2021年7月現在)。なお、本作はコミックDAYS(講談社)で毎月第一・第三日曜日に1話ずつ更新中。第24回(2020年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。おめでとうございます。ありがとうございます

「2021年 『ひとりでしにたい(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カレー沢薫の作品

負ける技術 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×