超聴覚者 七川小春 真実への潜入 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 27
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062932431

作品紹介・あらすじ

九歳の時に受けた遺伝子治療によって聴覚が異常に発達した小春は、勤めていたブラック企業の過酷さに耐えきれず辞職した。再就職が困難を極める中、寿命遺伝子治療薬発売を予定する巨大企業の事業部長から、正社員になる条件として発売阻止を目論む子会社への潜入を持ちかけられる。『真実への盗聴』改題。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遺伝子治療、長寿の問題などこれからすぐにでも起こりそうな内容がリアルだった。

  • 初読み作家さん。
    「真実への盗聴」改題。
    九歳の時に受けた遺伝子治療によって聴覚が異常に発達した小春は、健康体を保って寿命を延長させる遺伝子治療薬の発売を予定する巨大企業の子会社への潜入を持ちかけられる。
    聴覚を活かす場面は面白かったが、超高齢化社会、年金問題、若年層の就職難など重い話だった。

    (電子書籍 honto)

  • 『海に降る』『駅物語』を面白く読んだので、この作品にも期待して読み始めました。遺伝子治療で老いても健康を損なわずにいられること、それによってより深刻になるかもしれない世代間格差(闘争?)が交差する話で、すぐに引き込まれていきました。面白かったです、ただ、重たいテーマに触れているので、消化不良に感じる面もありました。

  • 九歳の時に受けた遺伝子治療によって聴覚が異常に発達した小春は、勤めていたブラック企業の過酷さに耐えきれず辞職した。再就職が困難を極める中、寿命遺伝子治療薬発売を予定する巨大企業の事業部長から、正社員になる条件として発売阻止を目論む子会社への潜入を持ちかけられる。『真実への盗聴』改題。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1979年生まれ。2009年『マタタビ潔子の猫魂』(MF文庫ダ・ヴィンチ)で第4回ダ・ヴィンチ文学賞を受賞しデビュー。既刊に、『わたし、定時で帰ります。』(新潮社)、『賢者の石、売ります』(文藝春秋)、『海に降る』(幻冬舍文庫)、『超聴覚者 七川小春 真実への潜入』『駅物語』(講談社文庫)などがある。

「2018年 『対岸の家事』 で使われていた紹介文から引用しています。」

超聴覚者 七川小春 真実への潜入 (講談社文庫)のその他の作品

朱野帰子の作品

ツイートする