乱世の名将 治世の名臣 (講談社文庫)

著者 : 中村彰彦
  • 講談社 (2016年1月15日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 12人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062932882

作品紹介

揺るぎない公平な史観で知られる著者が、有名無名にかかわらず名エピソードを抱えた人物に光を当てる。

乱世の名将 治世の名臣 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人物をピックアップし書かれた「歴史のクロスロード」、エッセー的な「時代は巡る」、保科正之から戊辰戦争、明治~現代へと続く会津についてを著者の史観に基づいて語る「私の会津史」の3つのパート構成。

    「歴史のクロスロード」では初めて聞いた人(間野甚右衛門など)やメジャーどころまで取り揃えてあっておもしろい。
    一番初めが上州箕輪の長野業正からスタート。小豪族が乱立した江戸以前の関東地方。 歴史の流れの中の支流としておもしろそうな話がたくさんありそう。
    http://goo.gl/ehTsfw

  • 立花道雪、真田昌幸、間野甚右衛門、矢部定謙、河井継之助……たしかな史観で歴史好きをうならせてきた著者がとりあげる人物は、やはりひと味違っていた。和歌を解し、敵将となるのを承知で真田幸隆を武田に送り出した箕輪城の長野業正を皮切りに、史料に埋もれた人物や名エピソードの数々がよみがえる。

全2件中 1 - 2件を表示

乱世の名将 治世の名臣 (講談社文庫)のその他の作品

乱世の名将 治世の名臣 単行本(ソフトカバー) 乱世の名将 治世の名臣 中村彰彦

中村彰彦の作品

乱世の名将 治世の名臣 (講談社文庫)はこんな本です

乱世の名将 治世の名臣 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする