探偵の鑑定2 (講談社文庫)

著者 : 松岡圭祐
  • 講談社 (2016年4月15日発売)
3.69
  • (31)
  • (64)
  • (51)
  • (10)
  • (3)
  • 本棚登録 :436
  • レビュー :63
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062933506

作品紹介

―読書メーター「読みたい本ランキング」、日間、週間、月間すべてで1位獲得!―

2大シリーズ完結・運命の終着点、最終章。

二人が最後に向かうのは、人の死なない世界か、正義も悪もない世界か。

対探偵課探偵・紗崎玲奈、万能鑑定士・凜田莉子のダブルヒロインに加え、『水鏡推理』水鏡瑞希、『特等添乗員α』浅倉絢奈が登場。

暴力団・獅靱会の罠に玲奈たちが気づいた時には遅く、莉子は鑑定店から誘拐されてしまっていた。莉子も人の死なない世界から、玲奈と同じ正義も悪もない世界に引きずり込まれるのか。元暴力団だと素性を明かしたスマ・リサーチ社長、須磨康臣が立ち向かうものとは? 『万能鑑定士Q』『探偵の探偵』の2大シリーズついに完結。

探偵の鑑定2 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1を読んで待ちに待っていたので、一気読みしました。
    莉子と玲奈。女性二人が対照的でありながら、どこか似ているような。
    結末は、これで何もかもが終わったようで、あらたなるスタートに立った女性二人の姿が、少しばかり悲しくもありました。
    人生は命あってのもの。一度失われたものは取り戻せない。
    人と人の縁もそう。
    だから、ラストは、莉子と小笠原がハッピーエンドであれば嬉しかったのですが……。
    この作品がシリーズの最後ということですが、どこかでまたちらりと会えることを期待しています。

  • 暗い。探偵の探偵を読んだときの嫌悪感が甦る。暴力描写いや! それに、ラストが嫌! 探偵の探偵のラストとしては良いけど、万能鑑定士シリーズのラストとしてはいただけない。何年もシリーズ読んできて、こりゃないよ。

  • おーるすたー!

  • 〇 評価
     サプライズ ★☆☆☆☆
     熱中度   ★★★★☆
     インパクト ★★★☆☆
     キャラクター★★★★★
     読後感   ★★★☆☆
     希少価値  ★☆☆☆☆
     総合評価  ★★★★☆

     実質的には,「探偵の鑑定」の上巻・下巻の下巻。探偵の探偵シリーズの最終巻でもあり,万能鑑定士Q最後の事件への橋渡し的な存在
     サプライズ的な要素はなし。この作品の実質的な主人公である須磨と桐嶋が中心的な立ち回りをし,二人の古巣である獅靭会と対立する。
     凜田莉子は,獅靭会に捕らわれ,緩い拷問をされるなど,そこそこひどい目にあう。最後の最後で,蔦暮亜芽里を信じ,改心させるという見せ場があるが,その程度
     紗崎玲奈も,獅靭会の№2である釜瀧を倒すが,完全な脇役。あまり活躍しない。
     浅倉絢奈や水鏡瑞樹も登場し,それなりの存在感を示す。須磨と桐嶋の二人が中心で,ヒロイン的な存在が4人いるわけで,キャラクター性は十分。あまりにタレントが多すぎて,全員,そこそこしか活躍しないのが難点か。
     話の展開は平凡というか,王道というか…。まっすぐな話となっている。ぐいぐい引き込まれるほどのストーリー展開ではないが,まさにお約束という感じで安定感がある。
     莉子と小笠原が分かれるラストはややインパクトがある。とはいえ,なんとなく分かれが予想される展開なのでサプライズはない。この部分以外にはインパクトはない。トリックらしいトリックはないし,プロットは平凡
     サスペンスも希薄。これは,凜田莉子,浅倉絢奈,水鏡瑞樹といった「人の死なないミステリ世界」の住人が多すぎるからだろう。どうせ人は死なないという安心感が根底にあるので,サスペンス感は低い。
     かといって面白くないかというとそういうわけではない。キャラクターはそろっている。そのキャラクターが自分らしく動いている。玲奈があまり活躍せず,琴葉に至っては全くの空気。しかし,王道のストーリー展開の中,莉子と小笠原の別れや「探偵の探偵」シリーズの終焉というちょっと寂しい雰囲気が,いいスパイスになっている。この作品単品だとそこまで高い評価は付けられないが,万能鑑定士Qシリーズと探偵の探偵シリーズを読んできた者にとっては,お約束として見てもよい作品だと思う。水鏡探偵や特等添乗員シリーズを読んでいれば,もっと面白かっただろう。
     この本の位置付けが,単品の評価ではなく,シリーズ作品としての評価につながる。そういう位置付けとして★4としたい。

    〇 メモ
     凜田莉子は,獅靭会に誘拐される。探偵の鑑定1におけるトランプのカードを探しは,莉子に対する獅靭会の入社試験だった。獅靭会は姥妙のトリニティ構想に資金援助をしており,広い情報網を持っていた。須磨は,カードに示された情報が偽情報であると警察に伝える。しかし,警察を動かすことは難しい。須磨は佐伯に本当はどの港に入港するか,調べさせる。新潟県に近い船があることを見付ける。須磨達は新潟の港に行くが,獅靭会はチンピラしかいなかった。小笠原がへまをし,須磨がケガを負う。新潟も陽動だった。須磨は警察の信頼を失う。
     獅靭会は,偽の海水淡水化施設を建設し,八重島に組員を送り込む。八重島の住人を人質にする。栗城という莉子の先輩に当たる鑑定係が,失態を演じ,莉子の前で暴力を受ける。
     須磨は,福島県に行き,元妻である笙子に会う。右手の治療をする。
     莉子は,栗城親子とともに,獅靭会からの脱出を図る。栗城親子は脱出に成功するが,莉子は亜芽里に捕まる。そして,亜芽里から水責めの拷問を受ける。更に,八重島の住人の殺害をほのめかされ,獅靭会の雇用契約書にサインをする。
     玲奈は,万能鑑定士Qの事務所に残されたスワジランドの記念コインから,浅倉絢奈に辿り着く。絢奈から,エンジニア用の位置情報特定アプリの情報を聞き出す。
     莉子は,獅靭会での初仕事として,岩淵紘志という元チンピラが幹部の妻からネックレスを盗み出したことを暴く。
     栗城親子は株式会社スマ・リサーチにコンタクトを取り,須磨に会う。須磨は栗城親子から獅靭会の情報を聞き出す。
     霞が関の文部科学省にある不正行為・研究費の不正使用に関するタスクフォースがある。そのタスクフォースに所属する水鏡瑞樹という事務官は,八重島の海水淡水化装置の設置を怪しむ。瑞樹達一行は調査のために,波照間島に向かう。
     莉子は,亜芽里の地方回りに同行する。新幹線の中で,スマホを起動することに成功する。玲奈のスマホの位置情報特定アプリが起動する。絢奈の助言で,莉子が新幹線で移動していることを知る。
     玲奈は東京駅で,亜芽里の前に立ちふさがる。栗城と佐伯から情報を得た,須磨と桐嶋も東京駅に着き,獅靭会と銃撃戦をする。
     莉子は亜芽里が祖父や組織の後ろ盾がないと何もできないと見抜き,一人でも傷ついたら協力しないと強気な反抗を見せる。
     警察は獅靭会への捜査を中断する。
     須磨は自分が逮捕されたときのために,土井を社長とする新会社「グランドウェル」を設立する。
     小笠原は,元同僚の宮牧から「警視庁のトップが,獅靭会に弱みを握られている」という情報を得る。警視庁は,新潟で,令状なしに強制捜査を無理強いした。獅靭会系列の会社が訴えると言ってきたところ,獅靭会と警視庁が裏取引をしたという。
     亜芽里は絢奈に接触する。絢奈は機転により事実を告げることで亜芽里を騙す。
     須磨と桐嶋は,栗城や佐伯の助けを受け,獅靭会に立ち向かう準備を進める。玲奈と琴葉も,最後に一度だけ莉子を助けるために探偵活動を行うことを決意する。
     瑞樹は,波照間島での調査を行う。やくざの勤務の日などから,何かがあるとすれば月曜日だと見抜く。
     渋谷の貸会議室に須磨,桐嶋達があつまる。須磨の元妻の笙子や,スマ・リサーチの土井達,玲奈と琴葉もやってくる。瑞樹から,鴨井という探偵を通じ,日程が月曜であるという情報がもたらされる。絢奈から観光庁の壱条から得た情報から,入港は千葉県の阿賀詞港だと考える。
     玲奈は警察に連絡し,月曜日と阿賀詞港の情報を与える。
     阿賀詞港で,獅靭会を須磨達が襲撃する。莉子は鑑定しないと抵抗する。混乱の中,亜芽里は釜瀧に狙われる。玲奈は釜瀧を倒す。莉子は亜芽里を信じる。
     須磨と桐嶋は蔦暮会長と対峙する。幹部と対立しているように見せかけ,なにも知らないお山の大将を演じていた蔦暮が黒幕だった。須磨は蔦暮蹴り,失神させる。
     須磨と桐嶋は亜芽里を含む,玲奈達を拘束する。須磨と桐嶋は自ら逮捕される。
     小笠原は株式会社グランドウェルに就職。探偵になる。
     莉子は万能鑑定士Qの事務所を閉める。
     莉子は小笠原との別れを選択する。玲奈は父親と仲直りをする。
     莉子はUNEAP(故宮博物院と大英博物館の鑑定をも担う最高権威を誇るNGO)に迎えたいという誘いを受ける。
     波照間島の海水淡水化装置の事業は,政府のほか,カンツォネッタ・グループ・ホールディングス,ベランジェール,音韻時,ソランジュほか多数の企業が寄付を申し出ており,事業が継続されるという。
     莉子はムンクの叫びについての依頼を受ける。コピアが絡む事件だという。
     最後は玲奈と琴葉の別れのシーン

  • 孤独だからよけいに温もりを求めるのか。
    それとも温もりを求めるがゆえに孤独をよけいに実感するのか。
    人はひとりでは生きられない。
    生きていようと死んでいようと、心の奥底で自分を支えてくれる人が必要だ。
    でも、死んでしまった相手とは話すことが出来ない。
    触れることも笑いあうことも出来ない。
    玲奈にとっての琴葉はもしかしたら代用品なのかもしれない。
    けれど、それが代用品でなくなったときが怖い。
    一度手にした温もりを手離すことは、きっと今以上に辛いことになるだろうから。
    琴葉の姉、その夫、その友人たち。
    事の是非なんて関係ない。
    ただその場の優越感に浸りたいだけ。
    誰かを虐げ面白がっているだけ。
    いたぶることに快感を得ているような場面に気持ちが悪くなってしまった。
    激しいアクションシーンも読みどころになっている物語。
    ドラマになるようだけれど、原作に忠実に映像化したら悲惨すぎて直視できなくなりそうだ。

  • 万能鑑定士Qシリーズとしては、ファンを裏切る結末。
    まさかの小笠原と莉子とが別れるなんて、予想外すぎる。
    小笠原の純粋さが薄れてしまったのはすごく残念。。。
    鑑定士シリーズは末長く続けて欲しかった。
    松岡圭祐シリーズのオールキャスト総出演。
    ごり押し感が否めない。
    万能鑑定士シリーズと探偵の探偵シリーズの最終章としてのコラボであったが、本当にこれで良かったのだろうか。
    あえてコラボさせて終わらせる必要があったのだろうか。

    万能鑑定士シリーズファンとしては、
    探偵の探偵の舞台にハードボイルドな世界に引っ張りださなくてもいいはず。全てをぶち壊した感が否めない。
    非常に残念。

    万能鑑定士の最終巻が秋頃発表予定とのことだが、
    何のモチベーションで読めばいいのだろうか。。。
    KADOKAWAらしい、万能鑑定士Qを描いて欲しい。

  • 囚われの莉子の行方が気になって最後まで一気読み。他シリーズのヒロインらも加わって、まさにオールスターキャストで莉子の救出に挑む。いろいろなものが終焉を迎えてしまって残念ではあるけれど、新たな道を歩み始めた莉子と玲奈それぞれの今後の活躍を祈りたい。

  • KADOKAWAで積み上げてきたものが講談社で破壊された……。ええんかこれで……ええんかKADOKAWAさんよ。 
    私は納得できませんよこんな結末は。 
    面白かったさ。面白かったとも。 
    でもそれはこれとは別次元の話さ。 
    私がどれだけ嬉しかったか。Qシリーズをずっと読んできて良かったと思っていたのに……。こんなのってないよ、あんまりだよ。こんな仕打ちが待っていたとは……。これから何をモチベーションにしてQシリーズ最終巻を待てばいいのだ……。 
    αシリーズの続き出さなきゃ許さねえからなあもう。

  • 毒吐くかも?!
    つか、
    「探偵の探偵」サイドから。
    スマリサーチの「須磨康臣」さんは元ヤクザで、
    「桐嶋颯太」さんもそうなんですよね。
    で、
    今回はヤクザに絡まれちゃった話なんですが、
    絡まれてるのは「須磨康臣」さんですね。
    残念ながら、
    「紗崎玲奈」も「峰森琴葉」も傷つかないというか、
    目立ってないというか、
    活躍してない。。。
    全てを、
    「須磨康臣」に取られてる。
    なにしろ、
    「須磨康臣」と「桐嶋颯太」がドンパチするのはいいんですけど、
    この2巻からの登場の「栗城欣吾」もドンパチするの!
    つか、
    初登場のわき役クラスが「紗崎玲奈」も「峰森琴葉」も差し置いて目立ってる!
    もはや、
    「須磨康臣」率いる、
    「須磨康臣」とゆかいな仲間たち物語です!
    アカンわぁ!
    この、
    「探偵の鑑定」から、
    「鑑定」サイドだった「小笠原悠斗」は、
    「俺は探偵王になる!」
    的な勢いで探偵になるけど、
    それがきっかけでステキな別れを経験したね!
    そこだけは褒めてあげる!
    つか、
    長きにわたって「凜田莉子」LOVE!だったのに、わりとあっさり。。。
    まぁ、
    でも男ってそんなもんさ!
    つか、
    男って言ったら「須磨康臣」はなかなかの男だね!
    ちなみに、
    MVPは「浅倉絢奈」でしょう!
    ちょっとしか出てないのに大活躍だし存在感つよすぎて怖い!
    「浅倉絢奈」推しだからそう感じるだけかな?かな?

    「水鏡推理」からは「水鏡瑞希」ですよね。
    普通に、
    自分の仕事をしただけ。
    つか、
    「水鏡推理」に、
    「紗崎玲奈」と「凜田莉子」と「浅倉絢奈」を出したいだけじゃない?
    もはや「顔みせ」的な。。。

    で、
    お姫様こと「凜田莉子」なんですが、
    まさに捕らわれのお姫様!
    なにもしてない。。。
    つか、
    今まで世界を股にかけてたのに今回日本だけ。。。
    しかも、
    捕らわれたままでつまらん。。。
    この最終巻は「元極道探偵須磨康臣」最後の事件!
    とか、
    変更した方がいい気がします。
    しかもね、
    万能鑑定辞める感じで終わってるのに、
    ムンク?!
    なに?!
    「凜田莉子最後の事件」って続ける気満々で終わってないか?
    「万能鑑定士Qの事件簿」から、
    「凜田莉子の事件簿」に名前を変更して書くつもりじゃないだろうな?!
    なにしろ、
    「コピア」の名前まででてきてるからなぁ。。。
    捕まえるまで書く気満々じゃないのか?!
    そしてそこに、
    探偵「小笠原悠斗」もでるんじゃないのか?!
    で、
    お約束の「浅倉絢奈」も、
    あわよくば、
    「水鏡瑞希」に「紗崎玲奈」もでるんでしょう?
    その頃、
    「紗崎玲奈」は警察官で!
    笑えないなぁ。。。

    そんな最終回になってないっぽい、
    つなぎの、
    最終巻でした笑

  • 事件解決に至ったけれど、人のつながりの方は、納得のいかない結末でもやもやしました。
    もし、他のシリーズで今後が書かれることがあれば、そちらで大団円になって欲しいです。
    小笠原は本当に普通過ぎて拍子抜けしました。
    最後の手前までスピード感溢れる流れだったのに、がっかりです。

全63件中 1 - 10件を表示

探偵の鑑定2 (講談社文庫)のその他の作品

探偵の鑑定II (講談社文庫) Kindle版 探偵の鑑定II (講談社文庫) 松岡圭祐

松岡圭祐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵の鑑定2 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする