螺旋の底 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.41
  • (1)
  • (5)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062933582

作品紹介・あらすじ

交通事故で自分だけ生き残った当主は、若いセラピストと再婚した。封印された墓所を地下に持つ石造りの館で新しい生活を始める二人。だが都会での生活を捨ててやってきた女には、ある計略があった。村では次々と少年たちが姿を消し、殺戮と埋葬の歴史が繰り返されなか、冥府から慟哭の真相が浮かび上がる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったが、ちょっとヒントを出しすぎかも。どんでん返し好きなミステリファンはまず目次に日付が並んでいる時点で時系列に何かあるなと思う。他にも何気ない会話の中にそれと思しき内容が。

  • 久々に、「やられた!」と感じた作品です。
    違う方に注意が向いてしまって、肝心の部分には気付かなかったので、ラストまで読んだ後、最初からまた読み直しました。
    気をつけて読むと、細かい伏線が色々と張られています。とある小道具だとか。

    丁寧に練られた作品だなぁ、と思います。
    全体的に漂う、『レベッカ』のような雰囲気も素敵でした。

  • フランスを舞台にした叙述ミステリー。余り得意ではない分野だった。また、デビュー作の『鬼畜の家』のインパクトが強かっただけに、あまり面白さを感じなかった。

  • 謎が解けた後に、もう一度読み返して確認したいと思うようなトリックが仕組まれていて面白い。
    犯人を追いつめる系ではないので、華やかなイメージでは無いものの、フランスという舞台に馴染んだ仕掛けになってます。
    全体的に薄暗い感じ。

  • 気に入りの深木さんの新しい文庫本が発売されたので早速購入。
    今回ははじめての海外、フランスが舞台。

    交通事故で妻は亡くなり、生き残った夫は心を病む。セラピストによって心を癒し再婚する。新妻を伴い自身の領地へ戻る。
    螺旋階段の底、地下に閉ざされた墓所のある邸で暮らすふたり。
    都会から離れ思うところのある妻と、同じ頃、村では次々と少年が行方不明になる。

    こういった物語。
    サスペンスなので少年の行方不明事件の犯人はわかっている。
    この作品の肝はそこではない。
    物語全体をしっかり注意して読めばわかる仕掛けがある。
    わたしは仕掛け自体には気づいていたのだけれど、読みが浅く混乱してしまった。

    舞台がヨーロッパで、設定が現代ではなく、邸にいる使用人の女性の雰囲気描写などが「レベッカ」を髣髴とさせる。
    いかにもミステリアスな雰囲気に包まれており、深木さんはこういった作品も書くのだなと作家深木章子の底しれなさを窺わせる。

    読んだとき、フランスで愛しいひとをシェリーと呼ぶことを知らず、名前がおかしなことになっていると混乱してしまった。
    ダーリンみたいな感じで読めば良かったのを、シェリーを人名と捉えてしまい、これ誤植じゃないのと頭を疑問符で一杯にしてしまった。
    無知なので仕掛けでないところで勝手に混乱してしまう。

    深木章子さんは何故かまだそれ程話題にもならず評価も十分ではないと感じるが、わたしは深木章子さんはもっと評価されて然るべき作家さんだと思う。
    今回も面白く読める、深木さんでははじめてのゴシックな魅力のある一冊だった。

  • 2016年4月3日読了。
    2016年88冊目。

  • 交通事故で自分だけ生き残った当主は、若いセラピストと再婚した。封印された墓所を地下に持つ石造りの館で新しい生活を始める二人。だが都会での生活を捨ててやってきた女には、ある計略があった。村では次々と少年たちが姿を消し、殺戮と埋葬の歴史が繰り返されなか、冥府から慟哭の真相が浮かび上がる!

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

みき・あきこ1947年東京生まれ。東京大学法学部卒。元弁護士。60歳を機に執筆活動を開始、2010年に『鬼畜の家』で島田荘司選第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞。『衣更月家の一族』『螺旋の底』が第13回・第14回本格ミステリ大賞にノミネート、『ミネルヴァの報復』が日本推理作家協会賞にノミネートされるなど、注目を集めている。他の著書に、『殺意の構図』『交換殺人はいかが? じいじと樹来とミステリー』『猫には推理がよく似合う』。

螺旋の底 (講談社文庫)のその他の作品

深木章子の作品

ツイートする