真田幸村の妻 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062933780

作品紹介・あらすじ

関ケ原の戦いで敗北した真田昌幸・幸村父子は、信州上田を追われ高野山に蟄居となる。だが高野山は女人禁制の地、妻子は高野山口の九度山に居を構える。
妻の眼から見た閑居の日々、やがて迎える凄惨な大坂の陣――
綿密な取材と膨大な史料をもとに、時代に翻弄された正室・竹林院を活写する長編歴史小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 978-4-06-293378-0 322p 2016・4・15 1刷

  • 大河を録画するだけして、見れてないけど幸村の話はある程度知ってるので、影響はないので読んでみた。

    少し盛り上がりに欠けるけど、当時のことがわかって勉強になった。

  • 関ケ原の戦いで敗北した真田昌幸・幸村父子は、信州上田を追われ高野山に蟄居となる。だが高野山は女人禁制の地、妻子は高野山口の九度山に居を構える。
    妻の眼から見た閑居の日々、やがて迎える凄惨な大坂の陣――
    綿密な取材と膨大な史料をもとに、時代に翻弄された正室・竹林院を活写する長編歴史小説。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1932年、長崎市に生まれる。54年佐賀大学教育学部卒。高校教師を経て編集者となり、のち作家活動に入る。著書に『龍馬の妻』(ちくま文庫)、『西郷家の女たち』(文春文庫)、『濃姫孤愁』(講談社文庫)、『秀吉の野望』(光文社時代小説文庫)など多数。

「2016年 『真田幸村の妻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿井景子の作品

真田幸村の妻 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×