真田を云て、毛利を云わず(上) 大坂将星伝 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.17
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062934091

作品紹介・あらすじ

豊臣秀吉最古参の家臣を父に持つ毛利勝永は若くして、九州豊前一万石の大名となる。天下統一を成した秀吉は高邁な理想の下、朝鮮に出兵するが……。石田三成の薫陶を受け、豊臣政権の次代を担う器と目された勝永の眼前に、徳川家康が立ちはだかる。戦国の世、志を貫いた男を爽快に描く歴史小説。(『大坂将星伝』改題)

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「惜しい哉後世、真田を云て、毛利を不云。」という『翁草』エピグラフから始まる、豊臣秀吉麾下の名将、毛利勝永の一代記。

    この巻では僅か五歳にして勇猛果敢な森太郎兵衛が、豊前一万石の大名になって活躍する二十代最初の頃が描かれる。
    大河ドラマで言うなら、上半期の、上り調子の勇ましいところ。
    時期としても、本能寺の変から、秀吉の死後直後のあたりという、激動の時期。

    仁木さんの本なので、ライトノベル的な文体で、キャラが立った造形になるのかと思った。
    が、そんなことはなく、伝統的な歴史小説の、重厚な書きぶり。
    それほどこの時期の歴史に詳しくない身には、たくさんの地方の武将が出てくるのについていくのに大変な思いをする。

    数年前、真田幸村がそれこそ大河ドラマになった時、本書も装いを変えて再刊された模様。
    本書での幸村、というより源次郎信繁は、風来坊的なキャラになっていた。
    勝永は、聞かん気の幼児だったころから、秀吉の黄母衣衆だった父、吉成について戦場をかいくぐっていく中で、むしろ分別のある若武者になっていく。
    誰が主人公になるかで、人物造形が変わるって歴史小説やドラマでよくあることだけど…。

  • 毛利勝永、知らない名前でした。豊臣を支えた武将を新たに知ることが出来て良かったと思います。

  • 戦国時代末期 豊臣の家臣として最後まで戦った、毛利勝永の少年期(信長暗殺)から大阪城落城までを描いた歴史小説

    大河ドラマで真田丸が放映されているが、大阪城で肩を並べて家康と戦った毛利勝永、真田丸で勝永が再評価されるかもしれない。

    感想は下巻で。

  • 豊臣秀吉最古参の家臣を父に持つ毛利勝永は若くして、九州豊前一万石の大名となる。天下統一を成した秀吉は高邁な理想の下、朝鮮に出兵するが……。石田三成の薫陶を受け、豊臣政権の次代を担う器と目された勝永の眼前に、徳川家康が立ちはだかる。戦国の世、志を貫いた男を爽快に描く歴史小説。(『大坂将星伝』改題)

  • ちょっと細部はとんでもストーリーかな…。
    まあ、面白いけど。

全5件中 1 - 5件を表示

真田を云て、毛利を云わず(上) 大坂将星伝 (講談社文庫)のその他の作品

仁木英之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 幸喜
伊坂 幸太郎
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

真田を云て、毛利を云わず(上) 大坂将星伝 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする