狐さんの恋結び (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062934855

作品紹介・あらすじ

恋都(こと)・奈良でまた恋の予感!?

毒舌だけど寂しがりやの「狐さん」がお面を脱ぐと……

コミカルで優しさ溢れるメフィスト賞受賞作『恋都(こと)の狐さん』待望の続編!

狐のお面に着流しで奈良を闊歩する不思議な青年「狐さん」は、
春日大社で中学の同級生だった「烏」と再会。
烏は狐の幼馴染み・揚羽(あげは)への
10年越しの想いを遂げるため関西に戻ったと告げる。
恋成就の協力を求めて、烏は狐に同僚の美女を紹介するが、
奈良公園で鹿から助けた眼鏡美少女が何故か狐の脳裏に浮かんで……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんなに最後まで結末を読めない恋愛小説は初めて。
    ていうか、狐さん×鹿島さんなのか、狐さん×春菜ちゃんなのか、結局、分からないまま終わったな。
    でも前作のような中途半端感はなくて、この先が読みたくなるようなラストで良かった。これ、上下巻って考えたほうがいいんじゃないかな。
    それにしても、烏がイイ男。
    揚羽さんに対しての一途さはもちろん、アヤメちゃんに対してもすごく誠実で素敵だし、狐に対しての態度もすごく、すごくいい。烏大好きだー。

  • ちょっぴり情けなくて、でもなんだか応援したくなるような狐さんの初々しい恋物語。
    並行して動く烏の恋も大きな比重で描かれているのですが、こっちはもう少し詳しい所が知りたかったなぁ。
    全体的に淡淡とした感じで深い心情なんかは描かれていないので、あっさりした読み心地。

  • 恋都・奈良でまた恋の予感!? 

    狐のお面に着流し姿の「狐さん」は、春日大社で中学の同級生だった「烏」と再会。烏は狐の幼馴染み・揚羽への10年越しの想いを遂げるため関西に戻ったと告げる。メフィスト賞受賞作『恋都の狐さん』待望の続編!

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1986年、大阪府生まれ。2012年に『恋都の狐さん』で、第46回メフィスト賞を受賞しデビュー。他の著書に『美都(みと)で恋めぐり』『狐さんの恋活』がある。

狐さんの恋結び (講談社文庫)のその他の作品

北夏輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする