原調 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062935203

作品紹介・あらすじ

重傷を負いつつも病院から失踪した被害者、高速道路を横断し轢かれた主婦の黒い噂、事故の記憶がない轢き逃げ犯……警察捜査で見逃された7件の自動車事故の真相を損害保険査定員・滋野隆幸が“原調(原因調査)”で暴く! 元損保勤務だった著者だから書けたリアルな"交通事故ミステリー”。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めてのジャンル。なかなか興味深かった。主人公は好きになれなかったけど。

  • 損害保険査定員の滋野隆幸を主人公にした連作交通事故ミステリー。七話を収録。

    交通事故の裏にある事実を暴きつつ、まるで感動の結末を演出するかのように加害者と被害者の双方が不幸にならない方向にストーリーは展開し、些か無理のある決着を迎える。損害保険査定が一般的な犯罪のように白黒のはっきりした決着と違うことは理解出来るのだが、どうにもスッキリしない。

    同じような交通事故をテーマにしたミステリーに北上秋彦の『現場痕』があるが、こちらの方が遥かに面白かった。

  • 警察も見逃す不審事故の真相を損保査定官・滋野が暴く! 

    年間交通事故数53万件の日本。警察捜査で見逃された7件の自動車事故の真相を損害保険査定員・滋野隆幸が?原調(原因調査)?で暴く! 元損害保険会社勤務だった著者だから書けたリアルな?交通事故ミステリー?。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1966年長野県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
2009年『プリズン・トリック』で第55回江戸川乱歩賞を受賞。著書に『トリック・シアター』、『天命の扉』、『原罪』、『龍の行方』など。

「2014年 『現調』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原調 (講談社文庫)のその他の作品

原調 (講談社文庫) Kindle版 原調 (講談社文庫) 遠藤武文

遠藤武文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする