霊感検定 心霊アイドルの憂鬱 (講談社文庫)

  • 講談社
3.44
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062935432

作品紹介・あらすじ

切なさ極限! 読者支持ナンバーワン『記憶屋』でブレイクした注目の著者による、癒し系青春ホラー、第2弾!

度重なる奇怪な出来事と原因不明の体調不良に悩まされている女子高生アイドル・星原こずえ。心霊現象研究会のメンバー達は、彼女から相談を受け調査を始めるが、霊体となって彼女にまとわりついていたストーカーは不審な死を遂げていた。消えない霊はいったい何を訴えるのか? 儚く切ない癒し系青春ホラー。

イラスト・loundraw(『記憶屋』『君の膵臓をたべたい』)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 霊感検定シリーズ 第2弾。
    今回登場するのは、高校生アイドルの星原こずえ。
    儚く切ない癒し系青春ホラーってキャッチがピッタリ。
    後半部分は心臓バクバクして体に力入りました。
    鳥肌全開になりましたよ。
    そして、ウルっとさせていただきました。
    心霊現象研究会の主要キャラ達の優しさや
    藤本の空に対する思いやヘタレっぷりも楽しめました。
    ガンバレ藤本。君も成長している!
    最後のシーンは、スカっとしました。

  • シリーズ化。生きている人が1番怖い。

  • 切なさ極限。癒し系ホラー第二弾!
    度重なる奇怪な出来事に悩まされている高校生心霊アイドル・星原こずえ。しかし執拗なストーカーは既に不審な死を遂げていた。ストーカーは霊となり何を訴えるのか?霊のはかなさが切ない癒し系青春ホラー。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

(おりがみ・きょうや)
1980年、英国ロンドン生まれ。2013年、『霊感検定』で第14回講談社BOX新人賞Powersを受賞しデビュー。弁護士として働く傍ら小説を執筆。2015年、『記憶屋』で日本ホラー小説大賞読者賞を受賞。同年、『黒野葉月は鳥籠で眠らない』が、『このミステリーがすごい! 2016年版』で第19位、『2016本格ミステリ・ベスト10』で第18位にランクイン。次代を担う気鋭ミステリ作家として頭角をあらわす。2016年、『記憶屋』がベストセラーとなり累計25万部を突破。他の著書に、SHELTER/CAGE(シェルター ケイジ)』『301号室の聖者』がある。本書は「霊感検定」シリーズの第3弾!

霊感検定 心霊アイドルの憂鬱 (講談社文庫)のその他の作品

織守きょうやの作品

ツイートする