水鏡推理5 ニュークリアフュージョン (講談社文庫)

  • 247人登録
  • 3.66評価
    • (13)
    • (45)
    • (38)
    • (3)
    • (1)
  • 46レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 講談社 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062935562

作品紹介

ミスター文部省という異名を取ったあの元文部官僚から大絶賛!
三流キャリアに怒りの制裁!ノンキャリ・瑞希、超一流。―京都造形芸術大学芸術学部教授 寺脇研
目利き文芸評論家からも高評価!
いやはや巧い! 次々に新たな局面を示して読者を驚かせ、サスペンスではらはらさせる。暖かい余韻をもたせていて読後感もいい。―池上冬樹(文芸評論家)
(あらすじ)
研究不正を追及する、より高度で専門的な部署へ異動になった一般職・水鏡瑞希。上司の女性キャリア官僚と組んで、次世代エネルギーと目される核融合研究の検証に取り組む。ついていくのに四苦八苦の瑞希のもとに、不可解な事象が連続して起きる。みずからの心の奥底を知ることになった瑞希、驚愕の真実とは?

〈ニュークリアフュージョン〉
核融合。核融合炉が実現すればエネルギー問題が一気に解決される夢の技術。

水鏡推理5 ニュークリアフュージョン (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 水鏡推理シリーズ5作目。
    今回から、文科省の「不正調査タスクフォース」から「研究公正推進室」へ異動。ついに正式チームになって活躍を期待する瑞希だけど・・・

    このお話はだれが信じる相手なのかわからなくなってしまうね。でも親はうざく感じても、絶対的に子供の味方なんだなぁと。

    本作はタイトル通り、核融合のお話。
    読み終わってやっとわかるという自分がいた。
    英語・・・できなさすぎだな(笑)

  • 171203

  • 葛藤があったみたいだけど、氷解したのかな?

  • 今回のも、読みごたえがあって面白かった。
    化学のことはさっぱりなので、そこは何度も読まないとわかんないけど、瑞希の閃き、行動力、すごく勇気をもらいました。
    米谷も、なかなかいい上司だった。

    いつも思うけど、終わり方が温かくていいな。

  • シリーズ5作目。
    文科省不正調査タスクフォース(特別チーム)から「研究公正推進室」へ異動になった水鏡瑞希。
    今回は核融合に不妊治療が絡む話。
    やや散漫な展開だった。
    (図書館)

  • ミスリードに見事に引っ掛かった。
    相変わらず現実離れした話ではあるが、ファンタジーとして読むには面白い。

  • このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

  • タスクフォースから異動になった瑞希。でもやっていることはあんまり変わらない気もしないでもないかなあ。少子化問題、中々解決の糸口は見つからない。働くだけで精一杯、生活するだけで精一杯。そんな現実じゃ、結婚も子育ても望んでいても躊躇するのは当然かなとも文章を読んで思う。(男性、独身の自分が言っても説得力はないかもしれませんが)。ともあれ、次も読んでいきたいと思う。感想はこんなところです。

  • 2016年12月講談社文庫刊。書下ろし。シリーズ5作目。不妊バクテリアの話が続き、核融合との関連が謎でしたが、後半で、話の融合があって、納得しました。原子核融合と細胞核融合を区別できないシステムには呆れます。出来の悪いホームページじゃあるまいし、さすがに、こんなのは、作らないと思います。ご都合主義が過ぎます。

  • これもシリーズで5作目。今回は瑞希がターゲットとして狙われるってことで、大変でしたが、見事に切り抜けます。でも、これまでのQとかαに比べて、どうも瑞希が好きじゃないなあ・・・ 軽率過ぎるんじゃない?

全46件中 1 - 10件を表示

水鏡推理5 ニュークリアフュージョン (講談社文庫)のその他の作品

松岡圭祐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

水鏡推理5 ニュークリアフュージョン (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする