旅猫リポート (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.32
  • (509)
  • (347)
  • (123)
  • (24)
  • (6)
本棚登録 : 4465
レビュー : 369
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062935616

作品紹介・あらすじ

この絆は、恋愛を超える。カギしっぽのナナと心優しい青年サトルの、最後の旅の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • みなさんは本をどこで読むでしょうか?自宅?図書館?喫茶店?それとも通勤電車の中でしょうか。読書を始めてその世界に入っていくと次第に周囲のことが気にならなくなります。一方であなたが気にならなくても、あなたがその場で浮いた行動をとれば周囲はあなたが気になります。自宅以外で本を読む場合には読む本を選ぶ必要があります。『人前で読んではいけない本』。まずは、ゲラゲラ大笑いさせてくれる本。隣に座っている人がいきなり笑い出したら、これは怖い!です。その瞬間にあなたも晴れてアブナイ人の仲間入り。イライラするような内容もどうかと思います。本の世界の内容にムシャクシャして、何かに当たり散らしかねません。でも一番ヤバイのは、思いっきり感動する内容、しかも心のど真ん中の奥深くにまでググッと入ってくるような本ではないでしょうか。電車の隣の席の人がいきなり泣き出してもこれは怖い!です。次の駅でさりげなく席を立たれるでしょう。恐らくそれは本人もわかるところなので逆にググッとくるのを必死で我慢することになるかもしれません。でも、感動がズシズシ入ってくるのに、泣きたいのに、泣けない、もうこれは読書ではなくて、それは単なる苦行に変わってしまいます。これではあまりにもったいない。読む本は読む場所もきちんと選ばないといけません。
    …とここまでくどく引っ張れば分かりますよね?

    『この本はヤバイやつや!電車で読んだらあかんやつや!』

    『吾輩は猫である。名前はまだ無い。』どこかで聞いたことがあるような文章で始まるこの作品、『その猫がどれほどえらかったのか知らないが、僕は名前があるという一点においてのみ、そのえらい猫に勝っている』という記述から分かるように『猫視点』が登場します。『僕はその頃、とあるマンションの駐車場に駐めてある銀色のワゴンのボンネットがお気に入りの寝場所だった』という猫は『夜中に道路を渡っていると、カッと車のライトに照らされた。驚いて一瞬ダッシュが遅れた。…骨が飛び出してる』ということをきっかけに主人公・宮脇悟に拾われ一緒に暮らすようになります。『額には八の字にぶちの入った猫だ。7の形の黒いカギしっぽ』ということで『ナナ』と名付けられます。相思相愛の悟とナナの生活。しかし、作品はそこで『サトルと暮らした五年間、僕はいつだって聞き分けのいい猫だった』とこれがナナによる過去の振り返りであることを示唆します。『突然で申し訳ないけど、僕の猫をもらってくれませんか?』という悟からのメールを受け取ったのは澤田幸介。小学校時代の友人という澤田を訪ねる悟。ナナを見て『「ハチにそっくりじゃないか。」あの日、二人で拾った猫によく似ていた』という小学校時代に場面はさらに遡ります。案内板の下に段ボールを見つけた二人。幸介の思いに反して飼育に反対する親に『任せて、僕にいい考えがあるから!』という悟。『家出作戦』により結局、悟の家で飼育が始まりました。名前は『ハチ』。猫がいる幸せな暮らし。そんな中、二人が修学旅行に出ている時のことでした。幸介も知らないうちに『事情があって』先に帰ったという悟。予定通り帰った幸介は、父母に旅行の話をしようとしますが、『父親にいきなり小突かれた。「能天気にはしゃいでるんじゃない!」』という展開。『悟が途中で帰っちゃったんだ。何かあったの?』と訪ねる幸介。悟に起こったことを知る幸介。普通だった日常が大きく動き始めます。

    『猫視点』が登場するこの作品。ただし、視点は決して猫だけでなく、悟や幸介など様々な人に場面場面で細かく移っていきますが、『猫視点』ならではのこんな表現が出てきました。『一体どうして人間はゴキブリがこんなに嫌いなんだろうね。構造的にはカブトムシやカナブンとさほど変わらないし、カブトムシやカナブンならそんな悲鳴を上げないのに。むしろ猫的には動きが速いぶん手強くて楽しいくらいですよ』。まあ本当かどうかは別にして『猫視点』だからこその説得力を感じさせるセリフです。また、『ざわざわと風が鳴る。ススキの穂がうねる。うねりは目で追えないほど遠くにまで広がっていく。果てて消えたうねりを追いかけるようにまた次のうねりが生まれる。まるで地上の海だ』という表現。これは最後の最後に効果的に意味を持ってきますが、悟とナナが目にした美しい自然の描写として、とても印象に残りました。

    『僕の猫をもらってくれませんか?』と、小・中・高時代の友人の元へ『銀色のワゴン』で旅する悟とナナ。それによって色々なことが次第に明らかになっていきます。そして、結末がおぼろげに見えていきます。でも有川さんはそれだけでは決して終わらせません。結末に向けて、全く予想もできなかった、まさかの人物、まさかの真実、そしてまさかの展開が次から次へと襲ってきて、二段、三段上の読後感へと読者を導きます。そして、さらに感動的なのが、そのそれぞれのまさかに対応する伏線が、それぞれにきちんと張られていたというまさかの説得力。もうこれは読者にはどうにもできません。そのまま、素直に自分の心の感じるところに身を委ねるしかありません。そうです。もう、もう信じられないくらいに心が反応してしまって大泣きをしてしまいました。この感想を書いているだけで、また涙が、という結末。それを包み込むやさしさとあたたかさの幸せな感情。

    『この本はヤバイやつや!電車で読んだらあかんやつや!』

    猫が好き、猫が嫌い、そんなことなどあまりにどうでもよく、『感涙にむせぶ』という言葉は今日この瞬間にあったのだと感じた、読む場所に最大限の注意を払うべき圧倒的な傑作、名作だと思いました。

    • さてさてさん
      いるかさん、コメントありがとうございます。
      本当に胸が熱くなる思いのした作品でした。思わぬ収穫でした。
      今後ともよろしくお願いします!
      いるかさん、コメントありがとうございます。
      本当に胸が熱くなる思いのした作品でした。思わぬ収穫でした。
      今後ともよろしくお願いします!
      2020/05/21
    • たけさん
      さてさてさん、こんにちは!
      「旅猫リポート」とてもおもしろそうですね!
      さてさてさんのレビュー読んでとても読んでみたくなりました!
      さてさてさん、こんにちは!
      「旅猫リポート」とてもおもしろそうですね!
      さてさてさんのレビュー読んでとても読んでみたくなりました!
      2020/05/23
    • さてさてさん
      たけさん、こんにちは!
      いつもありがとうございます。

      はい、書名だけだとピンと来ないのですが、これはとても良かったです。…と書いていたら、...
      たけさん、こんにちは!
      いつもありがとうございます。

      はい、書名だけだとピンと来ないのですが、これはとても良かったです。…と書いていたら、また、涙が…。

      引き続きよろしくお願いします。
      2020/05/23
  • さてさてさんの素晴らしいレビューを読んで、速攻でポチりました。

    猫目線の本。
    僕は断然犬派なので、猫の本には全くそそられない。夏目漱石の「吾輩」を途中挫折した経験すら持つ。
    そんな感じなので、ブクログやってなかったら恐らく読まなかったであろう本。

    よかったです。
    目から熱いものと鱗が落ちました。

    サトルとの最後の旅を描いた(どうでもいいけど、「猫」と「描」ってほんと字が似ていて、「描く」って書く時、いつも猫の絵を描くことを想像してしまう)  ロードノベル。
    「最後の旅」というところがね…ほんと、切ないのです。涙が止まりません。

    サトルとナナの関係は最強だな。こんな強い信頼で結ばれたペットと飼い主、理想的ですね。
    そして、幼くして両親を亡くし辛いはずのサトルの人生。でも、とてもいい人たちに囲まれて幸せだったんだな、と最後にほっこりできて、大きな感動を得ました。

    癒されます。
    少し疲れた時に再読したい。

    あと、なぜか「吾輩は猫である」に再度チャレンジしたくなった。

    • さてさてさん
      たけさん、こんにちは。
      お褒めにあずかりありがとうございます。

      「最後の旅」の章、今思い返しても切ないです。猫が好きか、嫌いか、そう...
      たけさん、こんにちは。
      お褒めにあずかりありがとうございます。

      「最後の旅」の章、今思い返しても切ないです。猫が好きか、嫌いか、そういう好き嫌いを超えたところにこの作品はあるように思いました。もちろん、猫好きな方にはさらに一段上の読後感が待っているように思います。

      癒される感覚、いいですよね。
      2020/05/31
    • たけさん
      さてさてさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      確かに、この小説は、猫好きか、嫌いか、それを超えてますね。ほんとに。

      でも、...
      さてさてさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      確かに、この小説は、猫好きか、嫌いか、それを超えてますね。ほんとに。

      でも、この本読んで、猫もいいな、と少し浮気をしてしまう僕もいたのでした。
      それほどナナは魅力的。
      2020/05/31
  • まさしく名作。
    構成も内容も素晴らしい。
    世界へ翻訳される意味が理解できる。
    次回は英語で読んでみるつもり。

    • さてさてさん
      いるかさん、はじめまして
      いつもありがとうございます。

      この作品、書かれているとおり私も名作という言葉が似合うとても思いました。それで、い...
      いるかさん、はじめまして
      いつもありがとうございます。

      この作品、書かれているとおり私も名作という言葉が似合うとても思いました。それで、いるかさんの感想の『次回は英語』に反応しました。調べてみました。英語版あるんですね。海外での受けはどうなんでしょう。感覚のようなものが同じなのか興味あります。

      今後ともよろしくお願いします。
      2020/05/19
    • いるかさん
      さてさてさん はじめまして。。

      さてさてさんが書かれているように、この作品は電車ではやばいですね。
      読み終わってすごくよかったので、...
      さてさてさん はじめまして。。

      さてさてさんが書かれているように、この作品は電車ではやばいですね。
      読み終わってすごくよかったので、本屋さんで洋書で見つけたときにはすぐに買ってしまいました。
      すぐには読み切れず、少しずつ読んでいます。

      いつもレビューを楽しみにしています。
      これからもよろしくお願いいたします。。
      2020/05/19
  • H30.10.28 読了。

    ・飼っていた猫を思い出しながら読みました。ナナみたいに散歩やドライブ出来たら、素敵だな。
     連作短編集で、「スギとチカコ」が特に良かった。

  • 旅猫リポート 有川ひろ さん

    読み途中です。

    世界から猫が消えたなら、、、の切なさがこみ上げる展開に、、、

    電車の中では、涙は、こぼしづらい、、、

    - - - -
    いま、5時間経過して、読み終えました。

    この本は、猫とひとりの青年の物語です。

    いえ、読みおえれば、それは、種を超えた友情の物語、はたまた信頼の物語とも読み替えることもできることでしょう。

    まだ、僕にも涙を流す感情が残っていたんだ、、、
    そして、そんな心の旅に連れ出してくれた有川ひろさんへ感謝です。

    偶然に
     あなたに拾われ
      始まりし
       2人の旅は
        あらたに永遠に

    歌猫 ナナ より。


  • いやぁ、参った。何て素敵な主人公、サトルとナナ。サトル自身がこんなに厳しい人生歩んでいるのに、どうしてこんなに他人に心優しくいられるんだろう、、どうして自分の悲劇を呪って荒れないんだろう、、そうか、やっぱりいつもサトルのそばにはナナがついていてくれたからなんだね。人と猫、ここまでの信頼関係を築けたら本当に素敵すぎる。

    ナナ目線のつぶやきも良かった。そうか、猫もほんとにこんな風に考えてんのかなぁ、、しかし猫視点での語りも非常に面白かった。犬や猫は人間の近くにいるので、しゃべれないけど、こんな風に人間的な思考をしててもおかしくはないですよね。何より、夢がある。

    途中からエンディングが見え始めました。マジか、、そう言う事なの?勘弁して、、って思いながら読んでいましたが、やっぱり最後、涙だぁ〜っ、、

    でもね、なんだろう、とても清々しいんですよ。泣けてきても。決して悲しい終わりではないと思う。

    この旅では実はサトルは本当は誰にもナナを譲りたくなかったんだろうなと思う。そして仲の良かった各地の友人に大好きなナナと共に笑顔で会いに行ったんだろうなぁ。ほら、僕は本当は辛いけど、こんな素敵なナナと一緒なんだよって。だから一番ホッとしてたのはサトル自身なんだろうね。

    題名とカバーの絵からは想像がつかないほど、ハートウォーミングな素敵な物語でした。

    有川浩さん、二冊目にして私をすでにロックオンしちゃいましたね! 笑 どんどんいきますよっとぉ!

    • さてさてさん
      kanegon69さん、はじめまして
      いつもありがとうございます。

      私、特に猫が好きでも嫌いでもなかったので書名には魅かれなかったのですが...
      kanegon69さん、はじめまして
      いつもありがとうございます。

      私、特に猫が好きでも嫌いでもなかったので書名には魅かれなかったのですが、読みはじめてみてビックリ。kanegon69さん、書かれているように、『参った』と感じました。強く印象に残りました。私も有川さんの作品読んでいきたいと思います。

      今後もよろしくお願いします。
      2020/05/19
  • 聡明な猫と飼い主のお話。

    猫の口調については少し苦手な文体だった。
    性格を良く表していて悪くはないが、個人的には海外の青春ドラマのセリフみたいで白けてしまった。

    ナナはいつまでも飼い主に寄り添った。
    ここまで強い絆があるのだろうか。

    ストーリーに大きな展開は無いが、旅と称する飼い主探しの真相は徐々に明らかになってゆく。
    暖かく、優しい気持ちになれる作品だ。
    辛い最後とは言い切れない。サトルとナナはいつまでも一緒なんだろうな。

    欲を言うと、もう少し捻りが欲しかった。
    前評判でハードルが上がり過ぎてた感はある…
    ちょっと残念。

    読了。

  • 生い立ちは傍から見れば不幸だと思わざるを得ない状況にも関わらず、本人の受け止め方は違う。
    事実は事実として受け入れ、それでも自分は幸せだと言う。
    真っ直ぐ素直な彼には素敵な出会いがいくつもあった。

    出会わなければ何も生まれない。
    出会った事で名前と思い出が出来た。
    だから淋しくなんかないんだよ。
    失うものなんかないんだよ。

    心をぎゅっと掴まれ、最終章は号泣した。
    なんて愛くるしくて愛しい物語なんだろう。
    これからの人生で何度も読みたいと思った。

  • 野良猫のナナは、瀕死の自分を助けてくれたサトルと暮らし始めた。それから五年が経ち、ある事情からサトルはナナを手離すことに。『僕の猫をもらってくれませんか?』一人と一匹は銀色ワゴンで〝最後の旅〟に出る。懐かしい人々や美しい風景に出会ううちに明かされる、サトルの秘密とは。永遠の絆を描くロードノベル。

  • 「ストリーセラー」も「塩・空・海」三部作も「図書館戦争」「阪急電車」も超える有川浩の最高傑作。

    最初は猫の立場から書いたコミカル小説かと思ったが、悟とナナの深い愛情の話に。話のながれは猫の立ち位置を除けば鉄板の御涙頂戴なのだが、まんまとハマってしまって、最後は号泣だった。久しぶりに清々しい気持ちで泣いた。◎

全369件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

有川浩(ありかわ・ひろ)
高知県生まれ。二〇〇四年『塩の街』で電撃小説大賞大賞を受賞しデビュー。同作と『空の中』『海の底』の「自衛隊三部作」、「図書館戦争」シリーズをはじめ、『阪急電車』『旅猫リポート』『明日の子供たち』『アンマーとぼくら』など著書多数。

「2017年 『ニャンニャンにゃんそろじー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

旅猫リポート (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×