がんばらない生き方 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062935708

作品紹介・あらすじ

仕事、子育て、家庭、人間関係、夢の実現など、がんばっているのに、なぜかうまくいかない。それどころか、がんばればがんばるほど、結果は悪い方向に。それは「がんばりすぎ」ているから。「がんばらない」と心に決めた時、人生観が変わります。気持ちが晴れ渡って前向きになり、すべてがうまくいくようになります。まずは、肩の力を抜いてリラックス。自分らしく幸せに生きるための“楽しく、心地よく”がんばる秘訣が満載です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バランス良く仕事もプライベートもほどほどがんばっていく。自分のペースで夢に向かって進む!!自然体の生き方「無為自然」でいる。「得意淡然、失意泰然」でおおらかに生きる♪「莫妄想」の生き方で人生ほとんど何とかなる!!自分は自分、人は人!!仕事は楽しむことを最優先に!!思い通りにならないことは、いい意味で諦める!!諦めることで希望を見いだす。マイペースでのんびり、ゆったりとした気持ちで人生を楽しむ♪友人や趣味や健康を大切に人生を楽しんでいく♪猛スピードでなく人生をゆっくりのんびり楽しむ♪50代になってからの成功でもいい!!慌てず、焦らず、ゆったりと。断捨離で心にゆとりを取り戻し、生き方をシンプルに!!年月が過ぎ去るのは早いので、ゆっくり生きる!!(^o^)

  • 人生、がんばりすぎないほうが、うまくいく! 物事や人間関係などが、なぜかうまくいかない。その理由は「がんばりすぎ」かもしれません。「80パーセントで満足しよう」と心に決めた時、人生が好転します! 生き方指南で人気の著者が、実践的な90のコツを紹介。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

東京都出身。学習院大学卒業後、資生堂に勤務。独立後、人生論の研究に従事。1986年(昭和61年)、『成心学』理論を確立し、人々に喜びと安らぎを与える著述活動を開始。1995年(平成7年)、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。著書にベストセラー『折れない心をつくる たった1つの習慣』(青春新書プレイブックス)、『職場のイライラを すっきりなくす本』(ウェッジ)、『孤独の磨き方』(毎日新聞出版)などがある。

がんばらない生き方 (講談社文庫)のその他の作品

植西聰の作品

ツイートする