産む、産まない、産めない (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.84
  • (12)
  • (29)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 320
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062935944

作品紹介・あらすじ

不妊治療を始めるか、続けるか、やめるか、突然の妊娠、仕事と出産、育児をどうするか、流産をどう受けとめればいいのか、独身で産むか、病気で産めなくなることにどう向き合えばいいのか……妊娠と出産をめぐる女性のさまざまな戸惑いや迷いを丁寧にすくいあげる注目作。産む、産まない、産めない―ー「産む性」として揺れ動く女性たちの“心の葛藤”とそれぞれの“人生の選択”を描いた八つの物語。人生のヒントがここにある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 四十歳独身での妊娠に戸惑う桜子、不妊治療を続けるが子どもを授からない三十九歳の重美、初めての妊娠に幸せをかみしめる佐和子…。妊娠・出産をめぐる女性の心の葛藤と人生の選択を描いた八つの物語。悩みや迷いに寄り添い、「あなたが決めたことなら、それが正解」と優しく背中を押してくれる短編集。


  • 淳くんの話と、育休の話と、花束の妊娠がすき。

    結婚と子どもと家族と、仕事の話はいつだって複雑だ。



    黙ってうなずいた。わかりやすい不幸を見せびらかすのは甘えだ。

  • 色々考えさせられる本だった。
    男の人にも読んでほしい。
    自分と少しだけ重なる話もあって、心の中でウンウンって頷きながら読んでしまった。

  • 「産む、産まない、産めない」
    産めないから産まないのか
    産めない先に産まないのか

    産む人、産まない人、産めない人の話をシンプルに書いているものではありませんでした。

    私自身も考えさせられた言葉、そしてこれからいろんな人が直面したり、考えさせられると思われる言葉はこれです

    “産婦人科がこんなことを言うのは、おかしいと思われるかもしれませんが、出産が女の人生のすべてとは考えないようにしませんか”
    *医師の立場、これを伝えられた側の立場、命を授かることの重み、それに真剣に立ち向かう人の人生を覗かせてもらいました

  • 温かい水という話が一番ジーンとした。
    産まない選択をした人の話が読みたかった。

  • 桜子と重美が親友でうれしい
    重美の家族が人間として尊重してくれてるのがよかった。 
    女こんなにも妊娠、出産、育児に翻弄される

  • 出産がいかに女性と深く繋がっているかがよくわかる本。男性が想像する以上に、出産に縛られている女性の心の動きにどんどん引き込まれていきました。

  • 出産や妊娠にまつわる女性たちのお話短編集。
    予定外の妊娠に、「産む」ことを決める桜子。夫の連れ子を引き取ることになった結衣子。老舗の呉服屋に嫁いだが「産めない」重美。待望の第一子を死産した佐和子。ダウン症の兄の子供を受け入れることに苦悩する百合子。。。
    扱うトピックはどれも深刻で苦しく辛く、時には長い道のりなのだけれど、苦しみながらも前を向いて、一生懸命に新しい命と向き合おうとしている女性たちがみな健気で、胸にじいんときて泣けた。子供を産み育てるられることは、幸せなことだな、としみじみと思った。

  • 妊娠・出産にまつわる短編集。
    女性にとって妊娠・出産は様々な意味を持つ。
    40歳で独身のキャリアウーマンが妊娠してシングルマザーになったり。
    代々続く暖簾を守るために不妊治療に臨む夫婦の姿だったり。
    男性が育児休業を取ったり・・・結構リアルな話が多い。
    結局選ぶのは自分たちだし、それぞれの生き方がある。

    2018.4.25

  • 産む女性、産まない女性、産めない女性
    3つの枠の中だけでもそれぞれに事情は違い
    子供についての思いもすべてちがっている
    女性たちの8つの物語

    たった2回流されてしまった行為で妊娠したキャリアウーマン
    再婚した男性と男性との娘の生活にやってきた夫の前妻との息子
    会社で男性初の育児休暇を獲得した男性
    不妊症の呉服屋の女性とつらい不妊治療
    お腹の中の子供の心拍がとまり、死産する女性
    若くしてシングルマザーになった母と妊娠した高校生の娘
    ダウン症の姪と家族たち
    キャリアウーマンの女性と友人である呉服屋の女性の向かう未来

    抱えているものが違う中、複雑とシンプルを繰り返しながら女性たちは未来に向かっていく

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年、神奈川県生まれ。玉川大学文学部英米文学科卒業。ファッション、グルメ、映画、車などの最新情報を盛り込んだエッセイや小説で注目される。2014年に刊行した『産む、産まない、産めない』は、妊娠と出産をテーマにした短編小説集として大きな話題を集めた。ほかの著書に、『みちたりた痛み』『肉体派』『中年前夜』『マラソン・ウーマン』『エストロゲン』『逢えない夜を、数えてみても』『鎌倉の家』などがある。また、読書会「ヨモウカフェ」を主催している。

「2019年 『産まなくても、産めなくても』 で使われていた紹介文から引用しています。」

産む、産まない、産めない (講談社文庫)のその他の作品

産む、産まない、産めない 単行本(ソフトカバー) 産む、産まない、産めない 甘糟りり子

甘糟りり子の作品

産む、産まない、産めない (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする