東京藝大物語 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
2.44
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 34
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936095

作品紹介・あらすじ

全国から才能が集う東京藝術大学。しかし、アーティストとして名をなすのは十年に一人ともいう。感動すると鼻水を流すジャガー、鳩ばかり描くハト沼、迸る情熱を制御できない杉ちゃん。何者かになろうとあがく彼らの悪戦苦闘、疾風怒濤の日々を、五年間、講師として過ごした著者が万感の思いで描く青春小説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 期待して読んだせいか、「だから、何?」という読後感で終わってしまいました。
    非常勤講師6年間の物語にしては薄っぺらいし、人物描写や出来事も「ああ、そうなんだ」という域を出ないので、結局深く感情移入ができなかったという、私にとっては残念な本でした。

  • 芸大を横目で見るようなガッコに行ってた身としては共感すると言うかなんというか、ゲージュツなんてものにとりつかれてる20代っていいよね。

  • 脳科学者の茂木さんが小説を書いていたことに驚きました。

    本書は、東京藝術大学で1年間、非常勤講師をすることになった脳科学者と、その彼と出会った学生たちの物語です。

    東京藝大の入試内容はとても興味深かったです。学生たちも個性的で、ジャガーの三遊亭圓朝のくだりや就職活動で笑い、杉ちゃんの行動に「お前は小学生か!」とツッコミを入れたり、津口の決意に涙を流し、読んでいるこっちが大忙し。
    ゲストの講師たちも強烈で面白かった。

    芸術で成功した方たちが、『東京藝大に通っているようでは駄目だ!』と主張するのは分かる気がします。

  • 実名とフィクションが混在して混乱します

  • 著者が非常勤の際に出会った人と出来事を綴る.実際の体験のみなので,汎用的な藝大の物語という題目は的を射ていないし,自分の体験を切り貼りしているだけで,そこから一般性を導くことはできず,局所的珍妙さを,ふーん,ヘンな人たちもいるものだね,と思うだけで勿体ない.敢えて市井が考えるならば,このようなマイノリティを世界でどのように活躍して貰えるか,思いを馳せることだろうか.

  • 芸術家を目指す若者たちの、波瀾万丈を描く青春小説! 全国から才能が集う東京藝術大学。しかし、芸術家として名をなすのは十年に一人ともいう。何者かになろうとあがく彼らの悪戦苦闘、波瀾万丈の日々を、六年間、講師として過ごした著者が、万感の思いで描く。

全6件中 1 - 6件を表示

東京藝大物語 (講談社文庫)のその他の作品

東京藝大物語 (講談社文庫) Kindle版 東京藝大物語 (講談社文庫) 茂木健一郎
東京藝大物語 単行本 東京藝大物語 茂木健一郎

茂木健一郎の作品

ツイートする