あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)

  • 761人登録
  • 3.44評価
    • (14)
    • (63)
    • (74)
    • (12)
    • (3)
  • 70レビュー
著者 : 原田マハ
  • 講談社 (2017年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936606

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 中年女性が主人公の絆をテーマにした短編集。どの話も甲乙つけがたい傑作ぞろいだが、個人的には第一話「最後の伝言」が女性の男にはない強い魅力を感じた。おススメ。
    あらすじ(背表紙より)
    勤務先の美術館に宅配便が届く。差出人はひと月前、孤独の内に他界した父。つまらない人間と妻には疎まれても、娘の進路を密かに理解していた父の最後のメッセージとは…(「無用の人」)。歳を重ねて寂しさと不安を感じる独身女性が、かけがえのない人の存在に気が付いた時の温かい気持ちを描く珠玉の六編。

  • それぞれの「誰かの大切な人」を描いた短編集。
    一遍一遍が極上な内容な上に、また描かれる背景が目に浮かぶようで、まるで短編映画を観ているような感覚。
    個人的には、最後の「皿の上の孤独」がとても好き。「私」と青柳君の関係やお互いを大事に思う気持ちがとても切ない。世界遺産になっているバラガン邸にも、思わず行ってみたくなった。

  • じんわりと沁みてきます。

  • 20171231
    心が温まる一冊。
    何年後に、ふとした時に、また読みたい。

  • 原田マハの短編集。
    原田マハのお話は、人間のリアルを書くんだけど、なんか幸せな気持ちで終わるから良い。

    月夜のアボカドが1番好きだったかなぁ

  • 久しぶりに心があたたかくなる本を読んだって感じです。最初のお話で一気に引き込まれ、後はしみじみと読み進めました。しばらくするときっと忘れてしまうような物語たちですが、読んでいるひととき幸せに過ごすことができました。社会的、経済的に成功したと他人に思われるような人生よりも、密やかにうつくしいものを愛でる心を持つ生き方に憧れます。

  • 初めて原田マハを読んだ。
    なんとなく今まで避けていたけど。

    6つの短編集、それぞれの話が良かった。
    どれも読んでて心地よかった、静かに物語が進んでいく感じがして、でも単調ではなくて、泣けるところもあった。

    最近、心が疲れ気味だったので癒された。
    手元に置いておきたい本。また読み返そう。

    一人旅にまた行きたくなった。

  • 読みやすかったです。
    母との関係の話は、涙でした。

  • 読んでいて心がすうっと透き通る瞬間がある。
    人を愛するって素敵なことだと改めて思う。
    私も愛する人を大事にしよう。

  • 優しいお話ですね。
    やっぱり親との関わりのくだりは年齢が近いだけあってグッと来ます。いろいろ考えてしまう。
    最近湊かなえやら西加奈子やらちょっとクセの強い話を読んでばかりやったからちょっと一休みになりました。
    まぁちょっと物足りなくも感じたけど(笑)

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)のその他の作品

あなたは、誰かの大切な人 単行本(ソフトカバー) あなたは、誰かの大切な人 原田マハ

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
原田 マハ
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする