南部芸能事務所 season3 春の嵐 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936644

作品紹介・あらすじ

同じ大学に通う新城と溝口はコンビを組み、「メリーランド」としてデビューしたが、一向にブレイクの兆しが見えない。一方、先輩トリオ・ナカノシマは中嶋の彼女が妊娠、解散の危機が訪れる。そんなとき、社長よりオーディション番組の話が伝えられて……。若手芸人達の苦悩と前進を鮮やかに描ききる、人気シリーズ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「南部芸能事務所」シリーズの3作目。
    前作でようやくコンビ名が決まった“溝口新城”だけど、だからと言って彼らが芸人として認められるわけでもなくTVに出られるようになるわけでもない。
    お笑いブームが去った後の厳しい世界でやっていけるかどうか、相変わらずの境遇の中で自分の将来だけでなく、自分の周りの人の将来も含めて、決して楽天的になれない思索がグルグルと回る。
    このシリーズ、世代も境遇も私が生きる世界とは全く違う世界の話なのだけど、何となく身につまされることが多いなぁ。
    一緒に暮らす男女間の感情の機微、家族が子供に寄せる思い、姉が弟を見守る気持ち、夫婦になろうと思う時の決意、これまで生き抜いてきたことへの自負と過ごしてきた時間への悔恨。
    主人公の新城と溝口だけでなく、周りで息づく人々のそれぞれの生活を通して語られる、それぞれの人生に対する思いが、なかなかしっかり沁みてくる。
    ゆっくりと、本当にゆっくりと進む話は、ようやく最終盤に吹いた“春の嵐”によって動き出すか。一筋縄で進む筈もない1年がかりのオーディション番組、次巻をまた楽しみに待つ。

  • シリーズ第3弾。
    新番組が始まるとの話がささやかれ始めて各事務所の若手新人芸人たちの焦りが見られる。
    またそれに伴って関わる先輩、スタッフの様子もあり。
    厳しい世界でどう這い上がっていくか。
    いよいよ次作にて芸人としての実力などが表現される様子なので期待。

  • 2018 5/1

  • 弱小お笑い事務所のひたむきな人々を描くシリーズ第3弾! 同じ大学の新城と溝口はコンビを組み、「メリーランド」としてデビューしたが、中々ブレイクできない。先輩トリオ・ナカノシマは中嶋の彼女が妊娠、解散の危機に。そんなとき、オーディション番組の話が舞い込む。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1979年東京都生まれ。2010年『国道沿いのファミレス』で第23回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。13年に『海の見える街』が、14年に『南部芸能事務所』がそれぞれ吉川英治文学新人賞候補となる。ほかの著書に『夏のバスプール』『感情8号線』『罪のあとさき』『タイムマシンでは、行けない明日』『家と庭』『消えない月』『シネマコンプレックス』『大人になったら、』などがある。

「2018年 『水槽の中』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南部芸能事務所 season3 春の嵐 (講談社文庫)のその他の作品

畑野智美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
角田光代
三浦 しをん
辻村 深月
柚木 麻子
村田 沙耶香
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする