霞と飛燕 駆込み宿 影始末 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 9
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062937030

作品紹介・あらすじ

将軍の金銀、調度を管理する御納戸頭が、出世のため悪事を働いていると嫌疑がかかる。捜査の手が及ぶと、暗殺部隊が反撃を繰り返す。御助け人の宗八郎、忍びの霞らと鬼気迫る死闘の果ては……。大人気シリーズ最新作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鳥羽亮 著「霞と飛燕」、駆込み宿影始末シリーズ№6、2017.7発行。安田屋に居候している塚原宗八郎の物語。幕府の御庭番、霞が影でサポートしています。今回は、飛燕打ち(手裏剣)のきえと霞の霞隠れの戦いがクライマックスです。

  • 殺るか殺られるか。女の手裏剣遣い、御助け人を襲う
    将軍の金銀、調度を管理する御納戸頭が出世のため悪事を働いていると嫌疑がかかる。捜査の手が及ぶと、暗殺部隊が反撃を繰り返す。御助け人の宗八郎、忍びの霞らと鬼気迫る死闘。江戸の暗闇に手裏剣が飛ぶ!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

鳥羽 亮(とば・りょう)
1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業。90年『剣の道殺人事件』で第36回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。剣豪小説、時代ミステリーなど、迫力ある剣戟描写に加え、江戸の人情の機微を丁寧に描いて、多くの読者を魅了する。著書に「剣客旗本奮闘記」「はぐれ長屋の用心棒」「はみだし御庭番無頼旅」「剣客同心親子舟」各シリーズなど、多数。著作は300冊を超える。

「2020年 『お京危うし 鶴亀横丁の風来坊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳥羽亮の作品

霞と飛燕 駆込み宿 影始末 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする