Aではない君と (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.19
  • (61)
  • (71)
  • (25)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :538
  • レビュー :69
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062937146

作品紹介・あらすじ

第37回吉川文学新人賞受賞作

*選考委員のコメントより

伊集院静氏
思わず唸った。
薬丸岳という小説家の力量と才能に頭が下がった。

大沢在昌氏
より道のないまっすぐな物語は、最後まで密度を失わず、
重く暗い話でありながら、目をそらすことを許さない。
名状しがたい感動を私は味わった。

京極夏彦氏
提起された問題は読み手のい許に届き、
読者それぞれが「つけられない結末」を共有できる。

恩田陸氏
もし自分が主人公の立場に立ったら、と
胸が痛くなるような心地でハラハラしながら読んだ。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 薬丸岳『Aではない君と』講談社文庫。

    確かに途中、胸を打たれる展開もあったが、読後は暗澹たる気持ちになった。そういう意味では初めて薬丸岳に裏切られたように思う。決して、面白くなかったのではなく、余りにも終盤の展開が重過ぎて、打ちのめされてしまったのだ。どうして、薬丸岳はこうした難しいテーマを題材にしても真っ向勝負で納得のゆく決着を描けるのだろうか…本当に凄い作家だと思う。

    同級生の殺人容疑で14歳の息子・翼が逮捕される。両親や弁護士の問いにも頑なに口を閉ざす翼は事件の直前、父親に電話していた…果たして真実は…

  • 重い。非常に重い。雫井さんの望みとは違い、確実に罪を犯してしまった子供の親の心情を丁寧に書いている。息がつまるほど。実に読み応えがあった。
    いじめの加害者、被害者、誰にでもなりそうで、子供との会話は、仕事をしている私としては、自信がなくなってくるなあ。
    最後の方は、母親も登場させて欲しかったなあ。
    親も子もどの読者層にも読んでほしいなあ。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    あの晩、あの電話に出ていたら。同級生の殺人容疑で十四歳の息子・翼が逮捕された。親や弁護士の問いに口を閉ざす翼は事件の直前、父親に電話をかけていた。真相は語られないまま、親子は少年審判の日を迎えるが。少年犯罪に向き合ってきた著者の一つの到達点にして真摯な眼差しが胸を打つ吉川文学新人賞受賞作。

    先日のゴルゴタやジャッジメントの復讐劇とは真逆の加害者の少年側から描いた視点の物語です。ところがこちらは加害者の少年に感情を移入しながら読む本の為、この前抱いた加害者を厳しく断罪する事を望む自分の心の矛盾を心苦しく感じながら読む事になりました。何故そこに至ったのか薄皮を剥ぐように詳らかにされていくに従い、加害者の側に立っている自分を感じました。
    どんな事が有っても人の命を奪う事はいけない事ですが、彼の「体を殺す事と心を殺すことはどちらが罪深いのか」という問い掛けが胸に刺さりました。自分の中では人の尊厳を著しく傷つける事は、その人間が持つ根源的な悪の萌芽ではないかと思っており、子供であってもいじめを積極的にする人間に対しては殺人者を見るような視点を僕は持っています。なので今回は加害者の少年に感情移入しました。
    そんな中で父と加害者少年の擦れ違いからの歩み寄りがこの話の最も核になる部分であり、何故命を奪ったことが悪かったのかを少年が理解する事、自分以外の人間にも大事に思い無事を祈っている人間がいて、それを奪う権利は何人にも無い事を理解する事でした。
    結論は読み手の心の中にあって、この先の物語は、許されない罪を犯した人々が十字架を背負っていくべき道の入口を、指し示した本であり、ゴール地点ではありませんでした。
    読んだ人と色々語り合いたい本でした。

  • 親になり、少年犯罪への見方が変わった。
    前は被害者ばかりに意識がいっていたが、加害者側に回ることもあるのだと、本書を読んで再確認。

    子育てに正解はないと言う。
    そして今子供に接している態度や環境、教育などが
    正しいのか、間違っているのか、答えはすぐには出ない。
    恐ろしい。考えてみると本当に怖い。

    傍観している立場から見れば、『もっとこうすれば良いのに』といとも簡単に答えは出るのに、
    実際に子育てしてみて、何が正しいのか私は良く解っていない。難しい。

    人の命を何故奪ってはいけないのか、これに理屈はいらない気がする。
    どちらの立場になっても、淋しすぎるし辛すぎる。

    あぁ、久々に心をえぐられた作品でした。

  • あの晩、あの電話に出ていたら。同級生の殺人容疑で十四歳の息子・翼が逮捕された。親や弁護士の問いに口を閉ざす翼は事件の直前、父親に電話をかけていた。真相は語られないまま、親子は少年審判の日を迎えるが。少年犯罪に向き合ってきた著者の一つの到達点にして真摯な眼差しが胸を打つ吉川文学新人賞受賞作。

  • 人が生きていくなかで、他人の気持ちを慮るというのはとても大事なことだ。家族や友人、日々自分の身の回りの人々の心の苦悩を、どれだけ自分は感じ取れているのだろうかと考えさせられる。この小説には、本来親から子へ伝えていくべき大切なテーマが濃密に詰まっており、自分の子が本を読める頃になったら、一度は薦めてみようと思う。登場人物の見事な心理描写に心がしめつけられつつも、1日で読み切ってしまった良作。

  • 前回「天使のナイフ」を読んでほかの作品も読んでみたいと思い最新文庫を購入。
    ある日突然中学生の息子が同級生を殺したと警察から知らされた親の苦悩。

    夫婦仲が悪く離婚し、そろそろ再婚も考えている能天気な少年の父親と、離婚後息子を引き取り生活していくためとはいえ仕事が忙しく自分のことで精いっぱいだった母親。
    どちらが悪いとは言えないし、息子はたとえどんなに寂しく、苦しかったとはいえ殺人が許されるわけではない。

    ≪物事のよし悪しとは別に、子供がどうしてそんなことをしたのかを考えるのが親だ≫という文中にも出てくる一文がキーワードになっているが、事が起こってからでは遅すぎる。
    しかし人はいつだって事が起こってから後悔するものなのだ。

    子を持つ親は子供の罪を自分のせいだと感じるだろうし、一生子供とともに罪を背負って生きていかなければならないのだろう。
    殺された優斗くんは相当なクソガキだったけれど、
    しかし、たとえどんなに卑劣な人間であったとしても、殺されていい理由にはならない。
    殺された子供の親の気持ちを思うと胸が痛む。
    こちらも、立場によって思いが全然変わってくる小説だ。
    重いテーマではあるけれど、いろいろな立場によって読み方も感想も変わってくると思うので
    違う目線でもう一度読み返してみたい。

  • 離婚した妻と暮らす14歳の息子が同級生を殺した。建設会社での仕事も順調で、部下である恋人との再婚も間近という順風満帆な人生を歩んでいた主人公に突然訪れる事件。
    序盤は自分への被害がなるべく少なくなるようにとか、なるべく職場にバレないようにと考える主人公が妙にリアル。
    息子がどうして同級生を殺してしまったのかが明らかになっていく過程も読み応えあるが、本作のメインは加害者である息子がどうやって罪を償うのか主人公が悩むところであろう。もちろん答えなんてなく、とても重い結末だった。
    被害者少年は、殺されたこと自体はかわいそうではあるが、自業自得な側面も感じてしまう。そういう意味でもスッキリしない終わらせ方だったが、逆に真実味がある。

  • 一気読み。物事の良し悪しとは別に、子供がどうしてそんなことをしたのかを考えるのが親だ、という一文が深く印象に残った。読後感爽やか、ではないけど、読んでよかったなと思います。

  • 少年犯罪の本は色々読んで来たけど、容疑者側の本ははじめて読んだ。思春期の息子との向き合い方、私もしっかりしなくてはと思える本だった。
    他人事じゃなく、いつどの立場に自分がなるか解らない!と真剣に読んだ。

全69件中 1 - 10件を表示

Aではない君と (講談社文庫)のその他の作品

Aではない君と 単行本 Aではない君と 薬丸岳

薬丸岳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
東野 圭吾
湊 かなえ
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

Aではない君と (講談社文庫)に関連する談話室の質問

Aではない君と (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする