決戦!関ヶ原 (講談社文庫)

  • 講談社
3.76
  • (7)
  • (16)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 138
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062937160

作品紹介・あらすじ

慶長五年九月十五日(一六〇〇年十月二十一日)。天下分け目の関ヶ原の戦いが勃発。人気作家が散陣、話題の競作長編ついに文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『決戦!関ヶ原』

    誰もが知る関ヶ原の戦い。
    4時間で決着がつき、そして最後の西軍 島津が退陣するまでが8時間。

    ●読みどころ
    1.関ヶ原
    家康と三成。
    戦い前に密談あり。
    互いの狙いは何か?

    2.戦終えての三成
    「勝者はいない。
     徳川も豊臣もそして毛利も、さらに私三成も全員   
     敗者なり。」
    その意図とは?

    3.織田信長弟 長益。兄に囚われた人生
     武勲無しの武将。
     最初で最後に近い戦いは家康方で。
     千利休の弟子であった長益。
     戦場で何を思えたか?

    4.島津義弘
     66歳。西軍の敗北が決まり、1500の兵で家康の   
     本陣3万人に向かう。
    「己の魂と引きかえに敵をうつ。」

    ●歴史好きではない私
    一人一人の武将を一人称で展開をする描写。
    それが臨場感をさらに駆り立てる。

    関ヶ原。

    舞台はひとつなれど、武将の想いは千差万別なり。
    想いのうらには、それまでの人生の曲折がある。

    兵どもの夢の跡。

    いまから約400年前に存在した史実には、まだまだ知らない物語がある。

    #読書好きなひとと繋がりたい

  • オムニバス『決戦シリーズ』から『関ケ原』。徳川家康、可児才蔵、織田有楽斎、宇喜多秀家、島津義弘、小早川秀秋、石田三成を伊東潤、上田秀人、葉室麟らが描く。なかでも、好んで信長の弟に生まれたわけではない有楽斎が境遇や環境に規定される悲哀、偉大な父を持った二世の辛さと闘い続けた宇喜多秀家に想いを馳せる。裏切り者という印象しかなかった小早川秀秋が抱え続けた「生き延びるために、凡愚に徹する」生き方と最後の選択のふり幅に、知り、感じることの興を覚える。生か死か、奥歯噛み締め、それぞれに闘い続けた武将の姿に心震える。

  • 歴史小説は好きでこれは面白いと思って読んだが期待通りであった。7人の上手い書き手による人物ごとの短編である。それぞれが書き込まれているので、短編集にありがちな薄さ物足らなさはなかった。
    書き手の取り上げ方によって史実の見方を変えている所も興味深い。一番は「怪僧恵瓊」だった。
    このシリーズは追っかけたい。

  • 同時刻で起こったことが、様々な作家からの視点で、書かれている。もっと立体的になるかと期待して読んだ。新しい説での展開は良いが、ちょっとしっくりこない印象であった。

  • 関ヶ原の戦いを7人の武将の視点から、7人の小説家が描いたオムニバス短編。一つの事件でも、異なる立場から見たら別々の物語になる。ということを感じさせてくれる。

  • 先に「決戦!関ケ原2」を読んでしまったので、こちらも。
    今回は徳川家康(伊東潤)、可児才蔵(吉川永青)、織田有楽斎(天野純希)、宇喜多秀家(上田秀人)、島津義弘(矢野隆)、小早川秀秋(沖方丁)、石田三成(葉室麟)。

    2を読んだ時も感じたが、この戦いほど様々な思惑が交錯した戦いもないように思える。裏切りや傍観や致したかなく、という気持ちで参戦する者、戦いが終わった途端に保身や論功行賞に走る者、純粋に戦うことを突き詰める者、自分自身でなく自分の国をどう守るかに徹する者…。

    この戦いでの勝者と敗者ははっきりとあるものの、その後の人生や評価、あるいは自分自身が顧みての勝者と敗者はそれぞれで、何が勝ちで何が負けかは分からない。
    それらを七人の作家人が七様に描いてくれたのでどれも面白かった。
    個人的には安国寺恵瓊も面白そうな人物で、その後に別の人物像で描いてもらえないだろうかとも思った。

    この中では織田有楽斎や宇喜多秀家、小早川秀秋は面白かった。

  • おもしろすぎた

  • ありえないとも言い切れない設定、前提が面白い連作だった。冲方丁目当てで読んだが、どれも読み応え十分だった。

  • 誰もが知ってる関ヶ原の戦いを定説とは異なる視点で捉え、個々の武将を描いた短編集。
    関ヶ原の面白さは多数の有名武将の言動、最期そして各々が様々な思惑を抱えて参加し成立していたことにあると、実感した。
    関ヶ原はこれからも様々な解釈で表現される日本史の一大イベントである。
    映画を観に行く前に一読して良かったと思う。

  • それぞれの関ヶ原。勝つものがいれば、当然負けるものもいる。領土への野心のため。天下のため。家を守るため。戦う理由はひとそれぞれ。

    怪僧恵瓊の毛利に対する態度。家康と三成との結託。面白かったけど、人間的に好きになったのは小早川秀秋。徳川と豊臣との間で揺れながら米のことを考える姿がよい。幼少より秀秋のことを考える家臣がいたなら世間の評価はまた変わったものになったかもと思う。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年、北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2005年、「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞しデビュー。07年『銀漢の賦』で松本清張賞を受賞し絶賛を浴びる。09年『いのちなりけり』と『秋月記』で、10年『花や散るらん』で、11年『恋しぐれ』で、それぞれ直木賞候補となり、12年『蜩ノ記』で直木賞を受賞。著書は他に『実朝の首』『橘花抄』『川あかり』『散り椿』『さわらびの譜』『風花帖』『峠しぐれ』『春雷』『蒼天見ゆ』『天翔ける』『晴嵐の坂』など。2017年12月、惜しまれつつ逝去。

「2021年 『青嵐の坂』 で使われていた紹介文から引用しています。」

葉室麟の作品

決戦!関ヶ原 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×