虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社文庫)

著者 : 早坂吝
  • 講談社 (2017年9月13日発売)
3.79
  • (1)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062937511

作品紹介

『○○○○○○○○殺人事件』で鮮烈デビューした「奇才」による待望のメフィスト賞受賞第1作!上木らいちは援交をする高校生で名探偵でもある。殺人現場に残された12枚の遺体のカラーコピー、密室内で腕を切断され殺された教祖、隣人のストーカーによる盲点をつく手口――数々の難事件を自由奔放に解決するらいち。その驚くべき秘密が明かされる時、本格ミステリは新たな扉を開く! さらにパワーアップした傑作短編集登場。

虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よくもまあここまでエロネタを引っ張りながら、本格ミステリとしてまとめようとしたなと。だが最後の2話はあまりに唐突すぎやしないか。取ってつけたような橙の章は調和を乱し、エロもない。

  • 『○×8』に続き、早坂作品二作目。エロミス?で面白かったw 個人的に赤と橙の章はいらない——。もし映像化したら観たいなぁ、無理だと思うけどw

  • 変なミステリだなというのが率直な感想だけれども、面白かった。          
    著者はとても変なお人なんだなぁということがうかがえる。     
    探偵要素は文句無しなので、援交要素にもっと厚みを持たせよう。

  • 援助交際をしてる女子高生探偵が様々な事件を解決する本格ミステリー。
    曜日ごとに決まった固定客がいて、それぞれの客にまつわる事件が起こるというのは題材として面白い。気軽に読めるミステリーとしてはよかった。
    ただ、最後の章(らいちの正体が語られる章)は微妙だった。とんでもない設定だ。

  • 虹の各色をタイトルに冠した、長め短めいろいろの七つの話が収められた短編集。
    一話ごとの「援交探偵」上木らいちの推理と活躍を楽しむのもさることながら、ラストのエピソードで、らいちの正体と謎について展開される怒涛のような論理と検証!?には、脳みそぐちゃぐちゃにかき回されました。

  • とにかくライトに読める!
    でも最後にわかるタイトルの意味。
    そーきたかーって感じ。

  • 「紫は移ろいゆくものの色」
    「藍は世界中のジーンズを染めている色」
    「青は海とマニキュアの色」
    「緑は推理小説御用達の色」
    「黄はお金の匂いの色」
    「橙は???の色」
    「赤は上木らいち自身の色」

    帯はなんとかしてほしいが、ミステリとしてなかなか。
    特に「青」はかなり面白かった。
    連作短編集としての作りは賛否両論ありそう。

  • 2017/09/19
    エロミステリかと思ったら、正体が多重で不確定なミステリだった。イカしてるぜ。

  • そうだった、こういう作者さんだった!
    と相変わらず、良い意味で呆れさせてくれるトリックたち。
    短編が続き、私と少し合わないのかおなか一杯になってきた。
    そして7章目。多重解決というか、とてもユニークなつくりでした。
    あくまで私の感覚に合わなかっただけで、☆3にしていますが、その試みは流石だし、各章を積み上げて、つなげていく労力は信じられない。
    というわけで、以降の作品も必ず追っていこうと思います。

  • シリーズ第2作。
    『援交探偵』という、ちょっと公の場では言いづらい名前がついているが、内容は相変わらずガチのミステリ。本書ノベルズ版が出た時には、最終章がかなり物議を醸したそうだが、成る程なぁ……。
    著者が『あとがき』で『安部公房やカフカなどの前衛小説が大好きだ』と書いているが、よく解る。
    それにしても、このシリーズの『エロ』って、かつての澁澤龍彦的『書斎のエロティシズム』に近いような気がする(要するに実用性はゼロw)。

全12件中 1 - 10件を表示

虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社文庫)のその他の作品

早坂吝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

虹の歯ブラシ 上木らいち発散 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする