一つ屋根の下の探偵たち (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
2.70
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062937597

作品紹介・あらすじ

「私は夢の中で推理をしていようと思う」
「探偵は人脈と根性ですよ!」
ユーモアミステリー&驚愕の謎解き!
奇妙奇天烈、摩訶不思議な「アリとキリギリス」事件! ――真相の解明が待たれる。

“なまけものの探偵”と“働きものの探偵”、二人の探偵とハウスシェアを始めた新人エッセイストの浅間修は、苦しい経済状況を打破するために、同居人の探偵捜査についてルポルタージュを書くことに。そんなとき、雑誌に「アリとキリギリス事件」の記事を発見。奇妙な密室で男が餓死し、その床にはアリの巣のような穴があいていたという。対象の事件は決まった。しかしルポに採用されるのは、一人だけ。勝負を面倒がる探偵・天火隷介(てんかれいすけ)を、真面目な探偵・町井唯人(ゆいと)が説得し、二人は対決することに。果たして真相に到達するのは探偵(アリ)か探偵(キリギリス)か、それとも?
京都大学推理小説研究会出身の著者による探偵小説、はじまりはじまり!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  プロットは面白いんだけど。。。

  • 超絶的なヒラメキをする探偵ではなく、地道な捜査をする探偵を描いているのである意味現実味があるんだけど、小説としてはちょっと物足りないかな。

  • 森川智喜作品新刊!!
    しかも男三人シェアハウス!!探偵探偵エッセイスト!!って、面白くないわけがない!!!
    と即決で買ったのですが、三途川のほうがとんでもなさ過ぎてなんだかパンチが弱く感じてしまった……
    三途川シリーズは一気読みしちゃうのですが今回は何回か中断。
    面白くないわけではなく、オチが気になって読み進めたので、次巻が出たらぜひ読みたいです。

  • ひどい作品である。

    まず、登場人物。
    一人は、ひらめきが弱く地道に捜査してはいるが、
    読者に状況を説明するためにいるとしか思えない存在。
    もう一人は都合良く寝てばかりで、
    物語を展開させたくない時は出さないのかと思わせるような、作者にとって非常に都合がいい存在。
    どちらも読んでいて興ざめな存在だ。

    そして、トリック。
    正直言って、小学生が考えたのかというような仕掛けだった。
    売り物にするレベルではない。

  • 奇妙奇天烈摩訶不思議な〈アリとキリギリス〉事件発生! 怠けものと働きものの二人の探偵とハウスシェアを始めたライター浅間は彼らを対決させルポを書くことに。密室で男が餓死し、床にアリの巣状の穴があいていた〈アリとキリギリス〉事件、果たして勝つのはどちらか!?

全5件中 1 - 5件を表示

一つ屋根の下の探偵たち (講談社文庫)のその他の作品

森川智喜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

一つ屋根の下の探偵たち (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする