大沢在昌 選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎010 (講談社文庫)

制作 : 日本推理作家協会 
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062937634

作品紹介・あらすじ

大沢在昌がセレクトした仁木悦子、戸板康二、小林久三、小池真理子、高橋克彦、泡坂妻夫、若竹七海、小林泰三、魅惑の8編豪華収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018年2月23日読了。大沢在昌選によるミステリ短編セレクション。各種賞の選考委員を務め自らもミステリの書き手である氏だけに、どの短編も「死人が密室で見つかった」という(ミステリ的に)ありふれた状況でない・ありそうだけれど特殊な状況で始まり、最後にしんみり・ほっこりしたオチをつけ、かつ書き手の技巧にうならされて最初から読み直したくなる、ような作品が揃っており楽しませてもらった。小林泰三「獣の記憶」のような他とテイストの違うものもあり、ラストに若竹七海のほっこり大正ロマン(かつすこぶる技巧的)な作を置く当たり、構成も考えられている。芝居や美術品の世界に取材した作品もあり、ミステリとはどのような設定でもできるもので、またいろんな表現がありうるもので、ほんまに面白いものだと改めて思わされた。

  • 日本ミステリーの真髄が集結! 屈指の読み手、大沢在昌が70年代、80年代、90年代の傑作短編から厳選した究極のアンソロジー。小池真理子、戸板康二、小林久三、仁木悦子、小林泰三、高橋克彦、泡坂妻夫、若竹七海、魅惑の8編を豪華収録。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

一般社団法人日本推理作家協会。推理文芸の普及・発展を目的とし、日本推理作家協会賞、江戸川乱歩賞の授賞、「推理小説年鑑」などの編纂、機関誌の発行などを主な事業とする。

「2017年 『推理作家謎友録 日本推理作家協会70周年記念エッセイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする