罪責の神々 リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)

制作 : 古沢 嘉通 
  • 講談社
3.73
  • (2)
  • (12)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062937764

作品紹介・あらすじ

依頼人アンドレ・ラコッセは殺害容疑で逮捕されていた。女性を絞殺し、証拠隠滅をはかって火を放ったのだという。かつての依頼人デイトンが名前を変え、ロスに戻り、娼婦に復帰し、殺されていたとは意外だった。ハラーは、ラコッセの弁護を引き受けることにした。事件を独自に調査した結果、ラコッセは本人の言うように無実であり、何者かにはめられたのだとハラーは確信する。
  悪徳捜査官マルコは違法な捜査方法で、実績をあげることを平気でやってのける人間だった。 終身刑判決無効の申し立てをおこなわせ、デイトンを証人として召喚しようという動きを知ったマルコが先手を打って、デイトンの口封じをさせたのだった。
 当局側の人間として事前に情報を知る有利な立場から、マルコとはハラーの先回りをして、証拠や証人潰しをつづけていく……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この種の海外ミステリーのよくない点として、前作から間が空き、最初は少し入り込みづらい点がある。本書も同様だが、少し読み進めると違和感はなくなり、コナリーのページターナーぶりが遺憾なく発揮されている。衝撃の展開もあり、下巻に期待大。

  •  マイクル・コナリーは、デビュー以来追い続けている作家の一人である。まず外れがないということもあるが、読んでいて安心感がある。ハリー・ボッシュ・シリーズもミッキー・ハラー・シリーズも、どれほどの苦難に曝されようと、それを上回る胆力と知力とで相手を打ち負かす。その知略の対決が常に凝りに凝ったプロットで固められたページターナーとしての作品力も素晴らしいが、またその主人公である刑事や弁護士の個性を構築してゆく力も凄い。決してタフで強いの一辺倒ではなく、人間味溢れる優しさ、悲しみ、慈しみ、迷い、そして生活感がいつもそこにある。

     そうしたシリーズのバランスを保ちながら安定して傑作を描き続ける作家がコナリーである。そして彼の作品は決して色褪せない。新作が出るたびに驚きに満ちた設定で物語がスタートされるので、一度はまり込んでしまったら、この緊迫感溢れるストーリーから目が離せない。コナリーの作品を読む時間が始まると、さしたる時間をかけずにいつも最終ページに辿り着き、満足の溜息を吐いている。

     本作もミッキー・ハラーが引き受けた弁護事件に物語は始まる。ハラーの容疑者は直観的にはシロで間違いないのだが、それ以上に驚かされるのは、被害者がハラーがかつて何度も助けたことのある娼婦グロリア・デイトンだったのだ。足を洗ったはずのグロリアが名を変えて娼婦に舞い戻り、そして容疑者に、自分の身に何かがあったらハラーに助けを求めるよう助言を残していたという。

     いわくありげなスタートと、もう一つの裁判に関わるノワール要素の強いキャラクターが絡んでくる。獄中にいる老弁護士とその継承者である法律経験に未熟な息子、また同じ刑務所に終身刑で収監されている大物麻薬密売人の影。そしてちらつくのが麻薬取締局の捜査官の不敵な影。

     そんな緊張感の中で描かれてゆくのが、活き活きとした法廷シーン。まさにリーガルサスペンスの真骨頂と言うべき判事や検察官との駆け引き。また陪審員たちは本書のタイトル<罪責の神々>としてハラーの中で重要視される。彼を助ける弁護士事務所の個性的なスタッフとの文句ないチームプレーも読みどころであり、彼らとの少し絡み合った人間関係も物語世界に立体構造を与えてくれている。

     そしてハラーの今後を占う女性とのラブロマンスももちろん仕込まれているという大盤振る舞いのこの作品、訳者によれば、この後のハラー作品は書かれていないので、これが大団円となる最後の作品となる可能性があるとのことである。ボッシュと並んでのWシリーズの翻訳をずっと引き受けて見事な仕事をしている古沢嘉通さんは、昔、ぼくがパソコン通信のNifty冒険小説フォーラムのSYSOPをしていた時代の知人の一人である。一度は彼の活躍する大阪で酒杯も交わした人なので、今さらながらに嬉しく、その活躍は現在も頼もしい限りである。

  • 前回から色々な事があってやっぱり弁護士をしているという設定なので最初は「あれっ」と思ったが、相変わらずの辣腕ぶりで楽しめた。

  • アメリカの法廷ものは、手続きとかの描写が結構煩雑。最近とみに横文字の登場人物名が覚えられなくなって(トホホ)、三分の一くらいまではちょっと苦労しながら読んだ。だんだん流れに乗って、さあ後半はどうくるか。

  • 依頼人アンドレ・ラコースは殺害容疑で逮捕されていた。女性を絞殺し、証拠隠滅をはかって火を放ったのだという。かつての依頼人デイトンが名前を変え、ロスに戻り、娼婦に復帰し、殺されていたとは意外だった。ハラーは、ラコースの弁護を引き受けることにした。事件を独自に調査した結果、ラコースは本人の言うように無実であり、何者かにはめられたのだとハラーは確信する。

    シリーズ第五作。アマゾンのあらすじを引用したが、上巻ですでにネタバレしていたので、そこは割愛しました。

  • レビューは下巻にて。

  • 主人公が元の貧乏弁護士に戻っている。
    前作の流れなんだが前作はどんな内容だったかな。

    下巻のカタルシスに向かって弓を引き絞っている感じ。

  • また家族と疎遠になっているのか。

  • 11月18日読了。図書館。

  • マイクル・コナリー『罪責の神々 リンカーン弁護士(上)』講談社文庫。

    シリーズ第5弾。安定、安心の面白さ。

    リンカーン弁護士こと、ミッキー・ハラーは売春婦殺害容疑で逮捕されたポン引き、ラコースから弁護依頼を受ける。被害者の売春婦はハラーが何度も窮地を救ったことのある、かつての依頼人グロリアだった…

    続きが気になる。下巻に急ぎたい。

全11件中 1 - 10件を表示

罪責の神々 リンカーン弁護士(上) (講談社文庫)のその他の作品

マイクル・コナリーの作品

ツイートする