大江戸怪談どたんばたん(土壇場譚) 魂豆腐 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062937825

作品紹介・あらすじ

1篇5分で身も凍る。怖気、滑稽さ、ノスタルジー。これぞ日本の怪!!
 
泥酔すると豹変して寺の鈴緒にぶら下がる男、露天で買った亀の甲羅に息子が閉じ込められ半狂乱となる父、自らの水子の霊に祟られて大好物の饅頭を絶ち供養する飯盛女、小塚原刑場に曝される生首女の口を吸う男……そこはかとない怖気と滑稽さが背筋を摩る大凶評江戸奇譚、怒濤の33連発。

書き下ろしに加え『大江戸怪談草紙 井戸端婢子』 (竹書房文庫) 』の半分と「IN・POCKET」連載を加えた講談社文庫オリジナル。

江戸というノスタルジックな舞台を借りると普段は書きづらい人情や友情、人の哀れみや苦悩がてらいなく描けました。掌に収まってしまうような怪談から刺戟の強いものまで様々に取り揃えましたので、ぜひお手にとって下さいませ。―平山夢明

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 怖気、滑稽さ、ノスタルジー。これぞ日本の怪!! 泥酔すると豹変して寺の鈴緒にぶら下がる男、自らの水子の霊に祟られて大好物の饅頭を絶ち供養する飯盛女、小塚原刑場に曝される生首女の口を吸う男……そこはかとない怖気と滑稽さが背筋を摩る江戸奇譚集!

  • 平山さんが書く実話系ホラー作品の時代物版、第2弾。

    前作と同じく、怖いなと思う話は少ない。
    時代物ならではの説明のつかない不思議な話、と言った方がいいかもしれない。

    ハートウォームな話が多くて、でもそれがまた良かったかも。
    味噌たろうの話が好き。

  • 2018年、14冊目は、主に隙間読書用にしていた、平山夢明。実話怪談系のネタをお江戸の時代に引越しさせた、大江戸怪談のPt.2。

    今回はPt.1よりさらに、鬼畜度、グロ度は低め。ラストの「尿童」が少しソチラより。「人面疔」「髪賽銭」等のブラック系も少なめ。どちらかと言うと、「ふところ鏡」「狸の駄賃」「見舞い」等のファンタジー的人情話的なモノが多めの印象。

    単純にゾクりとしたいなら、普通の実話怪談系の方がイイでしょう。ただ、あくまで個人的に、ソレよりは、少しだけ読み物としての面白さが上。一方、なかなか、大きなインパクト残せるモノが出ないのも事実。「本溺れ」のオチは大好物だけどね。

  •  講談社文庫オリジナルの、江戸の怪談集だそうである。年の瀬に何とも季節外れだが、平山夢明さんの新刊なら、手に取ろうではないか。

     全33編も収録しており、1編1編は短い。平山作品らしいきついグロ描写はほとんどなく、怒涛の如く読めてしまう。宮部みゆきさんの怪談集に混ぜてもわからなそうな作品が多い。その点が意外でもあり、拍子抜けでもあった。

     「放ち亀」なのに、なぜ放さなかった…。なぜかコミカルな「人面疔」。旦那が偉かった「ままねき猫児」。「一回こっきりの」大技か。ひねくれた彫師のなれの果て、「犬猿」。怪談の定番アイテムがこんな話に、「ふところ鏡」。

     成仏してくれ「狸の駄賃」。それは福の神だったのか「茶子」。江戸の世でも「漏洩」はあるのねえ。酒はほどほどに「吊り鈴」。「石主」はお家のご神体か。読書好きでも遠慮したい「忌本会」。それでも愛せるか「貝児」。あのネタ?「雨影」。

     何だか味がある「怪異二題」。読書好きでも「本溺れ」には注意。「見舞い」の結末は悲しかった。その程度で済んでよかったな「頭駕籠」。そりゃそうだ「浮小判」。恐怖の「捨て草履」の由来とは。「横綱」の強さの源とは。有名落語とは関係ねえ「饅頭怖い」。

     狸のあれがネタの「狐狸狢二題」。「すんでの箒」に気をつけろ。平山作品らしく、いじめ描写が酷い「髪賽銭」。よく耐えたな…。「味噌たろう」に幸あれ。欲張りが「ぎこ回し」をすると…。「小塚原」で肝試しとは、無謀というか何というか。

     「魂豆腐」にあやかりたいものだ。「心魚」は見抜いていた。最後に平山節全開な「尿童」。武士の横暴といい、スプラッター描写といい、平山さん本来の作風だが、全33編の中では思い切り浮いているのだった。

     どちらかというと、人情寄りの作品集だっただろうか。人情ものっぽい作品の前例がないわけではないが、インパクトには欠けるというのが正直な感想である。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ひらやま・ゆめあき
1961年、神奈川県生まれ。デルモンテ平山名義で、映画・ビデオ批評から執筆活動をスタートし、1996年、『SINKER―沈むもの』で小説家としてデビュー。2006年、短編「独白するユニバーサル横メルカトル」で、第59回日本推理作家協会賞を受賞。また、同作を表題作とした短編集は、2007年版「このミステリーがすごい!」で1位を獲得。2010年、『ダイナー』で第31回吉川英治文学新人賞候補、第28回日本冒険小説協会大賞、翌2011年に第13回大藪春彦賞を受賞。近著に『或るろくでなしの死』『暗くて静かでロックな娘(チャンネー)』『こめかみ草紙 歪み』『デブを捨てに』『ヤギより上、猿より下』などがある。

「2017年 『大江戸怪談どたんばたん(土壇場譚) 魂豆腐』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平山夢明の作品

ツイートする