きれいな色とことば (講談社文庫)

  • 講談社
4.00
  • (9)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 190
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062938846

作品紹介・あらすじ

心の動くところから、しゃぼんの虹のようにたくさんの色が生まれてくる。読むたびあたたかい色に包まれる宝箱のようなエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 心がかなしいところから抜け出せずにぐるぐるしてしまうとき、いつもおーなり由子さんの本に救ってもらっています。おーなりさんのように豊かな心で世界を見ることが出来たら素敵。その視線の行方をほんのすこし見せてもらえた気分で読了しました。ざわざわしていた心がいつのまにか落ち着きを取り戻している。何気ない日常を色とりどりに輝かせることが出来るのは自分次第だと改めて気づかされます。

  • 普段見ている景色や生活の中で感じる音や空気、出会う人たち
    色んなものに対して、特別に、大切に思える本でした。こんな風に色と素敵な言葉で表せる作者さんはきっと素敵な方なんだと思います。

  • 色を見つめるエッセイ集。
    あったかい気持ちになるイラストが素敵。このエッセイ集をさらに凝縮したのが「ことばのかたち」かな?
    「水のようなひと」が好き。
    みんな、長所と短所があるよね、なんて再確認。私はどんな人に見えているのだろう。沼、水は近い気がする。土、風もあるな。岩もそうか?自分の中にたくさんの自然を蓄えておきたい。

  • 心は毎日毎日うまれかわる。すきな色になっていいよ

    ある日、知る。わたしに、世界に色があることを。かなしみを受け入れられず、それが怒りに変わるとき。晴れた空がうれしくて、何にでも感謝したいとき。みずみずしい感性でつづる、色とことばに満ちたエッセイ集。


  • cafeに置いてあった本
    そのとき気持ちが落ちていて本とか趣味が皆無だったような気がするんだけどすっと入ってきた本

    続きが読みたくてやんわり探してるけど
    またどこかで出会えたらいいなって思ってる本

    大切な人に読んで欲しい本



    好きです


  • 漫画家であり絵本作家であるおーなり由子さんのエッセイ。

    水彩イラストの挿絵がとても綺麗で、話の内容ともとてもマッチしています。

    日常や子供の頃に経験した、沢山の、「色」と繋がったエピソード、思い出を綴ったエッセイなのだけど、詩的な印象も受ける、すーっと心に入ってくる美しい文章とイラストが魅力的。

    17歳の頃に見た、透明な青空の物語が印象的。どんな色だったんだろう。

    20年以上前に書いた文章に、2018年、イラストを新たに描き起こして文庫化した、とのこと。

    文中に登場する沢山の色が、どんな色だったのか、想像するのも楽しい。

    表紙も綺麗で、部屋に飾りました。こちら珍しく図書館ではなく、購入しました。

    私の尊敬するアスリート、スピードスケートの小平奈緒選手がSNSで紹介していた一冊。

    これからも、たまにはイラスト入りの本も読んでみよう。

  • おーなり由子さんから生まれてくる優しいことば。

    「祈りというのを色にしたら
     こんなだろうか」

    「わたしそのものを想う時、私はあの、
     たったひとりの、情けなくて、ばかばかしくて
     新鮮な、きらきらした時間のあるところにかえっていく。」

  • 色についての思い出や思いが詰まった素敵な本でした

  • なんでもない日常に、言葉に、景色に、出来事に色が灯りました。
    いつもの日常が、少しドラマチックになりました。

    彼女の感性を噛みしめるように読みました。
    彼女の感性で温かくなりました。
    彼女と私は違う色を想像しました。
    同じ景色を見ても、色が違っていいんだと思います。
    それが表現で、個性で、私の答えだから。

    『生まれてきたこの世界に、色というものがあってよかったなぁ、と思う(文中より)』

  • 新装版。雑誌のオススメか何かでみて、絶版していたのを古本屋で探して購入したなぁ。新刊ででてくれてうれしいです。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

絵本作家。作品に「だんだんおかあさんになっていく」(PHP研究所)、「ひらがな暦」「モモ」「幸福な質問」(新潮社)、「365日のスプーン」(大和書房)、「空からふるもの」(白泉社)、「空のうた」(角川書店)、「きれいな色とことば」(大和書房/新潮文庫)などがある。

「2016年 『まてまてさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おーなり由子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トーンテレヘン
凪良 ゆう
恩田 陸
村田 沙耶香
瀬尾まいこ
ヨシタケシンス...
エラ・フランシス...
サン=テグジュペ...
辻村 深月
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×