新装版 ウロボロスの偽書(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.44
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062938921

作品紹介・あらすじ

リアリティと非現実感が交錯する!
竹本健治が連載を始めた本格推理に、いつのまにか埼玉で起こった女性連続殺人事件の、犯人を名乗る男の手記がまぎれこんでいた!現実と虚構の境界線はあいまいになり、事件は思わぬ展開に。私たちが暮らすこの世界もどこからどこまでが現実なのか、次第にあやふやになってくる、奇々怪々な超ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 綾辻行人、島田荘司、新保博久、etc...
    あれ? どこかで聞いたことある名前だぞ?
    と思ったらみんなミステリ作品にかかわる人たち。
     
    綾辻行人といえば『十角館の殺人』で知られるミステリ作家。
    島田荘司といえば全30巻にも及ぶ『御手洗潔シリーズ』で知られるこちらもミステリ作家。
    新保博久といえば江戸川乱歩に造詣が深いミステリ評論家。
     
    そんな人たちが実名(実ペンネーム?)で登場する本作品。
    彼らの周りで起こる連続猟奇殺人。
    やがて著者の竹本さんの作中作と現実の猟奇殺人がリンクして……
     
    後半どうなるか楽しみになってくる作品です。

  • 感想は下巻に

  • これといった感想なし。
    狂い壁、狂い窓が好きだったけど全然タイプが違う。

  • 下巻にて。

  • ミステリ作家が実名で登場する疑似推理小説の頂点!

    竹本が創作したはずの登場人物は現実世界に存在していた! 竹本のファンを名乗る少女の正体は? 綾辻たちの身辺に現れる黒ずくめの男は? 小説は作者の手を離れ、竹本の周辺でも次々と事件が起き始める。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1954年、兵庫県生まれ。22歳の時中井英夫の推薦を受け、雑誌「幻影城」に『匣の中の失楽』を長編連載、作家デビューする。2016年、数々のミステリ・ランキングに『涙香迷宮』が上位に入り、17年度第17回ミステリ大賞を小説部門で受賞。『囲碁殺人事件』ほかゲーム・シリーズ、「ウロボロス」シリーズ、『クレシェンド』『しあわせな死の桜』『凡虚学研究会』『腐食の惑星』等、著書多数。

「2022年 『狐火の辻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹本健治の作品

ツイートする
×