世界の果てのこどもたち (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.17
  • (25)
  • (20)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 249
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062939027

作品紹介・あらすじ

珠子、茉莉、美子――3人の少女は、戦時中の満州で出会った。何もかも違う3人は、とあることから確かな友情を築き上げる。やがて終戦が訪れ、3人はそれぞれの道を歩み始める。日本、中国で彼女たちはどう生きたのか。そして再び出会うことはあるのだろか――。2016年本屋大賞第3位に選ばれた、感涙の傑作、ついに文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 戦時中、満州で出会った3人の少女を巡る話です。

    高知から家族とともに来た珠子、朝鮮人の美子、横浜から来た茉莉。
    国籍を超えた友情で結ばれる少女たちですが、戦争が激しさを増すにつれ日本は追い詰められていき…
    3人はそれまで想像もつかなかった人生を送ることになります。

    珠子は終戦後中国戦争孤児に、美子は日本で朝鮮人差別を受け、茉莉は空襲で家族を失い…
    戦争という誰も逃げられない苦しみの中、必死で生き抜いた少女たちの人生とは。そして失った物と、そこから得た物とは?

    日中韓の関係の悪さは今でも度々問題になっていますが、この本を読んだらその理由が分かるかと思います。
    フィクションですが史実を基にしているため、当時の生活や貧しさがリアルに描かれています。

    3人が日本で再開した時、日本語が話せない珠子に衝撃を受けた美子と茉莉。
    母国の言葉さえ戦争で失われてしまったことはとてもショックでした。

    「戦争さえ無ければ」と、当時を生きた人たちはどんなに願ったでしょうか。
    今の平和な日本に感謝すると共に、二度と同じ歴史を繰り返してはいけないと思いました。




  • 三人の女性の幼少期から晩年までを綴った、史実を基にしたフィクション。戦争について描いた小説はたくさんありますが、一人一人の人生について、徹底した取材を基に、ここまでリアリティをもって物語る小説には初めて出会いました。

    中国残留孤児、戦争孤児、在日朝鮮人。知識としては知っていましたが、そういった人々が何を経験し、何を感じたのか、本当の意味では何も知らなかったのだと、この小説を通して改めて感じさせられました。作者の筆致は淡々としていますが、そこに語られる事実の壮絶さに圧倒されますし、胸が痛くなります。そして、戦争が個の人生を否が応にも変えていってしまうその無慈悲さを、ただそうであるものとして描き出そうとしている作者の覚悟にも、感服させられます。

    三人の主人公の人生が一瞬交錯して、物語の最後にまた繋がる展開は、人と人が国籍や思想を越えて、繋がることができるかもしれないという希望を描き出しています。もちろん、その道のりは並大抵のものではないのですが…。戦争に翻弄されながらも、そこで生きていこうとする人々の人生を濃密に描き出した本作品。たくさんの人に読んでもらえるといいなと思いました。

  • 涙と怒りしかない本でした。次のページが不安でずっとドキドキしながら読みました。生きて3人が再び会うことができて本当に良かった。
    自民党の国会議員の方々や自民党支持者の皆さんは、この本を読んでも、憲法を改正して日本も戦争をできるように変えるべきだと言うのでしょうか。デモやTwitterでヘイトスピーチ、差別発言を続けるのでしょうか。我々日本人も、いつまで忘れることの得意な民族を演じ続けるのでしょうか。忘れて無かったことにしてしまうのでしょうか。

  • この作者、初読み。裏表紙に2016年本屋大賞第3位とあったけれど、それ以外はどういう本かも知らずに読み始める。

    開拓団として満州に渡り、敗戦で日本へ逃げ帰る途中、攫われて中国人夫婦に買われた珠子。
    横浜での何不自由ない生活から空襲で父母を亡くし養護施設に預けられる茉莉。
    朝鮮半島で生まれて満州から日本へと流れ、終戦後もそのまま日本で暮らし続ける美子。
    生まれも育ちも異なる3人が、一瞬だけ満州で交わり、その時の記憶を胸にその後の苛烈な人生を生き抜く。

    大きな歴史の流れを辿りながら3人の生きた様を語る話は少し駆け足の感はあるが、それでも当時の過酷な状況が余さず描かれ、こうした人々の人生の上に今日があることが良く知れた。
    中国残留孤児となった珠子や在日朝鮮人と呼ばれる美子を見れば、“○○人”とは、ということについて改めて考えさせられた。

  • 昭和18年9月の終わり、珠子は満州についた。
    ふるさとは貧しくて、国策としての満州開拓団に強制的に入団させられたのだ。
    城壁に囲まれた土地ではあったが、地味豊かな満州の土地で、ようやく彼らはお腹いっぱい食べることができたのだった。

    美子は朝鮮に生まれたが、日本の支配下にあった朝鮮で、朝鮮人が豊かに暮らすことはできなかった。
    父が満州に仕事を探しに行っていた数年間、美子は母と二人で毎日働きづめに働いて、ようやくコーリャンの薄いおかゆをすすれるような暮らしだった。
    やっと父が迎えに来て家族で満州に移住。
    日本人たちのそばで日本人と同じように学校に通い、そこで珠子と友だちになった。

    茉莉は横浜の貿易商の家に生まれ、着るもの食べるもの何一つ不自由をしたことのない暮らしだった。
    欲しいと思う前にすべてを与えられ、愛情たっぷりに育てられた茉莉は、お産を控えた母が面倒を見られないので、満州を視察する父についてきて、そこで珠子や美子と出会った。

    3人が大人に内緒で遠出をした時、疲れて眠りこけている間に天気が急変し、川が氾濫し橋は流され、そんな中、3人はたった一つのおにぎりを分け合い夜を過ごしたのだった。
    それは彼女たちの長い長い生涯のなかのほんの短い時間だったけれど、この出会いが今後の辛い人生の中で彼女たちの精神的な支えになった。

    終戦後、引き上げ途中で中国人にさらわれ売られた珠子。
    終戦前に日本に戻ったけれども、いわれなき差別を受け続ける美子。
    横浜大空襲で家も家族もすべてを失った茉莉。

    読んでいて辛くて辛くてしょうがなかった。
    戦争は子どもだろうと年寄りだろうと病人だろうとお構いなしに、というよりも弱者により激しく試練を与える。
    大人が子どもを食い物にし、自分が生き延びるために他人を踏みつける。
    抵抗できず、目を逸らすことも出来ずにそれを見る子どもたち。

    戦争中よりも、戦後の生活の方が辛い。
    日本人であることを忘れ、中国人として過ごしていた珠子が、後年、中国残留孤児として日本に帰って来るが、日本語を話せない彼女たちは働こうにも職種が限られる。
    せっかく家族と再会できても、会話を交わすことすらできない。

    空襲から一人生き残った茉莉は、近所の人たちに畑の野菜を奪われ、防空壕に隠していた家財道具いっさいも奪われ、手に握りしめていた一粒のキャラメルすら大人に奪われたことが一生残る心の傷となった。
    しかし反面、戦争に巻き込まれて死んでいった家族のことを思う時、自分だけが幸せになることができず、プロポーズを断る。

    戦争が終わっても、ずっとずっと戦争の影が彼女たちを追いかける。
    どこまで傷つけられなければならないのか、苦しくて悔しくて、読みながら唇をかみしめる。

    だけど彼女たちは、少なくとも家族に愛されて育った過去がある。
    だから生きてこられたのだと思う。
    そしてたった一度、3人がひとつのおにぎりを分け合ったこと。
    一人占めせず、小さい子に多く分けて食べたおにぎり。

    茉莉の生き方に頭が下がる。
    戦後、弱者として虐げられながらも決して俯くことなく胸を張る。
    同じ状況に陥ったら、私はこう強く生きて行けるだろうか。
    真っ先に死んでしまうか、それともあさましい行いをしてしまうのか。

    どんな大義名分があろうとも、弱いというだけで踏みつけられる世の中は間違っていると強く思った。
    ネタバレし過ぎと思われるかもしれませんが、ネタではなく、この作品の世界すべてをまるごと味わっていただきたいと思いました。

  • 2016年本屋大賞第3位の作品。同じ作者さんの「神に守られた島」が良かったので、読んでみた。
    このお話は、第二次世界大戦中の満州で出会った3人の女の子の、幼少から老年までのそれぞれの人生を描いている。中国残留孤児、在日朝鮮人、戦争孤児という、時代の流れに巻き込まれた人たちの生きざまが切々と描かれていて、こういう歴史小説を読むと、自分が何も知らずに幸せな時代に生きてきたことを実感する。
    内容のほとんどはつらく、悲しいものだが、それでも強く生きようとする主人公たちに感動した。

  • 珠子、茉莉、美子、それぞれが戦中〜戦後で、現代では考えられないような苦難を味わう。そんな中で3人を助けたのは、苦難の中で優しくしてくれた人たちの思い出だった。優しくしてもらえた記憶は、人が辛いときにも歩みつづける支えになるし、また他の人にも優しくなることができる。そんなテーマがこの物語には一貫して描かれている気がした。

    実際にはそんなのは綺麗事で、辛い思い出の方がトラウマや恨みとして残ることの方が多いのかもしれない。今でも関連国間の問題は燻り続けているから、実際にそうなのだろう。

    でも他人から受けた優しさの方を、また違う他人、次の世代にしていくことを意識的にしていきたいと思う。親からもらった愛情は自分の子供に与えていきたい。その子がまた他の誰かに優しくできるように願いを込めて。。
    この先辛い思い出を抱えることになっても、優しさを連鎖させていくことができるようになりたいな。

  • 戦時下の満州で出会った出自の違う3人の少女。
    終戦を迎え、それぞれが数奇な運命を辿ることになる。

    再読。

    満州からの引き上げ時に残留孤児となった珠子、
    日本に渡り在日朝鮮人として生きることになった美子、
    家族を空襲で失い戦争孤児となった茉莉。

    10歳にもならない子供の辿ることになった運命は、想像を絶するもの。
    戦争に翻弄され、その被害者となった子供たちが沢山いた事を忘れてはいけないと思います。

    多くの人が読でもらいたい本、
    私も今後何度も手に取ると思います。

  • 高知の貧しい農家に生まれ、開拓移民の子供として満州に渡った。敗戦後、命からがら収容所に辿り着くも人買いにさらわれる。その後、子供のいない中国人夫婦に育てられ残留孤児となった珠子。
    皇民化政策によって日本の教育を受けて育った。やがて満州を追われ日本に逃げたが、終戦後に勃発した朝鮮戦争により帰る祖国をなくしてしまった美子。
    横浜の貿易商の裕福な家に生まれた。空襲で家族も可愛がってくれた隣人も亡くし一人、施設で育った茉莉。
    この三人の子供たちが一つのおむすびを分け合って食べた記憶が、思いやりと信頼の心を忘れずに生きて行く力となった。
    と、言うととても綺麗な物語のようだが、彼女たちの身に起こった事は耐え難く、戦争とはいえ人間は一つ間違えるととんでもなく酷い事をする生き物なのだと怖くなった。同じような境遇に置かれても結局、最後は人間性なのかもしれないけれど。

    子供の頃に離れ離れになった三人は、珠子が中国残留孤児の調査のため日本を訪れる事により再会する。日本の家族の事も日本語もすっかり忘れている珠子だったが、おむすびの記憶だけはちゃんと持っていた。戦争や憎しみは何も生まないけれど、思いやりや信頼は心の傷みを癒し、やがて乗り越える事が出来るというやはり美しい物語なのだろう。

    人々の生活や人格まで変えてしまう、誰も幸せにならなかった戦争は、いったい何のため誰のためだったのだろう。それほど遠くない過去だというのに。

  • 途中読み進めるのが辛くなりながらも、
    『読まなければならない』という気持ちに押されながら一気に読み終えた。

    この本を皆が読めば戦争も差別もなくなるのにな。
    自分の子供たちにも読み継いでもらいたい一冊。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

徳島県生まれ、高知県育ち。高校在学中に『魚のように』で第2回坊っちゃん文学賞を受賞し、17歳でデビュー。2013年『きみはいい子』で第28回坪田譲治文学賞を受賞、第1回静岡書店大賞第1位、第10回本屋大賞第4位。2014年『わたしをみつけて』で第27回山本周五郎賞候補。2016年『世界の果てのこどもたち』で第37回吉川英治文学新人賞候補、第13回本屋大賞第3位。『こりゃまてまて』『女の子の昔話』『つるかめつるかめ』など、絵本や昔話の再話も手掛ける。本書の舞台となった沖永良部島の風景と島唄を紹介する写真集『神の島のうた』(写真/葛西亜理沙)ほか、著書多数。

「2020年 『神の島のこどもたち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中脇初枝の作品

世界の果てのこどもたち (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×