変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)

  • 講談社
4.00
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 104
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062939140

作品紹介・あらすじ

気鋭の翻訳家、岸本佐知子氏が「変な愛」を描いた小説ばかりを集め訳したアンソロジー。翻訳アンソロジーとしては異例の人気シリーズとなった、前作に続く日本版。
「変愛は純愛。日本の作品にも、すばらしい変愛小説がたくさんあることに気がつき」、「ここ日本こそが世界のヘンアイの首都であると思え」たという岸本氏が選んだ、現代の恋愛小説の名手による、変てこだったりグロテスクだったり極端だったりする、究極に純度の高い愛のアンソロジー。

「形見」 川上弘美
「韋駄天どこまでも」 多和田葉子
「藁の夫」 本谷有希子
「トリプル」 村田沙耶香
「ほくろ毛」 吉田知子
「逆毛のトメ」 深堀 骨
「カウンターイルミネーション」 安藤桃子
「梯子の上から世界は何度だって生まれ変わる」 吉田篤弘
「男鹿」 小池昌代
「クエルボ」 星野智幸
「ニューヨーク、ニューヨーク」 津島佑子

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 期待通り、いや、期待以上に
    変な作品がつぎつぎとびだしてきた。
    「変」と一口に言っても、こんなに様々で豊かなのだなと
    感心しきり。

  • 『ご本、出しときますね?』で紹介された本。「変態」をテーマに。

  • 変な恋愛話がいっぱい。どれもこれも違うふうにへんてこで、違うふうにおもしろい。

  • このアンソロジー、読んだ人によって、好きになる作品が違うだろうし、好きな変愛も違うのかなって思いながら読んでました。

    私が好きだったのは、以下の作家さん方。(本に入ってる順に)

    多和田葉子さん。多和田さんの作品はどれを読んでも「ことば」にさわれる喜びがあるけど、ここに入ってる作品は「文字」にさわられる悦びがあるなって感じ。どっちかって言うと。才能がやっぱりすごい。

    吉田知子さん。初めて読んだ、吉田さん。四十代くらいの方が書いた作品だと思ったら、おばあさんだったのでびっくりしました。「若い」って見てくれとかじゃなくって、こういうの書ける感性のことだと思います。

    小池昌代さん。小池さんの存在は知っていたけど、小池さんも読むのは初めてであり、このアンソロジーの中では一番『男鹿』が好きでした。小池さん、他の本も読む。ぜんぶ読む。絶対。

    そして、津島佑子さん。トヨ子は私です。別に昨年からストレスで七キロ太ったからってわけじゃなくて、トヨ子みたいに必死で生きてます。状況は違っても、あんな風に、今やこれから先、生きてる間は生きてます。

    素晴らしいアンソロジーをありがとう、岸本佐知子さん。

  • 恋愛ではなく「変」愛を集めたアンソロジー。 
    どこへゆくやら全くわからない。
    予想も付かない展開、意味さえわからなくなるけれど、なぜか読むのを止められない引力。
    奇妙な、強烈な印象を残す読後感です。
    面白かった。

  • いくつか読んだことがある作品も収録されていましたが、今までの愛に対する見方を思いっきり揺さぶられる一冊であることは間違いなし。
    どれもこれもお勧め?
    「韋駄天どこまでも」は漢字遊びの要素なので、編者も書いているように翻訳は超絶技巧が必要だなぁ。
    単行本にしか収録されていない作品があるそうなので、単行本も読まねば。

  • 出たー!祝文庫化!!

    講談社のPR
    気鋭の翻訳家、岸本佐知子氏が「変な愛」を描いた小説ばかりを集め訳したアンソロジー。翻訳アンソロジーとしては異例の人気シリーズとなった、前作に続く日本版。
    「変愛は純愛。日本の作品にも、すばらしい変愛小説がたくさんあることに気がつき」、「ここ日本こそが世界のヘンアイの首都であると思え」たという岸本氏が選んだ、現代の恋愛小説の名手による、変てこだったりグロテスクだったり極端だったりする、究極に純度の高い愛のアンソロジー。

    「形見」 川上弘美
    「韋駄天どこまでも」 多和田葉子
    「藁の夫」 本谷有希子
    「トリプル」 村田沙耶香
    「ほくろ毛」 吉田知子
    「逆毛のトメ」 深堀 骨
    「カウンターイルミネーション」 安藤桃子
    「梯子の上から世界は何度だって生まれ変わる」 吉田篤弘
    「男鹿」 小池昌代
    「クエルボ」 星野智幸
    「ニューヨーク、ニューヨーク」 津島佑子
    http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000212885

  • 単行本を持っているので再読。
    文庫化で収録されなかったものがあるのと、文芸文庫の『群像短篇名作選』3巻とのダブりがあったのが残念ではあるのだが、このアンソロジーは面白い。『韋駄天どこまでも』や『藁の夫』は何度読んでも好きだなぁ。

  • 一瞬、見間違いそうになるけれど「恋愛」ではなく「変愛」小説集。海外版のほうは読んでいないのだけれどこちらは日本作家編。好きな作家さんの名前が目白押しだったので迷わず手に取る。まったく知らなかった作家は深堀骨くらい。

    多和田葉子「韋駄天どこまでも」と村田沙耶香「トリプル」はそれぞれの作家の文庫で既読だったけど、漢字を分解する言葉遊びから始まって予想外の地平に疾走していく「韋駄天」は何度読んでもとても好き、カップル(二人組)ではなくトリプル(三人組)での恋愛が若者の間に流行する「トリプル」は何度読んでもいろいろと強烈。

    川上弘美「形見」は食料も子供も工場で生産される不思議なディストピア、本谷有希子「藁の夫」は文字通り藁で出来たシュールな夫との結婚生活が描かれており、夫が藁人形という不条理ファンタジー設定でありながら、藁のくせにいっぱしにエラそうな口を利く夫のリアリティのバランスが面白かった。

    吉田知子「ほくろ毛」、小池昌代「男鹿」は、見るからに変なことはおこらないにも関わらず日常がちょっとズレていく感じがさすがのベテランの余裕と安定感。「ほくろ毛」とはカラス繋がりの星野智幸「クエルボ」も、定年退職後居場所のない男のカラスへの共感が終盤で思いがけないことになり、なんというか、あちら側とこちら側の境界、ちょっとねじっただけでごく自然に移行してしまう不安定さを思わされた。

    「梯子の上から世界は何度だって生まれ変わる」は、電球交換士という職業や、風景画を吐き出す病気の女性という設定がいかにも吉田篤弘らしい。津島佑子「ニューヨーク、ニューヨーク」は、亡くなった元妻の思い出を辿る男の哀愁が良い。

    安藤桃子は作家というより映画監督の印象なので(妹・安藤サクラ主演の『0.5ミリ』は見た)どういう小説が出てくるのか全く予想がつかず、なんだかつかみきれないまま読み終えてしまったのだけど、南米文学風?なのかしら。

    異色だったのは私にとっては未知の作家だった深堀骨「逆毛のトメ」。とにかく奇人変人のオンパレードで、しかも主人公は、可愛いフランス人形風の顔立ちでありながら股間にワインのコルクを抜くための螺旋ネジをしこまれた人形、その名も「逆毛のトメ」という突拍子もない話。作風に馴染んでしまえばかなり楽しかった。

    ※収録作品(単行本には収録されていた木下古栗「天使たちの野合」は何か事情があり再録されなかったもよう)
    川上弘美「形見」/多和田葉子「韋駄天どこまでも」/本谷有希子「藁の夫」/村田沙耶香「トリプル」/吉田知子「ほくろ毛」/深堀骨「逆毛のトメ」/安藤桃子「カウンターイルミネーション」/吉田篤弘「梯子の上から世界は何度だって生まれ変わる」/小池昌代「男鹿」/星野智幸「クエルボ」/津島佑子「ニューヨーク、ニューヨーク」

  • 前代未聞の純愛アンソロジー

    藁でできている優しい夫。男女三人で行う正しいセックス……。豪華執筆陣が、奇妙で純粋で狂おしい愛の形を綴った11の物語。エッセイストとしても著名な翻訳者が編んだ伝説のアンソロジー、待望の日本版!

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年東京都生まれ。96年「蛇を踏む」で芥川賞、99年『神様』で紫式部文学賞とドゥマゴ文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞と女流文学賞、01年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、07年『真鶴』で芸術選奨、15年『水声』で読売文学賞、16年『大きな鳥にさらわれないよう』で泉鏡花文学賞を受賞。ほかに『龍宮』『光ってみえるもの、あれは』『ニシノユキヒコの恋と冒険』『ざらざら』『風花』『七夜物語』『猫を拾いに』など著書多数。

「2018年 『100万分の1回のねこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)のその他の作品

川上弘美の作品

変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする