彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (108)
  • (214)
  • (166)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 1924
レビュー : 193
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940030

作品紹介・あらすじ

ウォーカロン。「単独歩行者」と呼ばれる人工細胞で作られた生命体。人間との差はほとんどなく、容易に違いは識別できない。研究者のハギリは、何者かに命を狙われた。心当たりはなかった。彼を保護しに来たウグイによると、ウォーカロンと人間を識別するためのハギリの研究成果が襲撃理由ではないかとのことだが。人間性とは命とは何か問いかける、知性が予見する未来の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ウォーカロン(walk-alone)。「単独歩行者」と呼ばれる、人工細胞で作られた生命体。人間との差はほとんどなく、容易に違いは識別できない。
    研究者のハギリは、何者かに命を狙われた。心当たりはなかった。彼を保護しに来たウグイによると、ウォーカロンと人間を識別するためのハギリの研究成果が襲撃理由ではないかとのことだが。
    人間性とは命とは何か問いかける、知性が予見する未来の物語。
    「講談社タイガ」より

    AIだけでなくその先まで行っている内容.「人間とは」.究極には哲学なのかな.続きを読むことにする.

  • 面白かった!!!
    さすが森博嗣さん。
    「すべてがFになる」を読んで森さんの作り出す世界に、いつのまにか入り込み我が家の壁までが真っ白な研究室のそれに感じたくらい一気に読んだ、あの感覚が戻ってきました!!!
    いやぁ、、、面白かった。
    来たるべき未来。
    人間はウォーカロンという人工知性体を作り出し、苦役や単純作業、さらにはペットのような癒しの対象まで生活のあらゆる場面を担う「ロボット」?を作り出す。一方、自らの体は細胞交換で不死のように長生きする術を得るのだが子どもが生まれないという時代になるという設定なのです。
    「これって、かなり今の科学技術に対して警告を発しているよね」と思いながら読み進みます。
    「生きるとは何か」「死ぬと何か」そして「人間とは何か」なぜ人間でなければならないのか、、、などなど究極の質問を直球で投げてくる著者。
    読者である私はタジタジになりながら、ジャストミートを試みるも投げられたボールはみんなコロコロとあらぬ方向に転がっていくようなそんな不安を覚えながら読みました。
    それくらい、この本は哲学であり、心理学であり、医学であり工学でありそしてミステリーであるのです!
    途中の謎にも引き込まれるものがあり、
    全体として、話の進み方も計算されて、こなれています。
    が、
    そんな私でも最後の結びこそが森さんの伝えたかったことでは、と確信しました。
    それは、
    「結局のところ、人の心をどう捉えるかという問題に帰着する。生まれるとは、人間とは、社会は誰のものか、、、、、とりあえず暴力的な行為だけはやめてもらいたい。そんな非生産的なエネルギー消費は不合理だ、、、、、」。(要約です)

    今の世の中を穿つ言葉だとしみじみと思いながら本を閉じました。
    この本、多くの方が手にとって、それぞれの方がそれぞれの読み方をなさればいいな、、と思いながら今、レビューを書いています

  • 相変わらず ちょっとウンチクっぽいと言うか 小難しいと言うか…
    でも 不思議と 入り込んでしまう
    この 独特の世界観は 魅力的なのだ
    中毒性がありありなのだ (笑

  • 本屋に積んであった本書を見付ける。英語タイトル「Does She Walk Alone」に魅かれて購入。当然、「すべてはFになる」から百年女王に繋がる長い物語の秘密を期待して。

    P.k.ディックの「アンドロイドは電子羊の夢を見るか」が巻頭や各章の頭に引用されているが、この本にでてくるウォーカロンはレプリカントに似て、極めて人間に近い人工的に造られた人間。人はなかなか死ななくなっているが、子供は生まれなくなり、結婚や家庭もないような社会。いつのまにかウォーカロンが増えている。
    主人公のハギリが研究に没頭する描写が如何にも森先生。襲撃や登場人物からもたらせるドキドキの情報や事件も次々あるけれど、淡々として冷えた文体がファンとしては気持ちいい。

    現在の技術が進めば、ウォーカロンは兎も角、この小説に近い社会が到来するだろう。生命に意味はあるのか。培養や養殖ではいけないのか。真賀田四季なら意味はないというだろうな。それを僕は否定できるだろうか。続篇も読むしかないよね。

    百年女王のウォーカロンはこんなに人間ぽくなくってロボットに近い存在ではなかったと思う。ちょっと、考えちゃったな。
    読後思ったけど、一人歩く彼女って彼女のことだよね。

  • 黒幕はやっぱりあの人か。世界が変わりつつある現代にぴったりな近未来SFミステリ作品です。

    森博嗣さんのミステリを久しぶりに読みました。
    「すべてがFになる」などのこれまでの作品では強烈なキャラクタにストーリが引っ張られていく印象でしたが、本作では、それらがとても淡白。
    静かに世界の終焉に向かっていく近未来のディストピアが、淡々と語られています。
    こんな森博嗣があったのか、と驚かされます。

    まるで人と見分けがつかない人造人間(ウォーカロン)が世界に溢れている中で、じゃあ、人間の定義とは何か、という
    本質を探るライト科学ミステリといった様相です。
    SFではよく語られるテーマでありながら、主人公ハギリ先生の淡白な目線を通じて、独特な世界観が示されます。

    それにしてもハギリ先生のポンコツっぷりが凄い。
    世界の最先端の研究を黙々とこなす一流の研究者であるのは間違いなのだけど、博物館にいくと駄々をこねて暗殺者に狙われたり、勝手に街に繰り出して酔っ払ったり。そのたびに荒事を引き受けるウグイさんの苦労が偲ばれます。

    エンタテイメントとしてもバッチリ楽しめる良作。
    お家読書にぴったりです。

  • カテゴリを「ミステリ」で登録していましたが、読み終えて「SF」に変更しました。
    しかし、これも強いて入れるなら、という程度。森博嗣さんの作品は、ジャンルをカテゴリでくくるのが難しいのが多いですね。ご本人に言ったら「ジャンルでくくる必要がありますか?」って返されそうですが。
    リアル本棚ではジャンル「森博嗣」でひとつの本棚の半分くらいを占拠しております。
    本作も、ジャンルは「森博嗣」何だか、著者のシリーズ作品を全部まとめるシリーズになりそう。

  • Wシリーズ1作目.「ウォーカロン」と呼ばれる人工細胞で作られた生命体が普及したいつかの未来の物語.

    今はまだ非現実的な内容であるがとてもリアリティがある.矛盾がないので世界観に入り込めるし著者の考える成り行きが気になる.

    人間が”生きている”ことにどれだけの意味と価値があるのか.人間が消えてウォーカロンだけになったらそれはそれで新しい世界となるのか.ウォーカロンが人間に近づいているのか?人間がウォーカロンに近づいているのか?

    頭の回転が速い会話は心地良い.あとウグイ大好き.

    *2019.1 *2020.2

  • 2016/10/20読了。
    読み始めてすぐ、好きなテーマだな、と感じた。
    読み進めるにつれ、仮説が確信に変わっていった。生と死や、自然と人工の境界に関する哲学的なテーマに絡んだ物語で、読み応えがある。
    すぐに次の話が読みたくなった。

  • ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。

    http://sommelierofbooks.com/fiction_nonfiction/doesshewalkalone/

    正直、この森博嗣さんの小説『彼女は一人で歩くのか?』とストーリーの関係性が最後までよく分かりませんでした。

    それどころか、この小説『彼女は一人で歩くのか?』のおもしろさ、というのが個人的には伝わってきませんでした。

    死ななくなった人間に、人生における楽しみがあるのか? というのと同じで、この小説『彼女は一人で歩くのか?』の、小説としての楽しい部分、というのが最後までよく分かりませんでした。

    森博嗣さんの代表作『すべてがFになる』を読んだことがないので、今度はそちらを読んでみようかな。

    あ、英題を見て、タイトルの意味が理解できました。

    そういうことか、納得(ネタバレのため詳細は読んでみてください(^^ゞ)。

  • 森博嗣が帰ってきた。

全193件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

工学博士。1996年『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。怜悧で知的な作風で人気を博する。「S&Mシリーズ」「Vシリーズ」(ともに講談社文庫)などのミステリィのほか「Wシリーズ」(講談社タイガ)や『スカイ・クロラ』(中公文庫)などのSF作品、エッセィ、新書も多数刊行。

「2020年 『森メトリィの日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
森 博嗣
東野 圭吾
川上 未映子
宮下奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×