探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

著者 : 井上真偽
  • 講談社 (2017年5月18日発売)
3.82
  • (17)
  • (59)
  • (33)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :429
  • レビュー :48
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940719

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 探偵がなかなか出て来なくていつ出てくるのかなと読んでいたら、まさかの上巻の最後(笑)
    途中から橋田が探偵なんじゃないかと思ってた。
    だから探偵が出て来ないんだろうなと思ってたら、ちゃんと最後に満を持して出て来た。
    探偵こと千曲川光。
    この探偵のキャラ設定がまた面倒(笑)
    性別は男、心は女、性的嗜好は同性愛。
    つまり、身体は男だけど百合ってことだな。
    外だけ見たら普通の異性愛に見えるやつだ。
    そんな光は、かなり容赦ない。
    マユリの元彼の秀英はアナフィラキシーショックで病院送りにして、六強とコンビニ店員は毒蜘蛛に襲わせてやはり病院送り、メルリとのその手下は爆弾でメルリは右目がダメになって手下は左手がダメに…。
    トリック返しという異名を持つ光の手腕はなかなか辛口だ。
    ただこの有能な光と接するときの橋田は、なんというか光よりも立場が上というかもう少し高みにいるように思えたのが気に掛かった。
    橋田は一体何者なんだろうな。
    光とは古い知り合いみたいだけど、どんな関係なんだろう。
    謎が多い橋田だけど、ソンビに扮したところは笑った。

    それにしても一華は大変だな。
    約10人VS一華だもんな…。
    命がいくつあっても足りないな。
    下巻ではどうなるのかな。
    一華はちゃんと遺産を護り抜けるのかな?
    法要は無事に乗り切れるのか…。

  • 180328読了
    今年20冊目今月8冊目。

    未遂で解決するための糸口の張り方が面白いが、逆算して作ってるのかな。

  • たまーにこういうの読みたくなる。
    下巻へ

  • あんまりヘヴィーな本を読む気がせず、「おすすめ文庫王国」の国内ミステリー部門から、皆さんのレビューも良かったこの本にしてみた。
    なるほど、小さな違和感から予兆を嗅ぎ取り、事件を未然に防ぐ、ってか。なかなか面白いね。
    だけども、事件を起こそうとするほうが素人で、仕掛けがイマイチ締まらない感じがしつつ、大金持ちだったらもっとお金積んで暗殺者頼んだほうが良かろうてなどと思ったら、その〈トールマン〉もうまく嵌められてはお手上げね。
    敵の数はまだ多く、この調子でアイデアが続くのかしらんと、余計なお世話をしつつ、下巻へ。

  •  タイトルで選んだ作品。
    ユーモアのある描写が多く、容疑者がトリックを仕掛けるまでの一連の描写と事件が起こる前の探偵のトリック返しの場面は引き込まれる。また各人物も個性的で好み。
    終盤にやっと探偵が姿を現したと思ったら下巻に続くという展開だったので期待したいですね。

  • 事件が起こる前に解決する探偵の話。一つ一つの事件はその都度解決されているが、この人はどういう人だろうとか、最後はどうなるのだろうとか、まだ気になることがあるので下巻に続く。
    2017/12/19

  • 出張先のホテル(公共の宿)は、宿泊者にも本を貸してくれる
    この町はいい街だ
    でも、三冊も借りたもんだから寝たの3時・・・

  • 探偵が超絶すぎて、どうにも盛り上がらない。まぁそういうコンセプトなんだろうけど、ちょっとなぁ。

  • 普通なら事件が起こってから解決するのが普通の探偵。でも、この探偵は犯人がトリックを施すための材料を手に入れたりしたときの痕跡で事件を暴いてしまう。
    全体としては面白いけど、犯人側の名前が感じの当て字なので読みにくい上にキャラクターの人間関係が覚えにくい。最後のほうで、犯人達の事情が色々描かれているんだけど、頭に入ってこない。それさえなければなぁ。。。
    すっごい続きが気になる!ってほどでもなかったけど、次読むと思います。

  • 計画段階で犯人がわかるところが斬新。後編に期待。

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)のその他の作品

井上真偽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
青崎 有吾
米澤 穂信
恩田 陸
米澤 穂信
米澤 穂信
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする