探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

著者 : 井上真偽
  • 講談社 (2017年5月18日発売)
3.83
  • (17)
  • (59)
  • (32)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :428
  • レビュー :48
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940719

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 探偵が早すぎる。  
    そしてトリック返し。 
    洞察力、観察力、先見力。  
    探偵が早すぎる。

  • 殺人事件が起きる前にトリックを解明し、事件を起こさないばかりか、そのトリックをそのまま犯人にお見舞いする必殺技「トリック返し」を駆使する異色のミステリー。買ってから気づいたが、前々から気になっていた『その可能性はすでに考えた』の人だったらしい。思ったよりもライトな文体とポップなキャラクターで、ギャグも多く、非常に読みやすい。しかも、状況設定そのものは古典的な日本のミステリーにありがちな遺産相続にまつわる同族殺し……というのがなかなかシニカル。下巻を早く読みたい。

  • 今月の2冊目。今年の6冊目。

    下巻と比べると、新鮮さがあったぶんこちらのほうが面白かった感じがする。

  • 早すぎる(事件を未然に防ぐ)探偵のお話。初っ端から一華の相続した遺産額に、親戚達の名前に唖然。探偵だけでなく橋田も謎だらけ。しっぺ返しにはスッキリ。いよいよ本場の下巻へ。

  • 事件が起こる前に解決する探偵。
    後期エラリー問題を一気に解決できる探偵スタイルと怒涛の推理が非常に面白い。
    下巻へ。

  • 『「一応参考までに訊くけど、もし橋田が五兆円手に入れたとしたら、いったい何に使う?」
    「私ですか? 私なら、そうですね ー ひとまず、札束の海で泳ぎますかね」
    それって楽しいの?』

    「メルリ。俺クイズ解いたから、ご褒美にゲームやっていい?」
    「一人しりとりなら可」

    「メルリ。リンゴ。ゴメス。スルメ。メルリ…リンゴ。ゴメス。スルメ。メルリ…」
    「うるせえ!黙れ!」

    「ありがとう。だがすまない。占いは信じない性格なので」
    「ならあなたの信じるものが、あなたに祝福を与えてくれますように」

    「まず、性別は男 ー ただし心は女 ー しかして性的指向は同性愛」
    「えっと、つまり ー どっち?」

  • <内容紹介より›
    父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を自故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵!完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した⁉史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

    ――――
    帯にもありましたが、本当に「人が死なない」ミステリです。
    犯罪として考えられるトリックに少し無理がある(不自然であったり、あまりに荒唐無稽であったり)することもありますが、それなりに考えて実行に移そうとした犯罪計画が「探偵」にあっという間に暴かれていきます。
    どうして犯行手口が、そして犯人がわかったのか。
    わずかな齟齬を見逃さず、推理を組み立てられる探偵には感心します。

    一華を狙う親族たちは「悪役」として描かれていますが、人が死なないからか、犯人に仕返し(トリック返し)がなされた後の後味も悪くありません。

  • デビュー作以来、その作風の特異性によって本格ミステリの根幹を揺らし続けている著者。この作品も例に漏れず、「事件が起こる前に探偵がトリックを看破して犯人を特定してしまう」というとんでもない物。いやあ、その発想には笑わせてもらった。
    犯人側の些細なミスが命取りになるのだが、普通は気付かないミスだし、そこから遡って実行犯を割り出すのもやや強引。その辺に不満が無い訳でも無いし、後編を読んでいないと評価は出来ないのだが、この誰も考えつかなかったアイデアに対して★4つにした。

  • 面白い。
    主人公、一華の命を狙う者たちの犯罪計画を、犯行を行う前の計画の段階で探偵が未然に防いでしまうと共に、その犯罪を返してしまう。
    鮮やかだね。仕方ないよね。自業自得だよね。うんうん。
    一華の周りの人物も、個性的で面白い。
    特にジャンケンフランケンは、声を出して笑ってしまった。
    後編は、探偵と家政婦??の橋田の事も色々わかると思うので、読むのが楽しみ。

  • 父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵!完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

    ★探偵が早すぎるってタイトルなのに全然探偵が出てこなくて、実は家政婦さんが陰で探偵を?とか勘ぐって読んだ。
    登場人物が多いし、名前が難しいけど、最初にまとめてあるのは助かった。

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)のその他の作品

井上真偽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青崎 有吾
米澤 穂信
恩田 陸
米澤 穂信
今村 昌弘
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする