ふるさと再生 架け橋を創る人たち (現代プレミアブック)

著者 :
  • 講談社
2.67
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062950701

作品紹介・あらすじ

最果ての地に旅人を招こう-稚内市(北海道)、若手が立ち上がり、温泉街再生へ-あわら市(福井)、歴史と信仰を郷土の誇りに-南城市(沖縄)、多様な農産品で都会にアピール-遊佐町(山形)など、復活した12市町村から学ぶ「成功の法則」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地域再生マネージャー事業たるものをこの本で知った。
    外部の専門家、あるいは情熱のある人が地域に3年間住み込んで、地域に貢献するという制度。

    現在、日本の各所でそのマネージャー達が地域再生に向けて様々な活動をしているという。

    都会と田舎で人材の格差はなく、地域再生するために必要不可欠なものは、その地域で暮らす人々の覚悟だと認識させられた。

    地域には優れた人材やサービスが溢れているが、その配役や役割分担を間違えると全く機能しない。

    それぞれがしっかりとしたテーマを持ち、協働という名の信頼のもと、有機的に繋がる必要がある。

    そうした連携がしっかりとしたコミュニケーションのうえで行われている地域こそ、それぞれの長所を持ち寄りながら、明るい未来で歩みを進めていける地域なのだと思う。

  • ふるさと財団と総務省が連携して行った地域再生マネージャー事業。
    指名されたマネージャーが3年かけて地域に住んでふるさと再生に取り組んだ事例。うまくトリガーになって成功した例も多々ある。

全2件中 1 - 2件を表示

坪田知己の作品

ツイートする