聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (15)
  • (36)
  • (32)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 233
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062990790

作品紹介・あらすじ

第16回 本格ミステリ大賞候補
ミステリが読みたい! 2016年版(早川書房)
2016本格ミステリ・ベスト10(原書房)
このミステリーがすごい!2016年版(宝島社)
週刊文春ミステリーベスト10 2015年(文藝春秋)
読者に勧める黄金の本格ミステリー(南雲堂)
キノベス!2016(紀伊國屋書店)

ミステリーランキングを席巻した
『その可能性はすでに考えた』シリーズ最新刊!

聖女伝説が伝わる地方で結婚式中に発生した、毒殺事件。
それは、同じ盃を回し飲みした八人のうち三人(+犬)だけが殺害されるという不可解なものだった。参列した中国人美女のフーリンと、才気煥発な少年探偵・八ツ星は事件の捜査に乗り出す。
数多の推理と論理的否定の果て、突然、真犯人の名乗りが!?
青髪の探偵・上苙は、進化した「奇蹟の実在」を証明できるのか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この作品の可能性はとどまることを知らない
     奇蹟を証明しようとする青髪探偵シリーズの続編です。前作の難点だった「テンポの悪さ」、「不完全燃焼の最終決戦」をクリアし、緊迫の推理合戦と完全解答が用意されています。多重解決ものとしては今までで一番好みでした。
     上苙の論証には付け入る隙がありませんが、ある人物の一言で雰囲気がガラリと変わる終章も最高です。

  • その可能性はすでに考えたの第二弾。

    相変わらずの美しい論証、証明を重ね、ロジック好きには完全におすすめできる作品である。ただ、前作のド迫力なバカトリックではなく、まともというか抑え気味な為、前作と比べるとインパクトには欠けるか?

    途中登場するウエオロ(探偵)と違い、はじめから現場を見ている読者には、最後の解答が見えやすいきらいがあるのだが、しかしである。それを、とある大胆な仕掛けで、覆い隠しているのが見事。まさかの展開に唖然となるでしょう。

    前作よりパワーアップしている点でいうと、仮説のボリューム。そして消去法による怒涛の論理的否定には、拍手喝采である。
    ある登場人物の発言「うわ…こいつノートとるの上手」は笑ってしまった。作者のわかりやすーい図や表には読者も大満足。

    ちなみに小学生がこんな頭が言いわけない!と否定するバカがいるらしい(本作でもコ〇ンを例にだしているが)。いや、麻耶雄嵩作品読んだら、そんな発言でないぞ…笑

  • 表紙がきれい~とか、冒頭が面白そう・・・とか、
    「このミス」で確かランクインしてたはず…みたいな理由だけで読み始めたけれど、読み進めるにあたって後悔。
    これは読者を選ぶ本でした。(選ばれなかった。)
    しかも前作も読まずに挑戦。いや、前作読んでいたとしても、降参していただろうな。

  • シリーズ二作目。結婚式で毒殺された三人。しかしその方法がまったく謎。逆に同じ盃から飲んだ数人はなぜ死ななかったのか、いろいろ仮定はできるものの、考えても考えてもすべて矛盾してしまう論理。前作同様、怒涛の推理合戦がしっかりと楽しめます。
    しかし今回の読みどころは、半ばにして「犯人」が独白してしまうところ。これは衝撃。なのにどうやったのかがさっぱりわからない自分の頭にもがっくり(笑)。そして犯人の命運やいかに!? という部分にもどきどきしっぱなしで一気読みでした。

  • 多重解説ミステリ。バカミス顔負けのぶっ飛んだ仮説をあり得ないと否定する名探偵。
    伏線とロジックの応酬が最高。
    なんとなくオチは読めるが、抜群の安心感。
    年一ペースでもこのシリーズは続けてもらいたい

  • 旧家で結婚式中に発生した毒殺事件。
    同じ盃を回し飲みした8人のうち3人(+犬)だけが殺害されるという不可解なものだった。
    参列した中国人美女のフーリンと、才気煥発な少年探偵・八ツ星は事件の捜査に乗り出す。

    あらゆる可能性を論じるパターンの小説。
    登場人物の設定は漫画的。
    後半、どうでもよくなってきた。
    (図書館)

  • 今月の5冊目。今年の9冊目。

    面白かったです。前作よりおちが良かったと思います。

  • 奇蹟を証明するために可能性をひとつずつ潰していく?
    アンチミステリかと思いきや意外に正統派であった。
    中国人は「~あるね」とか「~言ったあるよ」とか、語尾に「ね」や「よ」を本当につけるのか?
    私が話したことある中国人は普通に話していたが。

  • うーん。、期待はずれ

  • 2017年このミス
    図書館に返してしまったので、詳細不明だが、
    こういうのをバカミスというのかな。

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

井上 真偽(いのうえ まぎ)
神奈川県出身。東京大学卒業。『恋と禁忌の述語論理』で第51回メフィスト賞を受賞。
第2作『その可能性はすでに考えた』は、恩田陸氏、麻耶雄嵩氏、辻真先氏、評論家諸氏などから大絶賛を受ける。同作は、2016年度第16回本格ミステリ大賞候補に選ばれた他、各ミステリ・ランキングを席捲。
続編『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』でも「2017本格ミステリ・ベスト10」第1位を獲得した他、「ミステリが読みたい!2017年版」『このミステリーがすごい!  2017年版』「週刊文春ミステリーベスト10 2016年」にランクイン。さらに2017年度第17回本格ミステリ大賞候補と「読者に勧める黄金の本格ミステリー」に選ばれる。また同年「言の葉の子ら」が第70回日本推理作家協会賞短編部門の候補作に。
2017年刊行の『探偵が早すぎる』は2018年に滝藤賢一・広瀬アリス主演でテレビドラマ化された。

井上真偽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
米澤 穂信
今村 昌弘
有栖川 有栖
竹本 健治
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)に関連するまとめ

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする