神の時空 前紀 ―女神の功罪― (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
2.94
  • (1)
  • (1)
  • (11)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062990998

作品紹介・あらすじ

アカデミズムの異端児、潮田誠教授の主宰する天橋立へのバスツアーで起こった全員死亡事故の因縁を解き明かす。事故のおよそ二年前、大学関係者が立て続けに、野犬らしきものに喉元を食い破られて命を落とす。彼らは二人とも同じ研究室に所属していた。助手の永田遼子は教授が密かに研究しているらしい神功皇后について独自に調べるうち、歴史を揺るがしかねない記述をある古典籍にみつける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高田崇史さんの小説で、製鉄が出てこなかったのははじめてかも。

  • 神の時空シリーズ本編で詳細が語られなかった、潮田教授主催のバスツアー事故につながるエピソードでした。
    読み始める前は、ツアーに参加した参加者視点から、物語が語られるのかと期待したのですが、そういう方向性の作品ではありませんでした。
    神の時空シリーズの前日談としても今ひとつな内容でしたし、歴史ミステリーとしても消化不良なものだったのが残念です。

  • 前作でシリーズ完結、今作はシリーズの前日譚。
    シリーズ本編の根本にあったバス転落事故の詳細を描いているのかと思って、読み始めたが、実際には事故が起きる前の国学院大学の学生の連続死を扱っていて、本題に触れたのはラストのほんの少しだけ…これで転落事故の真実が全てであれば、とても拍子抜け。
    シリーズは完結したけど、この後もずるずる引っ張るパターンなのかなぁ。

  • 神の時空、前日譚。
    前紀とあるから、後紀もあるのかと思ったのですけど、あったとしたらシリーズの後日談でしょうなー。
    というわけで、こちら一冊で完結してます。が、シリーズ読まないと意味わからないのは、まあ、わりといつも通り。

    古代天皇に対する蘊蓄話。
    研究として面白いなーと思って読んでました。
    まあ、今の大半の人々がそうだと思うのですが、天皇って一種の職業だと思ってるし、皇族の方々は大変だなあって思ってます。断絶するなら女系でもいいじゃない、と思うのだけど、そこんところの熱量持った人の考えはどうにもよくわからんわー。
    と言うだらんとした気持ちで読み終わりました。

    …正直、最終巻より面白かっ()

  • 前紀になっているので後紀が次か。摩季が生き返ったところで終了してもいいのでは?と思ったが、そこから遡って件のバスツアー全員死亡事件について語られる、、と、思いきやほとんど神功皇后話で終了、薀蓄的にもさして目新しい話はなくてテツも絡まなくてお約束ナシ肩透かし。磯笛は実はババアの女子高生コスだったという事実発覚でミョーな気分になった。

  • おや、ここで戻るのね。

    それにしても、高校生姿の磯笛って…。

  • 2017/09/17読了

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒業。『QED 百人一首の呪』で、第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。

「2018年 『千葉千波の怪奇日記 化けて出る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神の時空 前紀 ―女神の功罪― (講談社ノベルス)のその他の作品

高田崇史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
今村 昌弘
有栖川 有栖
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする