毎日食べても飽きない 定番鍋 アイデア鍋 異国鍋 (講談社のお料理BOOK)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062995443

作品紹介・あらすじ

簡単でおいしい!あっと驚く具材の組み合わせ!見た目のサプライズ!すぐまねできるアイデア満載!鍋料理がもっとおいしく、楽しくなる!酸味だれ、野菜だれ、辛いたれ…たれも30種。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 簡単でおいしい!あっと驚く具材の組み合わせ!見た目のサプライズ!すぐまねできるアイデア満載!鍋料理がもっとおいしく、楽しくなる!酸味だれ、野菜だれ、辛いたれ…たれも30種。(アマゾン紹介文)

    自分自身は料理をしないため、完全に目を楽しませるために読んだ一冊。
    材料も作り方も載っているので、実際に参考になるのではないでしょうか。
    「梅しゃぶしゃぶ」と「キノコと牛肉の簡単すき焼き」がもう見ているだけで美味しそうで美味しそうで…。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

中島 武(なかじま・たけし)
際コーポレーション株式会社代表取締役会長。1948年、福岡県に生まれる。拓殖大学卒。在学中は応援団にて団長も務める。1970年、東急航空株式会社入社。1972年、東洋ファクタリング株式会社に転職し、取締役本部長を経て退職。1990年、際コーポレーション株式会社設立。中国料理店を皮きりに、さまざまなジャンルで革新的な店舗を出店、飲食業界の鬼才と呼ばれるようになる。現在、350店舗以上を経営するほか、飲食店のコンサルティングなども行う。その手腕・発想がメディアでもたびたび紹介され注目を集めている。
著書には、『繁盛道場 愛されるお店をつくる二十二の法則』(日本経済新聞出版社)、『男子厨房で遊ぶべし 紅虎流自慢料理67 』(講談社)ほかがある。

「2013年 『成功者は端っこにいる――勝たない発想で勝つ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島武の作品

毎日食べても飽きない 定番鍋 アイデア鍋 異国鍋 (講談社のお料理BOOK)を本棚に登録しているひと

ツイートする