ずっと作りつづけたい 3時のおやつ (講談社のお料理BOOK)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062995627

作品紹介・あらすじ

母ゆずりの昔おやつ/ぷるるん&ひんやりおやつ/あこがれの洋風おやつほか、最新の道具も、特別な材料も必要ない、いつまでも色あせない思い出のおいしさ全52種。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館。作りたいもののみコピー。素朴で作りやすそう。年明けのぜんざい用のあんこは、このレシピで作ってみた。ただ、砂糖は多いように感じたので250のところ200gに変更。美味しい!娘の反応は、いまいち。その前に作った黒豆の方が気にいったようす。里帰りから帰ってきたら、他のレシピも試してみよう。

  • 昔懐かしい感じのおやつの本 私は食べたこと無いものばかりだったけど(^w^)全部作ってみたい!すごく簡単そうだし

  • 簡単で、懐かしい味がいっぱい。作らないだろうな、と思うものもいくつかあるけど、家にあるもので簡単に作れるものもあって、かつシンプルな味で、とても良いです。ただ、普通にバターや牛乳も使うレシピは、普段冷蔵庫にそれらが無いので、ちょっと面倒です・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

池田幸恵料理教室で4年間師事。大阪阿倍野辻調理師専門学校卒業後、同校職員として12年間勤務。その間、フランス3つ星レストラン“ジョルジュ・ブラン”での研修をはじめ、辻調理師専門学校・大阪校、フランス・リヨン校、エコール・キュリネール国立校にてプロ料理人育成に勤める。1996年デリス・ド・キュイエール 川上文代西洋料理教室を主宰。辻調理師学校外来講師、企業のメニュー開発、各地で講演、雑誌、新聞などで活躍中。

「2018年 『新装版 スープの教科書 基本から定番、世界のスープまで、豊富な手順写真で丁寧に解説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川上文代の作品

ツイートする