天才 柳沢教授の生活(1) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.72
  • (51)
  • (27)
  • (94)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 360
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063000580

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この程度の変人は大学教官には普通に居る(著者の父がモデル)、が娘(容姿端麗、少し学問的情熱に欠ける)は彼の大学の学生である‥波瀾なかるべからず!紳士の3条件「自動車運転しない」「ゴルフをしない」「ダンスをしない」を遵守する経済学権威。が自家の経済に無頓着で「ものを買うのに価格を全く考慮しない」だったりする(森嶋通夫の例)。楽々マルチタスクをこなす女性に対して、男性は往々にして一つ事に凝り固まって足下の事情に無頓着だったり傍若無人だったりする(それが『フェルマーの最終定理の証明』のような発明を生む事もあるが

  • モーニングKC

  • バブル未経験のため、大学生の様子とかまったく馴染めない。柳沢教授も、身近にこんな人が居たら耐えられないと思うと、どうも楽しめない部分が多い。
    ずっと読みたいと思っていたので、購入する前に試し読みできて良かった。

  • 何にでもカッチリしている教授は嫌いではない。
    むしろ憧れるところがある。

    読み直してみると、後半の教授よりかなり性格がキツめだな~と思える。

  • 読み直す機会があって良かったです。昔は気づくことのできなかった面白さがたくさんあります。

  • ~24巻
    爆発的に面白いわけではないけど、淡々とじっくりとじわじわとくる面白さがある。

  • 平成元年、ほのかに昭和、バブルの頂点から残滓の香り。

  • 青年漫画/コメディ
    16.05.12 29巻up

    1-29巻 続

  • 30巻一気読み。
    漫画なんだけど心理学的・哲学的アプローチで読ませてくれた。
    まずは興味を持つこと、好きになること。
    それについて知りたいと思う衝動。
    突き詰めていく情熱。知る喜びと満足。
    最近熟考することがなくなってしまった私には刺激的だった。
    教育とは何たるか、垣間見れたかな。

  • 図書館で借りた「天才柳沢教授の生活」1巻を読んだ。この漫画の存在は知ってはいた。でも、おじいさんが主人公の漫画の何が面白いんだろう?と読まずにいたけど認識が甘すぎた!何回声を出して笑ったことか!図書館や電車で読まなくて本当に良かった。ぜひとも続きが読みたい。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年「週刊マーガレット」からデビュー。主に少女マンガ誌を中心に活躍していたが、『天才 柳沢教授の生活』で「モーニング」に不定期連載を開始。以降、『不思議な少年』など話題作を発表し、女性、男性問わず幅広い人気を得る。現在、「モーニング」にて『ランド』を月イチ連載中。

「2018年 『杉原千畝 命のビザ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山下和美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×